夏だからこそ気を付けたいウイルス感染症!プール熱、手足口病、ヘルパンギーナなどなど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の感染症
夏になると気温が高くなり、海にプール、花火、夏休み(子ども限定)など楽しみなことが多くあるでしょう。

楽しいことがたくさんあって楽しい夏ですが、夏に発生する感染症には十分に注意しないといけません。

感染症は、寒くて乾燥している冬に多いイメージですが、夏でもウイルスはしっかり活動しています。

夏を楽しむためにも、夏の感染症の予備知識をつけておきましょう!

○夏は暑さで人間が弱ってしまう?!

夏の特徴といえば、気温の高さですが、外に出れば暑さで体から汗を大量にかいて体力が奪われてしまいます。

長時間、夏の暑さに晒されることで、体力が奪われて、だるくなる夏バテになってしまうという人も多くいると思います。

人間が夏の暑さによってバテている時、体の中にある免疫細胞も人間と同じようにバテてしまい活動が鈍ってしまいます。

夏バテ中は、外からウイルスが侵入してきても、免疫機能が弱いので、対処ができずにウイルス感染症になる可能性が高いのです。

そのため、夏はしっかり体力をつけておかないと、すぐに感染症にかかって夏を全く楽しめずに、ずっと風邪だった苦い思い出だけが残る可能性もあります。

また、厄介なことに、体力が落ちている分、治療にも時間がかかり、感染症の症状が長引くことも多いのですいのです。

夏の暑さで私たちが弱っている分、ウイルスは安易に侵入することができるようになっているのですね。

○夏を好むウイルスも存在する?

ウイルスといえば、乾燥と寒さを好み、高温と多湿が嫌いというイメージが強いですが、種類によって違います。

インフルエンザなどは、乾燥して寒い季節に流行しますが、すべての感染症のウイルスが冬を好むわけではありません。

年間通して感染者を出しているウイルス感染症も存在し、夏に流行するウイルスもあります。

私は何度か、夏に風邪をひいてしまったことがあり、暑さによるだるさと風邪によるだるさで回復が遅くなり大変な思いをしました。

冬に感染するウイルスよりも、夏は暑さなどにより体力を奪われるので、より治るのに時間がかかる可能性もあるのですね。

夏だから大丈夫だと思わずに、感染症かからないように対策を立てることが大切なのですよ。

○夏にかかるウイルス感染症の種類

夏に感染する可能性が高い感染症は、プール熱、手足口病、ヘルパンギーナ、マイコプラズマなどが挙げられます。

プール熱は、プールによる感染が多いためにつけられたアデノウイルス感染症ですが、プール以外でも感染することはあります。

予防方法としては、手洗いうがいが有効で、タオルやハンカチなどの共有を避けることで、感染を予防できるとされています。

プールの中で感染する病気は多い!だからプールはゴーグルをつけて病気の感染予防をしよう。

手足口病は、名前の通り、手足口に発疹ができるウイルス感染症で、手洗いうがいで感染症を予防できます。

手足口病と呼ばれる病気を知っていますか?手足口病は脳炎や心筋炎という重篤な症状になる可能性もある!

ヘルパンギーナは、夏風邪と呼ばれることもあり、高熱と喉の痛みが主な症状になります。

ヘルパンギーナは、免疫力が弱い幼児がよく発症する病気となっていますが、体力のある大人が感染することもあります。

子どもに感染することが多い夏風邪「ヘルパンギーナ」感染したら焦らずに対処することが大切!

このほかにも、夏に感染する感染症は多くあり、夏の暑さで弱った体に感染して、症状が長引いてしまうこともあります。

夏であっても、感染症には十分に注意してください。

特に幼児や高齢者は感染しやすいので、夏の暑さで体力が奪われないように注意しましょう。

○夏のウイルスに感染しないためには?

夏のウイルスに感染しないためには、しっかりと手洗い・うがいをすることで、手洗い・うがいは食中毒の予防にもなりますので、夏は特にしっかり行いましょう。

※冬でも春・秋でも、感染症に感染しないために手洗い・うがいはしましょう。

また、ハンカチを共有したり、タオルを共有したりすると、洗った手にウイルスが付くことがあるので、共有しないことをおすすめします。

さらに、夏の感染症の原因は、夏バテによって、免疫力が落ちることもありますので、体力が落ちないように、暑くて食べにくいですが、バランス良くしっかり食べて体力を維持することを心がけましょう。

免疫力が落ちなければ、夏の感染症にかかりにくくなり、感染しても早く治る可能性が高いです。

夏こそ、感染症にかからないように、しっかり予防しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク