夏バテを起こすのは気温差が原因!?できる限り気温差を少なくして快適な夏を乗り過ごそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏バテ温度差
私は暑い夏が苦手である、海や花火大会などの楽しい行事もあるかもしれませんが、春や秋などの涼しい季節の方がどちらかというと好きです。

暑い日が続くと体が耐えられなくなって夏バテを起こしてしまい、だるさ、食欲不振、吐き気などを起こしてしまいます。

夏バテを起こさずに快適な夏をおくるためにはどうすればいいのでしょうか?

○どのようにして夏バテは起きてしまうの?

高温多湿の夏はエネルギーを消費しやすく、体にとっては大きな負担となり、体力が奪われ夏バテを発症します。

特に、体温を保つために働いてくれる自律神経が大きな影響を受け、自律神経の働きが鈍り夏バテになります。

自律神経は気分とも関係があり、自律神経の低下によって、やる気をなくし、だるさを感じるようになるのです。

夏バテの症状としては、だるさや食欲不振がもっとも知られている症状ではありますが、腸の機能が弱り下痢や便秘などの症状を起こすことも多いです。

稀ではありますが、頭痛やめまいなどの症状を起こすこともあり、夏バテになれば辛い夏をおくることになるでしょう。

夏バテの原因は、暑さにあるので暑さをうまく乗り過ごすことが、夏バテを予防する最大の方法となります。

○初夏や梅雨などにも起こりやすい?!

夏バテは、暑さに長時間さらされることにより、自律神経が乱れて発症することが多いですが、真夏ではなく初夏や梅雨に発症する場合も多いのです。

これは、自律神経が急激な気温変化に耐えられなかったためで、梅雨や初夏は気温が安定せず、寒くなったり、急激に熱くなったりするので、自律神経のバランスをうまく取れずに夏バテになってしまいます。

長時間の暑さもダメですが、急激な温度変化にも耐えられないのが自律神経なのです。

また、真夏に夏バテにならなくても、夏が終わり秋に差し掛かり気温が低くなることで、バテることもあります。

だから、夏バテは夏の始まりから、秋の始まりまで注意しなくてはいけない症状です。

去年はバテなくても今年バテることもありますので、夏にバテならないように十分に注意してくださいね。

○冷房はほどほどにしないと逆に負担がかかる?!

秋口や梅雨に、夏バテが発生するのは、暑さと寒さの温度変化が激しいためです。

なので、暑いからといって強い冷房を入れると気温変化により夏バテが発生しやすくなります。

夏の間、ずっとエアコンのきいた部屋で生活できるなら、問題ないですが、そんな人はいませんから、外にでて急激な温度変化を感じれば、自律神経がくるって夏バテを発症します。

自律神経は急激な温度変化が少ないほど、影響が少ないので、外が暑いときには室内の気温は少々暑い程度が良いのです。

おすすめの、室温は27~28度で、30度以上だと暑すぎますし、25度以下なら外気との違いから自律神経が不調を起こします。

しかも、エアコンの設定温度が高めだと節電にもなりますのでおすすめです。

暑いと感じる際には、しっかり水分を補給して、汗で体温調節をすると、自律神経を鍛えて夏バテを予防することができます。

また、気温変化を最小限にするという意味では、暑さに合わせて臨機応変に、服装を変えることも重要になります。

夏バテ防止や節電のために、エアコンをつけないようする家庭もあるかもしれませんが、エアコンをつけないと、熱中症になることもあるので、エアコンはつけた方が良いです。

エアコンを全くつけずに、暑い夏を過ごしたことがありますが、汗をかきすぎて逆にバテたことがあります。

○食事は変化をつけない方が良い?!

夏になると、冷たい物やのど越しの良い物が食べたくなる季節ではありますが、できる限り食事に変化をつけないことが、夏バテの予防になります。

夏バテの原因は、食事と大きな関係性があり、夏に合わせて食事のスタイルを変えることが、夏バテの原因にもなるのです。

たまには、そうめんやかき氷を食べても良いですが、毎日食べると、自律神経に影響を与えて、夏バテを発症させることになります。

また、水分をとる際には、25度前後の冷たくもない、暑くない物が最適であるとされており、飲食品の冷たさは自律神経に影響を与えてしまいます。

○暑過ぎる日には外にでるな!

夏バテになるのは、暑い日に外であるのも原因の一つです、冷房を28度に設定していたとしても、外の気温が35度とかになると、大きな気温差となりますよね。

そのため、暑すぎる日には、外に出ないことも重要で、できれば朝や夜など、気温が低い時間帯に外に出た方が、体にとっての負担は少なくなります。

お昼は最も気温が高くなるので、自律神経にとっては大きな影響となることもあります。

どうしても外に出たい時は暑さ対策をしっかりして、外に出ると良いでしょう。

暑すぎる日に運動するのは大変危険なので、健康のためであっても、暑い日には外での運動は避けましょう。

自律神経を疲れさせないためには、できる限り温度差を少なくすることです。

温度差を調節して、快適な夏をおくるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク