経口補水液と水では吸収の仕方が違う?!経口補水液は下痢、嘔吐をしている時に使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経口補水液
経口補水液という言葉を聞いたことがあるが、経口補水液をどんな時に飲むと良いのか知らないと言う人も多いのではないでしょうか?

私は脱水症状を起こした時に、経口補水液を飲んだことがありますが、経口補水液は飲み方を間違えると体調不良になることもあります。

経口補水液はスポーツドリンクではないので、正しい知識を持って飲むようにしましょう。

○経口補水液は脱水症状の時に飲みましょう

経口補水液は脱水症状を起こした時に飲むために作られており、日常生活やスポーツ中の水分補給として飲むものではありません。

脱水症状を想定しているために、スポーツ飲料よりもナトリウム量が多くなっており、日常で飲むにしては、飲んだらわかりますが塩味が強いです。

水分補給で飲むのであれば、経口補水液よりもスポーツ飲料を飲んだ方が体に良いです。

経口補水液は、下痢、嘔吐、発熱が続き、脱水症状を起こしてしまった時に飲むのが良いとされます。

また、大量に汗をかいて、脱水症状を起こしている場合には、ミネラルが失われていることが予想されるので、ナトリウムの多い経口補水液を飲むと良いでしょう。

経口補水液は、脱水症状を起こしている人が飲む飲料になるのです。

脱水症状を起こしてからスポーツドリンクや水を飲むと、ミネラル不足によって低ナトリウム血症になることがあるので注意しましょう。

特に水には、何も含まれていないため、血液が薄まり、危険な状態になります。

水分補給には水とスポーツドリンク飲み、脱水症状には、経口補水液を飲むようにしましょう。

○経口補水液は小腸で吸収されやすい

経口補水液の良いところは、普通の水よりも小腸で吸収されやすいところにあります。

下痢、嘔吐、発熱などを起こしている場合、大腸機能が弱くなっており、大腸から水分が吸収されにくいです。

そのため、大腸には水を届けずに小腸で水分を吸収した方が、脱水症状を改善しやすくなるのです。

経口補水液は、塩分と糖分のバランスが考えられており、小腸での水分の吸収率を高める効果があります。

そのため、脱水症状を起こしている時は、スポーツドリンクや水を飲むよりも、経口補水液の方が素早く脱水症状を改善することが可能です。

バランスが考えられてつかられているので、砂糖などを混ぜたりしないようにしましょう。

○経口補水液はガブガブ飲む物ではない

経口補水液は脱水症状を起こした時に飲むもので、健康な人が飲むには、適していません。

健康な人でも、少量ずつなら飲んでも大丈夫ですが、水分補給としてガブガブ飲んでしまうと、ナトリウムやカリウムを過剰に摂取することになります。

経口補水液をガブ飲みしてしまうと、塩分の過剰摂取により、逆に体調不良を起こし、病院に行く人もいるようです。

また、脱水症状を起こした場合も一度すべて飲むではなく、少しずつ補給することが大切になります。

経口補水液は、医師や薬剤師の指導のもと、補給するのが望ましいとされ、薬局で薬剤師の指導のもと、購入することをおすすめします。

正しく使用することができれば、役に立つ飲料であることに、間違いはありません。

○経口補水液を注意して飲みたい人

経口補水液は、塩分が多く入っており、高血圧、心疾患、腎疾患を患っている人は、飲みすぎに注意しないといけません。

大量の塩分の摂取は、高血圧、心疾患、腎疾患の症状を悪化させる可能性があり、経口補水液を飲みすぎて病院に運ばれる可能性があります。

脱水症状で飲むのは仕方ありませんが、日常生活では、水やスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

また、子どもに経口補水液を飲ませる場合も注意が必要で、子どもは体が小さいので、大人よりも少ない量で足ります。

乳幼児では、1日に30ml~50ml、幼児は300ml~600mlを基準に飲むようにし、脱水の状態によって調整する必要性があります。

脱水症状を起こしている場合は、少しずつ経口補水液を飲ませ、症状を確認しておきましょう。

○脱水症状が起きたら病院へ

脱水症状が起きた時には、経口補水液を飲ませ、症状が深刻そうなら病院へ行きましょう。

軽度の脱水症状なら、経口補水液を飲ませることで回復しますが、中度の脱水症状が起きている場合には、体調が回復しないことも多いです。

症状が回復しない場合には、必ず病院へ受診するようにしましょう。

また、重度の脱水症状の場合は命にかかわるので、救急車を呼んでください。

症状としは、過度の喉の渇き、速い呼吸・心拍、汗の分泌不足、意識障害などがあります。

小児や高齢者は、軽度の脱水症状であっても注意が必要です。

経口補水液を上手に使用して、脱水症状を改善しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク