汗をかくのは気持ちいいのはなぜなのでしょうか?緊張で汗をかくのには理由があります。汗をかく利点を知りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0003_001663
汗をかくことはいいことずくめ、汗をかくことは良いことだという自論を勝手にもっている私です。では、本当に汗をかくことは良いことなのでしょか?

汗をかくと気持ちいいという方も多いとおもいます。汗とは何なのでしょうか?

汗とは汗腺から出る分泌液です。汗をかくのは哺乳類だけで、鳥、爬虫類などは汗をかきません。

また、汗腺が特に発達しているのが人間で、汗をかく理由は毛がほとんどないためだと言われています。

人間以外の哺乳類は汗をかいても部分的であったり、汗腺が発達してなかったりするため、汗をかいて気持ちいいと思うのは人間だけかもしれませんね。

汗をかく理由は体温調節のためです。基本的に広く言われていることですね。

人間は体温を36度程度に保つ必要があります。それ以上でもそれ以下でも体調がわるくなってしまいます。なので、汗をかいて体温調節をしているわけなんです。

でも緊張しているときに汗をかくことがありますよね。あれは何なのでしょうか?

体温が上がっているわけでもないのに汗をかく理由は、人間がこの世に誕生した時代に、人間は狩りをしていたためだと言われています。

人間は緊張しながら狩りをしていました。その時、獲物を捕まえやすくしたり、道具をすべりにくくしたりするために手や足に汗をかいたのです。緊張した時の汗が役立っていたわけです。

このため、人間は緊張すると手の平に汗をかいてすべりにくくしようとするのです。

今の日本の現代社会にはあまり必要でないものになってきましたが、緊張による汗にも意味があったわけです。

緊張で汗をかくことは仕方のないことなんですね。

スポンサーリンク

体温調節のために必要な汗の成分は?

汗の成分は99パーセントが水です。ほとんどが水なわけですが、汗はかくと少しずつ成分が濃くなっていきます。運動をしてあまり経っていない汗はあまり味がなくて無味無臭です。しかし、汗をかいていくと塩味が濃くなっていきます。

これは最初の汗が塩分濃度0.05%だったのに対し、汗をかいていくと10倍の0.5%になったためです。

暇だったら、汗のかき始めと、数十分経ってかいた汗をなめ比べてみてください。

このように発汗の際に水と一緒に塩分が抜けるため、水分補給の際は塩分も一緒に摂らないといけないと言われるのです。

汗をかくと気持ちいいのはなぜ?

汗をかいて気持ちいいのは人間が運動によってストレスが解消されるからです。

人間、運動中交感神経が優位の状態です。そして運動が終わると副交感神経が優位の状態になります。副交感神経はリラックスしている状態です。緊張した状態から一気にリラックス状態に入るこの落差を人間は気持ちいいと感じるのではないのでしょうか?

また、人間は運動の最中に脳内麻薬エンドルフィンを出すそうです。エンドルフィンも人間に快感をもたらしてくれます。

これらのリラックスと快感を感じている最中に汗を流しているため、気持ちいいのを汗と結びつけて汗をかくことが気持ちいいになっているのではないかと私は考えています。

汗は健康にいいのでしょうか?

汗をかくことは良いことです。汗の中には人間の体がいらないと思った不純物、老廃物が含まれています。汗をかくことで、人間の体にとっていらないものをどんどん外に出すことができます。

汗をたくさんかいて、いらないものは体の外に捨ててやりましょう。

また、汗をかくことは体温調節機能がきちんと働いているという証拠です。

わたしたちの汗をかく能力は3歳まででほとんど決まってしまいます。3歳までにきちんと汗をかかないと成人になってから汗をかきにくいからだになってしまうそうです。汗は体温調節に必要なため3歳までに汗をかくトレーニングが必要なのです。

また、普段から汗をかいていないと重要なときに汗をかけない体になってしまうので、日々汗をかくことは体温調節にとって重要です。汗をかけるということは健康の証です。

汗をかいている人は代謝もいいです。汗は健康の証で、汗をかくことは健康に良いことなのです。

健康的で良い汗はサラサラした汗です。悪い汗はべたべたしていて、においのある汗です。

健康的でサラサラした汗をかく人は日々汗をかく習慣がある人で、汗をあまりかかないひとが時々汗をかくとべたついた、においのある汗になるそうです。

健康的な汗をかくためにも適度な運動をして、日々、汗をかく習慣を身につけたほうがいいでしょう。

しっかり汗をかいて健康的になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク