キュウリは他の野菜と比べると栄養素が少ない?!カロリーが少ないのでダイエットになる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キュウリ 栄養素ない
シャキシャキして歯ごたえがしっかりキュウリですが、キュウリの栄養素はそれほど高くないといわれています。

私は、シャキシャキしたキュウリが好きでよく食べるので、栄養が少ないのは残念です。

キュウリは野菜の中で最も栄養価が少ないといわれており、栄養素を摂取するのには向いていない野菜とされています。

しかし、キュウリは栄養素が少ないので、カロリーが低く、ダイエットには向いていると言われています。

○キュウリは栄養素が少ない

キュウリの栄養素が少ない理由は、キュウリが水分を大量に含んでいるためで、キュウリ100gあたり95gが水分になります。

水は栄養素ではありませんので、水分が多く含まれているキュウリは他の野菜よりも栄養素が少なくなってしまいます。

また、水分が大量に含まれるカロリー少なくなり、100gあたり14 kcal と低カロリーの食材となっています。

元々、野菜は低カロリーの食品が多いですが、水分の多いキュウリは特に低カロリー野菜となっています。

栄養素は少ないかもしれませんが、健康に悪い食事というわけではありませんので、キュウリばかり食べなければ問題ありません。

キュウリ以外の野菜もしっかり摂取することで健康を維持することができます。

キュウリばかり食べている栄養素が偏りので、他の野菜もしっかり食べるようにしてください。

○キュウリはダイエットに最適?

キュウリはカロリーが低い食材あるため、キュウリを食べても太る心配はなく、キュウリでお腹を膨らませることでダイエットに役立つのです。

また、キュウリはシャキシャキとした歯ごたえがあるので、しっかり食べている感覚があり食欲を抑えやすいとされています。

料理にキュウリを混ぜることで、しっかりとした食べごたえが、あって低カロリーの料理を作ることができます。

さらに、キュウリに含まれるホスホリパーゼには、脂肪の分解を助ける効果があるとされています。

そのため、キュウリを作った食品を食べることで、痩せやすい体をつくることができ、キュウリは非常にダイエットに向いている食材と言えます。

○私たちが食べるキュウリは熟していない

皆さんは思い浮かべるキュウリの色は何色でしょうか、たぶん多くの人は緑色のキュウリを思い浮かべると思います。

私たちが一般的に思い浮かべる緑色のキュウリは未熟であり、熟したキュウリは黄色なのです。

黄色の熟したキュウリだと、私たちが日常的に食べるキュウリは栄養価が高くなるはずでしょう。

ではなぜ、キュウリを熟成させないのかというと、熟したキュウリはシャキシャキが失われて柔らかくなってしまうためです。

キュウリが好まれるのは、シャキシャキ感があるからなので、シャキシャキしていないキュウリはあまりおいしくありません。

さらに、熟したキュウリは、微妙な甘さになるので、未熟の方がキュウリはおいしのです。

キュウリの栄養素が少ない理由は、熟していない未熟な実を食べているからでもあります。

ただ、熟したキュウリは、おいしくないので食べない方が良いでしょう。

○キュウリは水分補給にもなる

キュウリは非常に水分量が高く、牛乳よりも水分が多く含まれているため、水分補給に利用することができます。

夏場は脱水症状を起こしやすいので、キュウリを間食することで、脱水症状や熱中症を予防することにつながります。

また、塩に付けたキュウリを食べれば、ミネラル補給に役立ち、夏場には最適な水分補給となります。

キュウリは栄養素が少ないかもしれませんが、水分を補給やダイエットに役立つ食材なのです。

キュウリはカロリーが少なく、ダイエット効果があるので、健康に役立てみるのはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク