風呂場は超危険?!お風呂で亡くなる人が続出中?!お風呂で死亡しないために学んどく?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お風呂は危険
仕事で疲れた日には、お風呂で湯船につかって体を癒すのは最高ですが、お風呂には危険があふれているって知っていましたか?

お風呂場で倒れて亡くなる人は、年間1万人以上もおり、交通事故の死傷者(年間5千人)よりも多いことはあまり知られていません。

交通事故で亡くなるよりも、お風呂場で倒れて亡くなる可能性が高く、交通事故を未然に防ぐよりも、お風呂場で亡くならないようにする方が大切なのではないかと思えてきます。

だから、毎日入るお風呂場で亡くなることがないように十分に注意してください。

○お風呂が危険な理由は脱衣所の寒さと湯船の熱さ?!

お風呂場で亡くなる原因は、脱衣所の寒さと湯船の熱さが原因です。

人間は恒温動物といわれる動物で、常に体温を一定範囲内に保つ必要があり、寒い時は血管を収縮し体温を逃がさないようにして、暑い時は血管を拡張して熱を放出しようとします。

お風呂場は、温度差が大きい場所なので、血管が拡張されたり、収縮したりを急激に起こすことになります。

脱衣所が寒いということは、体は体温を一定に保つため血管は収縮して熱を逃がさないようにし、血圧が上がります。

そして、熱い湯船につかるとびっくりして交感神経が刺激され、さらに血圧が上がりますが、急激に体温が上がるので、熱を逃がすために、血管を拡張して急に血圧がさがります。

収縮していた血管が急に拡張すると、急激な血圧の変化が起こり、血液が脳に送られなくなるため、クラッとします。

クラッとするだけならいいですが、人によっては意識障害を起こして、失神しておぼれて亡くなることもあります。

冬場に湯船につかると、眠くなることがあると思いますが、脳の血液不足により、意識障害が起きて眠くなっているので、失神寸前で危険な状況です。

そのまま寝た場合は失神していまので、溺れて死んでもおかしくない状態なのです。

○お風呂場で心疾患や脳疾患を発症することは多い!

お風呂場で亡くなる場合、失神して溺死ということが多いですが、そのほかにも心筋梗塞、脳梗塞を起こして亡くなることもあります。

熱い湯船につかった後の血液は非常に粘りがあり、血栓を作り血管をふさいでしまう可能性が高くなっています。

血液がドロドロの状態で脱衣所に入ると寒さによって血管が収縮してしまい、狭くなった血管に血栓がつまり、心筋梗塞、脳梗塞を起こし脱衣所で倒れて亡くなることがあります。

また、血栓が出来なくても、湯船によって下がっていた血圧が寒さによって、血管が収縮して血圧が高くなれば、脳の血管が破裂してもおかしくありません。

知らないうちに脳にできていた、脳動脈瘤がお風呂上りに破裂して、突然死なんて可能性もあるのです。

楽しみに入っていたお風呂は、とても危険な場所でもあるのですね。

○お風呂場で倒れるのは高齢者が多い!

お風呂場で倒れて亡くなる人の多くは、高齢者で血圧の乱高下に弱く失神を起こして溺死してしまう可能性が高い人です。

若い人であれば、失神して顔が湯船につかった瞬間に意識を取り戻して助かることもありますが、高齢者の場合は、反応が遅いので、意識を取り戻しても湯船から顔を上げられずに亡くなることもあるでしょう。

また、若い人は、血管も丈夫なので心疾患や脳疾患を起こしにくいのも、高齢者に多い理由です。

高齢者に多いのは確かですが、若者も全く危険性がないというわけではなく、熱い湯船につかれば、何歳であっても、意識障害を起こして眠くなるでしょう。

そのまま、運悪く顔が湯船につかり、そのまま溺れて溺死してしまう可能性も十分にあります。

特に高齢者は注意が必要ですが、若くても湯船で亡くならないように注意することをおすすめします。

○湯船で亡くならないようにするために

湯船で亡くなる原因は、寒さと熱さによって血圧が乱高下してしまうところにあります。

まず、重要となるのが、脱衣所に暖房機器を備え付けることで、日本では整備が遅れているために、諸外国よりも死者数が多くなっているとされています。

少しでも、お風呂場と脱衣所の温度差がなくなるようにしましょう。

また、湯船は暑くても、お風呂場も寒くなりがちなので、お湯を流すなどしてお風呂全体を温めておきましょう。

さらに、日本人は暑いお湯が好きなのですが、お湯が熱いと失神しやすくなりますので、適度な温度になるように調節しましょう。

お風呂は40度以上にすると人間の体に適していない温度で熱すぎますので、控えてください。

熱いお湯は、死亡リスクが高まるばかりでなく、疲れが増してしまいます。

疲れが取れているのは、勘違いであり、38度ぐらいで、ゆっくり湯船につかった方が疲れがとれるのです。

お風呂場での死者数は交通事故よりも多いことを知って、お風呂場では十分に注意して入浴しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク