マヨネーズを使いすぎることによって起きる可能性がある病気がある?!マヨネーズは危険かも?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マヨネーズ
日本人は、1年間に450gのマヨネーズを1本半、使用するといわれており、日常的にマヨネーズを使用する人も多いです。

私も、毎日のようにマヨネーズを使用しますが、マヨラーと呼ばれるマヨネーズ好きの人は、1日に1本のマヨネーズを使うという強者もいるようです。

しかし、マヨネーズにはたっぷりの油が使用されているので、マヨネーズは健康に悪いといわれることも多いのです。

マヨネーズは、体にどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

○マヨネーズにはどのぐらいの油が使われているの?

マヨネーズには大量の油が使用されているといわれますが、どのぐらい油が使用されているのか知っていますか?

マヨネーズの約7割が油分であり、10gマヨネーズを使用すれば、7gの油を摂取したことになります。

そのため、マヨネーズのカロリーは非常に高く100gあたり、700kcal もあり、大量に摂取すれば肥満の原因になります。

また、油分は生活習慣病の原因になるといわれており、血液をドロドロなる原因や、動脈硬化の原因になるので、大量に摂取するのは避けたい所です。

さらに、マヨネーズにはトランス脂肪酸と言われる、悪玉コレステロールが増える原因となる油分が含まれており、大量に摂取するのは良くないとされています。

マヨネーズには大量の油が含まれているですね、油分のことを考えると、マヨネーズを大量に摂取するのは良くないかもしれません。

○生活習慣病は死ぬ危険性もある!

マヨネーズを大量に摂取することで発症するといわれる、肥満、動脈硬化などの生活習慣病は放置すれば死ぬ危険性もあります。

肥満といえばメタボリックシンドロームですが、メタボリックシンドロームを発症している人は、高血圧、高脂血症、糖尿病になりやすとされます。

糖尿病になった場合、腎不全を発症して、亡くなったり、人工透析を一生受け続けることになることもあります。

また、動脈硬化を発症すると血管が破裂して、脳卒中で倒れたり、血栓がつまり心筋梗塞を発症して死亡することもあります。

マヨネーズを大量に摂取しているだけと感じることもあるかもしれませんが、マヨネーズを摂取して、肥満や動脈硬化の症状が出る時には、要注意が必要です。

生活習慣病はマヨネーズが原因の1つになることもありますが、複合的な要因でなる病気なので、他の生活習慣を見直すことも大切になります。

マヨネーズを摂取しすぎているなと感じる人は、マヨネーズを控えて見てはどうでしょうか?

○マヨネーズは植物性の油

油に、は植物性の油と動物性の油の2つが存在しており、健康に悪影響を与えやすい油は、動物性の油になります。

マヨネーズは、植物性の油が使用されていますので、動物性の油よりは体に与える影響が少ないと考えられており、少量であれば健康に大きな影響を与えないとされます。

マヨネーズを摂取するよりも、脂がたっぷりついている、お肉を食べる方が体に悪影響があります。

しかし、油断して良いと言うわけではなく、植物性の油は、動物性の油よりは、影響が少ないですが、植物性の油であっても大量に摂取すれば健康に影響を与えるとされています。

マヨネーズは、植物性の油ではありますが、大量に摂取することで、生活習慣病の原因になりますので、摂りすぎないようにしましょう。

油の中では、魚の油が健康に良いといわれているので、魚を積極的に摂取することをおすすめします。

○日常的に使用する量では影響は少ない?!

マヨネーズには大量の油が使用されていますが、ドレッシングと使用されるマヨネーズは少量であり、体に大きな影響を与えるほどの油分は含まれていないとされています。

マヨネーズに含まれている油を気にするよりも、日常の食生活を気にする方が健康にとっては大切だとされています。

1年にマヨネーズ2本使ったとしても、年間に6300kcal であり、1日分だと17kcal にしかなりません。

1日に目安となるカロリーが1800kcal なので、1日の摂取カロリーの1%程度であり大量に使用しない限りは気にしなくても良いでしょう。

ただ、1月に1本のマヨネーズを使用するなどの場合には、明らかにマヨネーズを摂取しすぎていますので、マヨネーズを控えることをおすすめします。

マヨネーズの摂取のしすぎには、注意してくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク