薬を飲んで副作用が出ても飲み続けていいの?強い副作用が出た場合は薬剤師か医師に聞いてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

74801

薬は、病気を治すためや、症状を軽くするために使用されますが、治療の目的以外の副作用が出ることあります。

例えば、頭痛薬を飲んで頭痛の症状が治る以外に、眠気などが起きる場合、眠気が薬の副作用になります。

副作用といえば悪いイメージがありますが、寝て起きたら頭痛が治っていることもあるので、副作用が薬に役立つこともあります。

副作用と聞くと怖い気もしますが、薬の副作用はどこまで気にしたらいいのでしょうか?

○どんな薬には必ず副作用があります

どんな薬であっても必ず副作用は存在し、体に良いと言われる漢方薬にも副作用があり、天然薬だからとって副作用が無いわけではありません。

実際、漢方の塗り薬が肌に合わず、塗ってかぶれて症状が悪化したという人もいます。

どんな薬にも副作用はありますが、副作用ができるだけでないように服用量が調節されため、副作用を感じることは基本的にありません。

薬は市販される前に、副作用が出過ぎないように調節されていますので、副作用を過度に恐れすぎる必要性はないと思います。

軽く副作用に目を通しておき、副作用に書かれた症状が出たら注意するようにしましょう。

薬の副作用と聞くと怖いですが、必ず怖い副作用がでるわけでなく、「眠気」や「喉の渇き」のようにほとんど気にする必要性のない副作用もあります。

処方された薬は、素直に飲むことをおすすめします。

○副作用を気にしすぎると副作用が出やすい?!

薬には必ず副作用はあるのですが、副作用を気にしすぎることによって副作用が出てしまうことがあります。

これは、副作用を気にすることによって精神的なストレスとなり、体が反応して副作用が起きている場合と、副作用を気にすることで体が敏感になり、軽い副作用に反応する場合があります。

この場合、副作用のことを気にしなくなると、症状が治まることもあります。

副作用は出る前に気にするのではなく、副作用が出てから気にすると良いでしょう。

逆に、思いこみよって薬の効果が強くなることもありますので、良く効く薬だと思って服用すると、症状が治まりやすいかもしれません。

多くの市販薬では、副作用が強く出ることは稀ですので、副作用を気に過ぎてストレスを感じないように注意しましょう。

○強い副作用が出たら病院か薬局へ

薬を飲んで副作用が出ることはありますが、「眠気」、「食欲不振」「喉の渇き」などの軽い副作用の場合は、そのまま飲み続けるのが普通です。

強い副作用や気になる副作用がでた場合は、薬の服用を一旦止めて、薬剤師や医師に相談しましょう。

そのまま飲み続けることで、症状が悪化して治療が大変になることもあるので我慢しないでください。

副作用の中には、命にかかわる副作用が起きることもあり、体調が急激に変化した場合はすぐに病院に向かいましょう。

状況によっては救急車を呼ぶ必要性があり、意識が低下したり、急に倒れたりした場合は救急車を呼びましょう。

市販薬、処方薬で救急車を呼ぶような症状が出ることは基本的にありませんので、過度に薬を恐れる必要性はありません。

逆に、薬を飲まないために体調を崩して、治療が遅れることもあるので、処方された薬は飲むようにしましょう。

軽い副作用であれば、そのまま飲み続けて、薬局や病院に行く時に相談すると良く、気になる場合は、電話で聞いてみるのも良いでしょう。

強い副作用や気になる副作用の場合は、我慢せずにすぐに薬剤師、医師に相談してくださいね。

○薬の副作用が出やすい人の特徴

薬の副作用には個人差があるため、同じ薬であっても、強い副作用が出る人と全く副作用が出ない人がいます。

特に、副作用でやすいと言われているのが、アレルギー体質の人で、アレルギーを持っている人は薬の反応が強く、副作用が出やすいとされています。

そのため、花粉症や食物アレルギーなどがある人は、薬の過剰摂取には注意しましょう。

また、副作用には肝機能も関係があるとされ、薬を分解する能力が低いと体に薬が長く残り、副作用が出ると考えられます。

肝臓の機能は体質によって決まっているもので、改善することは難しいですが、年を取って副作用が出にくくなることがあります。

薬で、強い副作用を感じたことがある人は、他の薬でも副作用が出やすいため、副作用がでないか良く観察しておきましょう。

さらに、高齢者や子どもは、肝機能が弱いので副作用が出やすいとされています。

副作用がでた時は、薬剤師や医師に相談し、服用量を調節することも大切になります。

薬には副作用があることを理解して、安心して飲めるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク