100歳まで健康的に生きるために必要なこととは?健康的に長生きするための方法を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100歳 長寿
皆さんは何歳まで生きることを目標にしていますか?私は100歳まで生きることを目標にしています。

日本人の平均寿命は男性では80歳、女性では87歳であり、100歳まで生きようと思うと、男性では20年、女性では13年も平均寿命より長生きする必要性があります。

医療技術の発展により長生きしやすくなっていますが、100歳まで生きようと思うと、医療技術だけでなく本人の体調の管理も大切になってきます。

平均寿命よりも長生きをするためには、どのような生活をすればいいのでしょうか?

○生活習慣病にならないことが大切

100歳まで生きるためには生活習慣病を発症しないことが大切になります。

生活習慣病とは、高血圧、糖尿病、動脈硬化、脂質異常病、高尿酸血症などの生活習慣が原因で発症する病気の総称です。

生活習慣病を発症しても、すぐに死ぬと言うわけではありませんが、生活習慣病を発症すれば徐々に体が弱るため、100歳まで生き残るのは、かなり難しくなります。

100歳まで生きている高齢者は、生活習慣病を発症することが少なく、私たちも100歳まで生きようと思ったら、生活習慣病を発症させないことが大切になります。

生活習慣病にならないためには重要なのは、適度な運動とバランスの摂れた食生活を行うことです。

一般的に痩せすぎている人よりも少しだけ脂肪がついている人の方が健康に良いといわれており、血液検査で異常が出ない程度に脂肪をつけるのが良いとされます。

血液検査でコレステロール値が高い、中性脂肪が高いといわれた場合は太り過ぎなので、食事を控えて、運動するようにしましょう。

ただ、年齢が若いと脂肪がついていても血液検査では異常が見つからない場合があります。

血液検査の結果が異常なしでも、お腹周りに脂肪が付きすぎていると感じる場合には、バランスとれた食事と、適度な運動を心がけてください。

○長生きするためには脳と体を動かせ!

100歳まで生きるためには脳と体を動かして、体を衰えさせないことが大切になります。

脳しか動かさないと、筋力が衰えて寝たきりになりますし、脳を動かさないと認知症になるので、100歳まで持ちません。

100歳まで生きることを目標にしている人は、脳と体の両方を動かして衰えさせないことが、大切になります。

脳と体を動かすといっても難しいことではなく、誰でもできることです。

脳を働かせるためには会話すると良く、家族とできるだけ会話をすることで脳が衰えにくくなります。

いきなり家族と話すのが難しい、家族が近く住んでいないという人は、トランプで脳トレをすると良く、神経衰弱は記憶力が必要なので遊びなので、脳トレに有効です。

会話以外では、将棋や囲碁などのボードゲームをして楽しむのも脳トレになります。

運動に関しては1日に15分ほど散歩に出かけて足腰の筋肉を鍛えるのが重要になります。

高齢者が歩けなくなる原因は、歩くことが少なくなって足の筋力が低下してしまうためです。

毎日のように散歩に出かけて足の筋力が衰えないようにしていれば、歩けなくなることはありませんので、100歳まで生き残れる可能性が高くなります。

急に激しい運動をすると怪我をすることもありますので、怪我をしないように注意してください。

高齢者は無理に運動すると怪我して寝たきりになることがありますので、無理のない運動が大切にです。

○人生を楽しむことが大切

長生きをしている高齢者は幸福度が他の年代の人よりも高い傾向にあり、長生きをするためには、幸せに生活をすることが大切です。

100歳まで長生きをするためには、辛いと思って生活するのではなく、辛いこともあるけど幸せな生活を送っていると思うことが大切です。

人生を楽しんでいる人の方が、ストレスが少ないので、生活習慣病や精神病に罹りにくく長生きします。

また、笑うことにはリラックス効果があり、免疫力を高める効果もあるため、笑いながら生活することは、100歳まで生きるためには重要な事です。

生きていると、楽しくないことは多くあり、辛い経験をすることもありますが、できるだけ幸せだと思って生活するようにしましょう。

さらに、幸せに生きたいと思ったら、読書をすると良いでしょう。

読書はストレスを軽減する効果があるので、日ごろから読書をする人は長生きしやすくなります。

読書することで脳が活性化されて、認知症の予防にもなるので、100歳まで生きやすくなります。

何をすればいいのか、わからないと言う人は、まずは読書から始めてどうだろうか?

皆さんも、100歳まで長生きをすることを目指して頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク