日光浴によって得られる健康効果と健康被害!日光浴をしすぎるのも良くないかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日光浴

私は毎日に、20分程度に日光を浴びていますが、皆さんはどのぐらい日光を浴びていますか?

日光浴をすると温かくて気持ち良いので、リラックス効果があり、健康に良いと言われることがあります。

しかし、過度の日光浴は紫外線の浴びすぎの原因となるので、肌荒れの原因や皮膚がんの原因になるとも考えられます。

日光浴によって得られる効果と被害を知っておきましょう!

○日光浴でビタミンDが作られる

日光浴をすると体内でビタミンDが産生されることが知られており、ビタミンDはカルシウムの吸収に必要な栄養素です。

ビタミンDは、食事から摂取することができますが、日光にあたっていない場合は不足しやすいとされています。

体でビタミンDが作られなくなると、骨粗鬆症の原因になるとされ、健康的な骨を維持するためには、日光を浴びることが重要になります。

長時間日光を浴び続ける必要性はなく、1日に20分前後日光を浴びるだけでも骨粗鬆症の予防になるとされています。

体全身で日光を浴びる必要性はなく、手足の皮膚を日光に当てるだけでビタミンDを産生することができます。

また、夏は日差しが強いので、木陰で軽く日を浴びるだけでもビタミンDを産生することができます。

紫外線が怖いという理由で、日光を浴びないようにしている人もいるかもしれませんが、骨が弱くなるかもしれませんよ。

日光を浴びることは、健康を維持するためには必要な事なのです。

○日光はうつ病を予防することができる

人は日光を浴びないと、気分が落ち込みやすくなるため、日光浴をすることでうつ病を予防することができます。

冬や秋などの日光が弱くなる季節には、日光が弱くなることで起きる季節性うつ病を発症する人がいます。

日光を浴びることはリラックス効果があります、1日に15分日光を浴びることでうつ病を予防できるので、日光浴を日常的に行いましょう。

特に秋と冬は日が弱くなって気分が落ち込みやすいので、しっかり日を浴びて気分が落ち込んでしまわないように注意してください。

また、良く気分が落ち込んでしまう人は、日光浴をすることで、リラックスできますので、日を浴びるようにしましょう。

日光浴は、精神的な効果も期待できるので、しっかり日光を浴びるようにしましょう!

○日光の浴びすぎは皮膚がんの原因

日光を浴びることは、骨粗鬆症の予防になり、うつ病の予防にもなるため、健康を維持するためには必要なのです。

しかし、日光浴は皮膚炎、皮膚ガン、白内障などの病気の原因になると言われています。

そのため、日光浴を行い過ぎるのは良くないとされており、1日に何時間も日光浴を行うのは良くありません。

ただし、全く浴びない方が良いと言うわけではなく、1日に10分~30分程度の日光は健康を維持するために必要です。

毎日に何時間も浴びていると、皮膚病になりますが、少し浴びる程度なら健康被害は少ないと考えられます。

全く日光を浴びない人は、わざわざ外にでて日光を浴びる必要性がありますが、散歩や買い物などで、日常的に日光を浴びている人はわざわざ日光浴する必要性はありません。

皆さんは1日にどのぐらい日光を浴びているでしょうか?

健康を維持するために、1日に20分を目安に日光浴をすることをおすすめします。

○皮膚の色が薄い人は日光の影響を受けやすい

日光の影響は皮膚の色が薄い人ほど大きいといわれており、肌の色の人は日光の浴びすぎには注意してください。

肌の色の白いと日光の影響が受けやすいので、シワやシミになりやすいとされています。

逆に肌の色が生まれつき濃い人は皮膚が日光の影響を受けにくく、肌がキレイになりやすいとされています。

日光浴をするとすぐに肌が赤くなってしまう人は、日光の影響を受けやすい証拠なので、日光浴のしすぎには注意してください。

日光浴は健康を維持するために必要なので、浴びすぎないように注意しながら行うようにしましょう。

散歩をしながら日光を浴びれば、運動にもなってより健康を維持するのに役立つのでお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク