糖尿病は遺伝する病気だった?!親が糖尿病を患っている場合は、子どもも注意した方が良い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病 遺伝
糖尿病は、血糖値が病的に高くなる状態のことで、尿中に糖分が混ざることから糖尿病と言われます。

糖尿病の原因は、炭水化物の過剰摂取と言われていますが、遺伝とも関係があるといわれています。

親が糖尿病を患っている場合には、子どもが糖尿病にかかる可能性は高くなりますよ!

○両親が糖尿病だと子どもは50%も糖尿病になる!

両親が糖尿病を患ってしまっている人は、子どもも糖尿病になる可能性が高いです!

糖尿病は遺伝と関係があると病気といわれおり、両親が糖尿病の家庭では、子どもが糖尿病になる確率が、50%と非常に高くなっています。

両親が糖尿病の場合は、2人に1人が糖尿病になるのですね、気をつけないと子どもが、糖尿病になる可能性は高いですよ。

また、片親が糖尿病である場合には、30%の確率で子どもが糖尿病になるとされ、親が糖尿病の場合は、子どもが糖尿病になる可能性は高いのです。

さらに、一卵性双生児であれば、一人が糖尿病なると80%の確率で、もう一人も糖尿病になるとされており、絶対に糖尿病になるというわけではありませんが、糖尿病は、遺伝と深い関係があるとされています。

子どもを糖尿病にさせたくないと考える場合には、糖尿病にならない食生活が大切になります。

食生活を整えることで、糖尿病を防ぐことができるかもしれません!

○親が糖尿病でも生活習慣で糖尿病は防げる

糖尿病は遺伝と関係があるのですが、遺伝よりも食生活の方が問題となります。

両親が糖尿病の場合には、糖尿病になりやすい遺伝子を持っていることが予想されますが、生活習慣を整えることで、糖尿病になるのを防ぐことができます。

糖尿病は遺伝だけでなく、ストレス、食生活、運動習慣、睡眠不足などの複合的な要因によって発症するものです。

遺伝的に糖尿病になりやすいにしても、他の要因を排除することができれば、糖尿病にはなりません。

両親が糖尿病であることがわかっている場合には、食生活を改善し食べすぎを予防する、運動をして肥満にならない、睡眠をしっかりとることで、糖尿病を予防することができます。

糖尿病にならないためにも、生活習慣を見直してください、糖尿病は治らない病気なので、糖尿病を発症してしまうと、一生治療を続けることになります。

また、両親が糖尿病ではない場合でも、生活習慣の乱れから糖尿病になってしまうことがあります。

もしかすると、たまたま両親は糖尿病になっていないだけで、糖尿病になりやすい遺伝子を持っている可能性もあります。

糖尿病にならないために、生活習慣を見直すことをおすすめします。

○糖尿病の治療はきちんと受けよう

糖尿病と診断され、治療が必要と言われた場合には、症状が無くても治療を行うようにしましょう!

糖尿病の患者の中には、血糖値が高いと言われたのにも関わらず、そのまま病気を放置してしまう人がいるようです。

初期の糖尿病であれば、身体的に大きな問題もないことも多いですが。放置をすれば糖尿病がひどくなります。

あなたは、糖尿病を放置することで、失明、人工透析、手足の切断の原因になることを知っていますか?

糖尿病は、慢性的に血糖値が高くなる病気で、糖尿病になってからでは完治をさせることは、できないとされています。

そのため、糖尿病になった場合は、インスリン注射を行うことが大切であり、放置すればどんどん糖尿病はひどくなります。

インスリン注射を、最終的な手段と考えている人もいるようですが、早期にインスリンを打ちはじめるほど、糖尿病は良い状態を維持できるのです。

症状が悪化して打ちはじめると、失明していたり、人工透析が必要になったり、手足が壊死して切断になったりするので、治療が必要と言われたら、治療を受けましょう。

糖尿病を血糖値が高くなるだけの病気と甘くみない方がいいですよ!

○肥満になっている人は要注意!

糖尿病の患者は肥満体系であることが多く、現在、糖尿病でなくても肥満体系であれば糖尿病になる可能性は高いです。

特に、両親が糖尿病を患っている家庭では、肥満体系は非常に危険だと考えても良いでしょう。

糖尿病になる前に肥満体系を改善し、糖尿病の発症を予防しましょう!

糖尿病になってしまっている場合であっても、肥満は血糖値を上げる原因になりますので、できる限り改善するようにしてください。

糖尿病で腎疾患を患い、人工透析が必要となった場合には、本人も家族にも大きな負担がかかることになります。

糖尿病が重症化しないように、きちんと治療を受けて体調管理を行うようにしましょう!

糖尿病は遺伝と関係があるので、家族に糖尿病の患者がいる場合は、生活習慣を見直しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク