唐辛子の辛み成分カプサイシンは脂肪燃焼に役立つ!しかし唐辛子の食べすぎには注意が必要!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唐辛子 辛い
皆さん、辛~い唐辛子は好きでしょうか?

私は少しぐらい辛いのは良いですが、辛すぎるのは苦手なので、唐辛子を単体で食べるようなことはできません。

唐辛子の辛み成分と言えば、カプサイシンですが、カプサイシンには脂肪の燃焼にも効果があるといわれています。

皆さんもダイエットのために、唐辛子を摂取するのはどうでしょうか?

○カプサイシンは代謝を上げる

唐辛子の辛み成分であるカプサイシンは、脂肪燃焼をする効果があるとされダイエットに向いている食材になります。

カプサイシンを食べると、体が熱くなって汗が出てきますが、これはカプサイシンが脳を刺激することで、アドレナリンの分泌を促進することで汗と発熱が起きるためです。

人は体温が高くなることで、基礎代謝が上昇し脂肪が燃焼しやすくなっているとされます。

そのため、唐辛子を入った食事を摂取することで、脂肪を燃焼しダイエットしやすい体を作ることができるのです。

ただし、唐辛子を食べているだけでは、痩せるのは難しいとされ、唐辛子を食べ続けても摂取カロリーが多く痩せないことも多いです。

唐辛子を食べて痩せるためには、食べた後に運動をすることが大切なのです。

唐辛子を食べると脂肪が燃焼しやすい状態になっています、この時に運動することで、脂肪が促進されて痩せやすいとされています。

唐辛子を食べて、汗をかくだけで痩せたと思う人も多くいるかもしれませんが、運動した方が効率的に痩せることが可能です。

効率よく痩せたいと感じている人は、唐辛子を食べて運動してはどうでしょうか。

○唐辛子の刺激の強さには注意!

唐辛子はアドレナリンの分泌を促すことで、脂肪の燃焼を助けてダイエットを助ける効果があります。

また、体温が上がって血流が良くなるので、冷え性を予防する効果もあり、女性にとってうれし食材でもあり、適度であれば健康に役立ちます。

しかし、唐辛子は刺激が強い食材であるため、大量に摂取すれば健康を害する危険性があります。

特に注意をしたいのが、胃への刺激で胃潰瘍や逆流性食道炎に原因になることがあります。

唐辛子は毎日大量に食べたりするのは、健康ために控えるようにし、胸やけなどを起こす場合は、唐辛子を食べるのを止めることをおすすめします。

場合によっては、胃が荒れて胃薬を飲む必要性が出ることもあります。

また、唐辛子の辛みは脳にストレスを与えるため、多く食べすぎると精神的な影響を与えると考えられています。

唐辛子を日常的に摂取することで、うつ病などの精神疾患になりやすくなる可能性があると言われているので食べすぎには注意です。

さらに、すでに精神疾患になっている人は、唐辛子はあまり食べない方が良いでしょう。

唐辛子は健康に良いかもしれませんが、食べすぎるのは危険なようです。

○唐辛子の赤色は辛みと関係ない

唐辛子の仲間であるピーマンや獅子唐は、辛みが無いため子どもでも安心して食べることができます。(苦手な子ども多いですが……)

また、ピーマンと獅子唐は緑色であるため、唐辛子の辛みは赤色に関係がると思っている人もいるでしょう。

しかし、唐辛子の辛みと赤みは関係なく、唐辛子の赤色は、「カプサンチン」と呼ばれる物質で、辛み成分である「カプサイシン」と名前は非常に似ていますが、違う物質です。

唐辛子は色に関係なくカプサイシンが多く含まれていれば、緑でも非常に辛い場合があります。

逆にパプリカは、真っ赤ですが全く辛みがありません、これは色と辛み成分が違う物質であるためです。

緑色であっても、辛い場合もありますので、一気に食べるのは止めた方が良いですよ。

ちなみに、鳥はカプサイシンの辛みを感じないために他の動物が食べない唐辛子を食べることができます。

これは、鳥に種を効率的に運んでもらうための進化だとされています。

人は、辛みになれることで、唐辛子の辛さを楽しみ、食べることができるようになっているだけなのです。

健康のために唐辛子を適度に食べて、ダイエットに役立ててみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク