お薬手帳は何のために存在するの?薬の管理がしやすくなるお薬手帳の重要性を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お薬手帳 存在理由
皆さんは、薬局で薬を処方してもらう時に、お薬手帳を持参しているでしょうか?

お薬手帳は、処方される薬の情報を記載する手帳の事ですが、どのように活用されているのかわかっていない人も多いと思います。

ただ、薬剤師が手帳にシールを張り付けるだけなら、面倒なので持って行かない人も多いでしょう。

お薬手帳には、どのように利用され、どんな利点があるのでしょうか?

○お薬手帳があると飲んでいる薬を把握しやすい

皆さんは薬を飲んでいる期間をきちんと把握することができているでしょうか?

ある程度の期間はわかっていても薬を飲んでいた期間を、正確に覚えている人はほとんどいないでしょう。

また、飲んでいる薬の種類を覚えていないことも多く、薬の種類を覚えていても薬の含有量まで把握するのは難しいです。

私も薬を種類を覚えていても、含有量まで覚えていることはほとんどありません。

そんな時に、お薬手帳を開けば服用期間、薬の種類、含有量などの細かく把握することでき、薬の管理を行いやすいです。

病院に受診して、医師に「なにか、飲んでいる薬はありますか?」聞かれた時に、お薬手帳を見せるだけで大丈夫です。

私たちの記憶だけでは、処方された薬を管理するのは難しいので、お薬手帳があるのです。

お薬手帳には、医師や薬剤師にとって重要な情報が記載されていますので、持参するように心がけましょう。

また、私たち患者にとっても重要な薬の情報も記載されています。

○薬には悪い飲み合わせも存在する

薬には相性の悪い飲み合わせも存在し、副作用が出やすくなったり、薬の効果を弱めてしまったりすることもあります。

一つしか病院に受診していないのであれば、病院が処方された薬を把握できるので、飲み合わせを考えることができます。

しかし、患者が複数の病院に通っている場合には、処方されている薬を病院が把握できず、飲み合わせの悪い薬を処方されることがあります。

お薬手帳を持参していれば、薬剤師・医師が服用している薬を把握することができるので、飲み合わせの悪い薬を避けることができるため、安心です。

複数の病院に通っている人ほど、お薬手帳は重要になります。

多くの薬を飲んでいる人は、飲み合わせが悪い薬を飲んでいないか、一度薬剤師に確認してもらった方が良いかもしれませんよ。

お薬手帳は必要のないように見えることもあるかもしれませんが、意外と活用されているのです。

○薬剤のアレルギーは2度目が強い

薬は体の状態を良くするために処方されるのですが、薬にアレルギー反応を示してしまう人がいます。

一度、アレルギー反応が出てしまった薬を処方することは基本的にありませんが、処方した病院とは、別の病院を受診した場合は、気付かずに処方されることがあります。

患者が気付いて医師に言えるといいのですが、薬の名前を覚えていない場合は、そのまま処方されてしまいます。

そして、薬剤アレルギーですが、1度目よりも2度目の方が強く反応することが知られています。

つまり、アレルギーを起こしたことがある薬を飲むと、一度目よりも強いアレルギー反応を起こすことがなります。

最悪の場合は、アナフィラキシーショックによって死亡することもあるのです。

お薬手帳にはアレルギーを起こしたことがある薬を記載しますので、薬剤アレルギーの予防になります。

お薬手帳は、安全に薬を処方するために必要な、重要なアイテムなのです。

○患者自身も記入して良いって知っていますか?

お薬手帳といえば、薬剤師がシール貼るだけの手帳と思っている人も多いのですが、患者自身が書き込んでも問題ありません。

それどころか、患者が薬の効き目や、服用後の体調変化を記入することで、次の診療・処方の際に役立つといわれています。

また、薬剤師に質問があれば、見返すのが楽なので、お薬手帳を記入すると良いでしょう。

お薬手帳といえば処方薬を記載する手帳ですが、患者自身が購入した市販薬を記入しておくことで、治療に役立つので、市販薬を記入しても良いのです。

配布されているお薬手帳には、アレルギーや副作用歴、既往歴を書いておくページがありますので、こちらも記入しておくことで治療に役立ちます。

お薬手帳を薬剤師・医師に渡すだけではなく、自分でも記入するとよりうまく活用することができます。

安全に薬を処方してもらうためにも、病院には行く際にはお薬手帳を持参し、薬の管理に利用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク