マッサージをすると体に悪影響を与えることもある!?食後にマッサージをしてはいけない理由とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マッサージ
肩こり・腰痛・むくみの症状があると、マッサージをして改善するのが一般的ですが、マッサージが体に悪影響を与える可能性があることを知っていますか?

気持ちよくて、体にも良さそうなマッサージですが、場合によっては肩こりを悪化させることもあるようです。

特に体に悪いといわれている食後のマッサージを、皆さんはやっていませんか?

健康のためにやっているつもりのマッサージが逆効果になっている可能性もあるのですよ。
マッサージが体に与える影響について知っておきましょう。

スポンサーリンク

○マッサージは何の解決にもなっていない?!

肩が凝っている時に、肩をマッサージすると、痛みが和らいで、肩こりが改善したような気分になります。

しかし、マッサージで一時的に痛みがなくなったとしても、翌日には肩こりになっており、結局は治っていないことが多いです。

マッサージをしても、肩こりの原因を解決していなければ、すぐに同じ状態になり全く解決していないと言えます。

マッサージは一時的な症状の改善に対しては、効果が期待できますが、根本的な改善にはなっておらず、翌日には同じ症状に悩まされることが多いのです。

肩こりやむくみの症状を改善しようと考えているなら、マッサージによる外側からの刺激ではなく、内側から根本的に解決する必要性があります。

マッサージではなく、運動することによって、肩こりとむくみは改善した方がよいでしょう。

○肩こり・むくみは運動によって改善する!

肩こり・むくみはマッサージで一時的に良くなったとしても、すぐに元に戻ってしまいます。

根本的に肩こり・むくみを改善するためには、運動をするのが良いとされているので、日常的に肩こり・むくみに悩まされている人は、適度な運動をしましょう。

肩こりの原因は、パソコン作業などで、1日中、肩を動かさないところにあるとされます。

肩回りを使う運動をすることで、肩の筋肉がほぐされるので、手を使うことのあるスポーツをすることで改善できます。

むくみを完全するためには、足の筋肉が大切なので、日常的に散歩をするだけでも、ある程度の改善が見込めるとされています。

また、塩分の多い食事はむくみの原因となると言われていますので、塩味の濃い物を食べすぎないようにしましょう。

塩分を排出するためには、カリウムの多い物を食べると良いとされています。

マッサージで改善を測るのではなく、肩こり・むくみは運動によっての改善するのがおすすめです。

○マッサージで肩こり・むくみが和らぐ理由。

マッサージをすることによって、肩こりの痛みが和らぎますが、これはマッサージされた部分の血流が良くなって、痛みが減少するためです。

ただし、肩こりの原因になっている硬くなった筋肉までは、マッサージでは刺激を与えることができないので、肩こり自体が解消されているわけではありません。

肩こりを改善するためには、マッサージでは届かない筋肉を柔らかくすることが大切になります。

そして、むくみがマッサージで治る理由も、マッサージによって血流が良くなり、足にたまった余分な水分が全身に流されるためです。

本来、足の余分な水分は足の筋肉によって、流されるものであり、マッサージをして血流を良くするものではありません。

マッサージよりも、足の筋肉をつけて、筋肉で改善してあげることをおすすめします。

○マッサージで肩こりが酷くなることも!!

マッサージで一時的な改善がみられるだけならいいのですが、場合によってはマッサージ後に肩こりが酷くなることがあります。

マッサージでは、ほぐしたい筋肉まで刺激を与えることができませんので、強くマッサージをすることがあります。

強くマッサージすると、筋肉まで刺激が届くかもしれませんが、筋肉や血管を傷つけてしまいます。

傷ついた筋肉は、ほぐれるどころか、さらに硬い筋肉となり、血管が損傷して、肩こりを悪化させてしまうことがあります。

マッサージして、より肩が痛くなりたくないですよね。

マッサージは痛い方が良いといわれることがありますが、マッサージは痛いほどやると逆効果になることもありますので、痛くない程度のマッサージを行うようにしましょう。

○食後にマッサージを行ってはいけない理由

食後は体が消化活動をするために、胃や腸に血流を集めています。

このとき、マッサージを行うと、マッサージ部位に血流が集まるので、胃や腸の血流が少なくなってしまいます。

大きく問題がでることは少ないですが、消化不良を起こり、下痢などを起こしやすくなってしまいますので、食後のマッサージは控えるべきです。

肩こりは気にすると痛みが強くなるとされていますので、あまりに気にしないことも大切です。

海外の人は、肩こりを気にしないので、肩こりにならないとされています。

マッサージは気持ちが良いものですが、十分に気を付けて行うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク