その腰痛は危険な病気のサインかも?!消化器系・泌尿器系・婦人科系・循環器系の病気が原因で腰痛は起きる!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛が危険なサインかも?!
私の周りには、腰痛に悩まされている人が非常に多い、街中でも腰を「トントン」と叩きながら歩いている人を見かけます。

日本で腰痛に悩まされている人は、1000万人以上といわれ、非常に多くの人が腰痛になっているのです。

あなたも、腰痛に悩まされていませんか?

腰痛の原因は、人によって違いがあり、思わぬ病気が隠れていることもあります。

一向に治らない気になる腰痛がある場合は、腰だけが原因ではないかもしれませんよ。

○腰痛の原因と言えば姿勢と筋肉!

腰痛の最も大きな原因は、姿勢と腰の筋肉であり、姿勢が悪くて腰に負担がかかり腰痛になること多いのです。

猫背などの姿勢の悪さは、腰に大きな負担となり、神経を圧迫して腰痛の原因になります。

だから、姿勢を正すことで、多くの腰痛を改善することができますので、姿勢を改善しましょう。

また、姿勢を正しく矯正するためには、筋肉で腰を支えてあげることが重要で、腰の筋力が弱い人ほど腰痛になります。

そのため、筋力の低い女性の方が腰痛になりやすいとされており、腰痛を改善するためには筋肉をつけることも重要になります。

腰の筋力をつけるためには、背筋運動をすることもよいですが、姿勢を正すことに集中するだけで、ある程度の筋肉が付きます。

意識して姿勢を改善することで腰痛が改善され、腰の筋肉がついてくれば、姿勢を正していてもそれほど辛くなくなってくるはずです。

姿勢と筋肉は、非常に腰痛と関係が深いので、姿勢が悪い人は、最初に姿勢が原因である可能性を疑うことをおすすめします。

パソコン作業や事務作業などを猫背で行ったりしていないですか?

日常の姿勢が腰痛の原因になりますよ。

○消化器から腰痛が出ることも?!

腰痛といえば、姿勢の悪さからくることが多いですが、姿勢以外では消化器の異常によって腰痛になることがあります。

胃炎、胃潰瘍、膵炎、大腸がん、胆石などを発症すると腰の痛みがでることがあります。

特に、肝臓や膵臓のように、腰に近い部分が病気になった場合に、腰痛になります。

消化器が原因の腰痛は、理由がわかりにくく、発見が遅れることも多いです。

急に腰が痛くなったり、整体や姿勢改善を行っているにも関わらず、一向に治らなかったりする場合は、消化器の腰痛の可能性もありますので、病院を受診した方が良いでしょう。

消化器の病気の場合は、腰の右側や左側のなどの半分や、腹部に痛みがでることもあります。

内臓が原因で起きる腰痛の中で、最初に考えられる腰痛は消化器なので、気になる腰痛は、消化器科を受診すると良いでしょう。

○腰痛は泌尿器・婦人科・循環器科の病気の可能性もある!?

尿路結石、腎臓がん、膀胱がん、子宮筋腫、子宮がんも、腰痛の原因になるうる病気で、腰痛から病気の発見に至る場合も多いです。

「がん」は発見が遅れるほど、治療が困難となり、死亡する可能性が高まりますので、下腹部

に痛みを覚えるなどの、違和感を覚える腰痛は、早めに病院に行って診てもらった方が良いです。

女性は、婦人科、男性は泌尿器科を受診して診察してもらうのが良いです。

また、循環器科が原因となる腰痛もあり、腹部大動脈瘤や腹部大動脈解離などが、主な原因で、突然死を起こす可能性がある非常に危険な病気です。

治らない腰痛は、これらの危険な病気が隠れている可能性がありますので、気になる場合は、一度、病院を受診してみることをおすすめします。

痛みが強くなる腰痛、急に痛くなった腰痛、原因がわからない腰痛には要注意ですよ。

○精神的影響が腰痛になることも?!

内臓や循環器以外では、精神面が腰痛にかかわることがあり、不安から腰痛になってしまう人もいます。

精神的に不安定になっている場合や、強いストレスを感じる場合に腰痛になることもありますので、精神的な疲労を感じている場合は、精神的な腰痛を疑いましょう。

腰痛の多くは、姿勢が原因になることが多いので、あまり不安になり過ぎないようにすることも大切です。

腰痛のことを気にしすぎると、心気症になってしまうこともあります。

心気症は、軽い症状を重大な病気ではないかと疑ってしまう病気で、単なる腰痛を、がんだと思ってしまう場合は心気症です。

いっこうに治らない腰痛の場合は、他の病気を疑うことも大切ですが、症状が軽い腰痛は単なる姿勢の悪さである場合がほとんどです。

腰痛には、いろいろな原因がありますので、気になる腰痛がある場合は、放置せずに病院を受診して診ましょう。

発見が遅れると死に至る病気が隠れていることもあり、強い腰痛があれば、我慢せずに病院に行きましょう。

腰痛に隠されている、恐ろしい病気のサインを見逃さないでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク