太りにくい食事にはGI値の低い食品を選ぶことが大切?!GI値とはいったい何なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI値
人間の体は、炭水化物を摂取すると体内で糖分に分解されて、血流に流されて血糖値が上がります。

摂取した糖分は、体を動かすためのエネルギーとして利用され、血糖値が高くなるとインスリンが分泌されます。

そして、インスリンは、多く分泌されると肥満になりやすいと言われており、インスリンは分泌されすぎない方が良いのです。

また、過剰にインスリンが分泌されると、膵臓が疲れて糖尿病の原因にもなります。

血糖値が高くなるほどインスリンが大量に分泌されるので、血糖値は緩やかに上昇するほどインスリンの分泌量が少なく、体に良いとされています。

食品の血糖値の上昇しやすさを、GI値といい血糖値を緩やかに上昇させたい時はGI値の低い物を食べると良いとされます。

GI値とは一体どういった物なのでしょうか?

○GI値が高い食品は肥満になる?

GI値が高い食品は血糖値があがりやすい食品であり、GI値が高い食品を食べると急激に血糖値が上昇します。

血糖値が急激に上昇すると膵臓からインスリンが大量に出されて、血糖値を下げることになります。

インスリンは血糖値を下げる作用が知られており、血糖値を下げるために糖分の一部を溜めやすい脂肪に変えて細胞に蓄積します。

そのため、インスリンが一度に大量に分泌されると、体内の脂肪の量が増えてしまい、肥満の原因になってしまうのです。

GI値が低く血糖値が緩やかに上昇すると、糖分で消費されるので脂肪がたまりにくいとされています。

食事で出来るだけ太りたくないと考えている人は、GI 値の低い食品を選ぶと良いのです。

○運動前後はGI値が高い食品が良い?!

血糖値が急激に高くなるのは良くないと言われることも多いのですが、血糖値が急に高くなる食品は栄養の吸収効率が良いと言うことでもあります。

日常生活では、急激に血糖値が上がるのは良くないかもしれませんが、運動前は栄養を素早く吸収したいので、GI値の高い食品の方が良いといわれています。

スポーツドリンクや、スポーツのための食品は、GI値が高く栄養の吸収速度が速い物が多いです。

また、GI値が高いとインスリンが大量に分泌されて糖尿病の原因になるといわれていますが、健康な人がGI値の高い食品を食べても問題ない場合も多いです。

GI値の高い食品を大量に食べたると、血糖値が非常に高くなり問題になるとされます。

さらに、運動をして脂肪を燃焼させることで、GI値が高い食品を食べても肥満を予防することができます。

GI値が高いからと言って、必ずしも健康に悪い食品であるというわけではないのです。

○GI値が高い主食とGI値が低い主食

食事で血糖値と特に関係があるのが主食といわれ、GI値を低くしようと考えている人は主食を改善すると良いといわれています。

GI値が高い食品として知られているのは、精白米、食パン、パスタで、GI値が低い食品は玄米、ライ麦パン、雑穀米、オートミールになります。

GI値が低い食品は、食物繊維が多く糖質の吸収に時間がかかる食品で、便秘の方にもおすすめです。

ダイエットをしたいと考えている人は、GI値の低い玄米やライ麦パンを主食にすると良いかもしれません。

また、パスタは柔らかく茹でるほど吸収速度が早くなるので、少し硬めにゆでるとGI値が低くなります。

さらに、食品に甘みをつけようとした場合には、砂糖やハチミツよりも、メイプルシロップのGI値が低くなります。

○高GI値でもゆっくり食べれば血糖値は緩やかに上がる

太らないためには、GI値が低い食品を選ぶことも大切なのですが、白米を食べられなくなると嫌だという人も多いのでしょう。

そんな人は、食事をゆっくり食べることが大切になります。

血糖値は食事を早く食べるほど、急激に上昇しますので、ゆっくり食べればGI値が高い食品でもゆっくりと血糖値が上昇します。

食品のGI値を気にすることも大切なのですが、食事の食べる速度も気にするようにしましょう。

人は満腹中枢が働くまでに時間がかかるので、早食いをしてしまうと食事の量が増えてしまいます。

食事はできるだけゆっくり食べることを覚えましょう。

ダイエットをしたいと考えている人はGI値を気にしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク