不衛生な手で目をこする・コンタクトレンズの使用が失明の原因に!?失明アメーバの感染に気を付けろ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アカウトアメーバ
私たちの周りにはたくさんの細菌が活動しており、人間の役に立っている菌もいれば、人間を病気にしてしまう菌もいます。

たくさんいる菌の中には、人を失明に至らしめてしまう菌もおり、「アカウトアメーバ」と呼ばれる失明アメーバが存在しています。

目は人間にとって非常に重要な器官であり、私がもし感染して失明してしまえば、パソコンが使えなくなるので、今の仕事はできなくなりますし、生活にも大きな影響を及ぼすことになります。

失明は誰にとっては重要な問題です。だから失明アメーバの恐怖を知っておきましょう。

○アカウトアメーバに感染すると起こる症状は?!

アカウトアメーバが目に侵入すると、アカウトアメーバ角膜炎を発症することになります。

アカウトアメーバ角膜炎は、徐々に症状が進行する病気で、初期症状は目やにが気になる程度で気にならない場合も多いです。

症状が進行してくると、目に強い痛みと涙が出るようになり、視力低下が起き、最悪の場合は失明することになります。

目に痛みが出てから、眼科に受診する場合も多いようですが、目に違和感を感じたら、早めに眼科を受診した方がいいと思いますよ。

アカウトアメーバは、一度感染すると、なかなか治らないのが特徴で、抗菌薬(目薬)と角膜を削ることによって対処します。

特効薬はないので、病院に行き対処をしても、数カ月の治療になることが多く、何度も角膜を削ることになり視力が低下します。

だから、アカウトアメーバに、一度感染すれば、失明しなくても視力低下は免れないと言えるでしょう。

アカウトアメーバは、早期治療も大切ですが、感染予防の方が重要になります。

そして、失明とは関係ありませんが、稀にアカウトアメーバは、傷口から血液に侵入して、脳炎をおこすこともあります。

脳炎を予防するためには、怪我をした時に傷口を水できれいに洗って清潔にすることが大切です。気になる症状が無ければ、病院に行く必要性はありません。

○アカウトアメーバはどこにでもいる?!

アカウトアメーバは、あまり耳にすることが無い名前ではありますが、どこにでも存在している恐ろしい細菌です。

アカウトアメーバは、どこにでもいる細菌なので、どこで手に付着するかわかりませんし、現在もあなたの手にアカウトアメーバが付着している可能性は十分にあります。

アカウトアメーバの恐ろしいのは、どこにでも生息しているところにあります。

目が痒くて、目を擦ることは良くあることだと思いますが、手に付着したアカウトアメーバが目に侵入する可能性があります。

子どもが、泥遊びをした後に目を擦って感染することもありますので、十分に注意してくださいね。

アカウトアメーバに感染しないようにするためには、不用意に目に触らないことが重要になります。

不清潔な手で目を触るとアカウトアメーバに感染してしまうということです。

○アカウトアメーバ感染者の9割はコンタクトレンズ使用者

アカウトアメーバに感染してしまう人の9割は、コンタクトレンズを使用している人になります。

コンタクトレンズによる感染方法は、洗っていない手でそのままコンタクトレンズを入れる、目から落ちたコンタクトレンズを水洗いでそのまま入れてしまうなどになります。

基本的に、コンタクト使用者の誤った使い方が原因となって、アカウトアメーバに感染してしまいます。

洗っていない手には、アカウトアメーバが付着している可能性があるのでそのままコンタクトに触っていけません。

また、目から落ちてしまったコンタクトレンズも、アカウトアメーバが付着している可能性が

あり、水洗いでは落ちずにそのまま目に着くことがあります。

「まあ、大丈夫だろう」という油断からアカウトアメーバに感染してしまうことが知られています。

コンタクトレンズを使用する時は、油断をしないように十分に注意してください。

コンタクトレンズを使用する時は、きちんと手を洗い、落とした時は洗浄液で洗ってから使用するようにしましょう。

誤った使用方法をしなければ、アカウトアメーバに感染することは基本的にありません。

コンタクトレンズを使用しない人も感染する可能性はあります。

○アカウトアメーバの感染力はそれほど強くない?!

感染すると治療が困難で、失明の危険がありますが、アカウトアメーバの感染力はそこまで強くありません。

アカウトアメーバに侵入されても、感染せずに問題ない場合も多いのです。

しかし、アカウトアメーバに何度も侵入されるとアカウトアメーバ角膜炎になる可能性が高くなります。

日常的に間違ったコンタクト使用が、アカウトアメーバの感染原因になります。

今、アカウトアメーバに感染していなくても、次にアカウトアメーバに感染してしまう可能性も十分にありますので、コンタクトは正しく使用するようにしましょう。

アカウトアメーバは、非常に怖い菌ではありますが、予防することで感染を簡単に防ぐことができる菌でもあります。

失明しないために、目を大切に扱うようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク