誰もがなる可能性があるメタボリックシンドローム!原因となる内臓脂肪は燃えやすい?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタボ 誰も
大人になって運動が少なくなると少しずつお腹がでてきますが、お腹は誰でも出てくるから大丈夫とのんきに考えてはいけません。

肥満はメタボリックシンドロームの原因となり、メタボリックシンドロームになっても、痛みはありませんが、糖尿病や心臓病などの病気の原因になっていることは確かです。

肥満によって、体のどこかが痛みを感じ時には、病気が進行して重症化していることもあるので、メタボリックシンドロームは早めに改善することをおすすめします。

メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪を燃やして、メタボリックシンドロームの予防・改善をしましょう。

○メタボリックシンドロームってどんな状態?

メタボリックシンドロームといわれて、最初に連想するものは肥満だと思いますが、メタボリックシンドロームは肥満だけでなく、高血圧、中性脂肪、血糖値と関係がある病気になります。

メタボリックシンドロームと診断される条件は、まず腹囲が男性85㎝以上、女性が90㎝以上であることです。

そして、

中性脂肪は150mg/dl以上か、善玉コレステロールは40mg/dl未満

血圧は収縮期(上)が130以上か拡張期(下)が85以上。

血糖値は110mg/dl

の3つのうち2つが当てはまることで、メタボリックシンドロームと診断されます。

さらに、3つのうち1つでも当てはまっていると、メタボリックシンドローム予備軍となり、メタボリックシンドロームにいずれなる可能性が高いです。

このように、メタボリックシンドロームは、お腹周りに脂肪がついているだけで決まっている疾患ではないのです。

しかし、お腹に脂肪がついている人ほど、血液の検査の結果も悪くなり、メタボリックシンドロームである可能性が高くなります。

メタボリックシンドロームは、痛みを感じずに進行していくので、早めにメタボリックシンドロームに気付き解消するしかありません。

あなたのお腹は、脂肪がたっぷりたまっていないでしょうか?

○メタボリックシンドロームは内臓脂肪と関係が深い

メメタボリックシンドロームの条件で、男性よりも女性の腹囲の基準が緩いですがこれは、女性は脂肪を皮下にためることが多いためになります。

太っている場合は、皮下脂肪も燃焼をした方が良いことは確かなのですが、内臓脂肪の方が血液や内臓などに与える影響は大きく、生活習慣病の原因になります。

皮下脂肪が溜まっていると、中性脂肪が多くなり、血液検査の結果も悪くなりやすいでしょう。

内臓脂肪が溜まりメタボリックシンドロームと診断された場合、健康な人の約30倍も心臓病のリスクが高まるとされます。

そのほかにも、糖尿病、ガン、脳梗塞、痛風などのリスクが高まるので、恐ろしい疾患です。

内臓脂肪を燃焼することができれば、心臓病のリスクは大幅に減少すると考えられています。

メタボリックシンドロームと指摘された人は、内臓脂肪を燃焼させるように努力しましょう。

○内臓脂肪は燃焼しやすい

体に悪いといわれている内臓脂肪ではありますが、皮下脂肪に比べて燃焼しやすいと言われており、運動すればメタボリックシンドロームは治るといわれています。

また、内臓脂肪は中性脂肪のかたまりで、内臓脂肪が燃焼され始めると、血中の中性脂肪値の減少につながります。

さらに、血中にたまっている中性脂肪は、血液をドロドロにして血流を悪くし、高血圧の原因となっていたので、中性脂肪が減少することで、高血圧が治ることもあります。

血糖値が高いのは、インスリンの不足もありますが、運動しないことによって体に余分な糖分が溜まっているためでもあります。

簡単な運動を始めれば、内臓脂肪は燃焼されて、すべての基準が正常値に入ることもあるといわれています。

すでにメタボ体型であっても遅くないので、今からでも運動することをおすすめします。

ちなみに、内臓脂肪に対して、皮下脂肪は燃焼しにくいといわれており、運動してもお腹周りに付いた脂肪が無くならずに、痩せにくいといわれます。

皮下脂肪を燃やしたい人は、脂肪が多い部位の運動を徹底して行いましょう。

○内臓脂肪を燃焼させる運動はなんでもよい

内臓脂肪を燃やすためには、おなか周りの運動をするのが良いですが、お腹周りの運動だけするのもつらいでしょう。

散歩するだけでも、内臓脂肪を燃焼することは可能なので、お腹の脂肪が気になる人は、毎日少しでもあるくようにすることをおすすめします。

歩くのが嫌だと言う人は、腹筋運動でもいいですし、趣味なりそうなスポーツを探してみるのも良いです。

メタボリックシンドロームの人または、メタボリックシンドローム予備軍の人は、運動して内臓脂肪を燃焼させるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク