40代からのロコモティブシンドローム予防方法!寝たきりの老後が勘弁なら今から運動を始めるべき!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロコモティブシンドローム予防方法
40代といえば、まだまだ、働き盛りで若いものには、負けないと思っている人も多いですし、仕事を今までの経験を活かしながら行っている人もいます。

ただ、健康面はというと、40代ぐらいから体のいたるところに軽い症状が出始めることも多く、このまま生活を改善しないと病気になってしまうのではと、心配になることもありますよね。

実際、40代では、半数以上の人がロコモティブシンドローム予備軍と呼ばれ、骨や筋肉が衰え始めている人が存在するとされています。

40代の働き盛りに、なんと、老後の寝たきり生活の魔の手は近くまで迫ってきているかもしれないのです。

○40代の8割はロコモティブシンドローム予備軍

ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)は、骨の機能や筋肉の機能が弱くなり、最終的に寝たきりになることをいいます。

誰でも起こりうる症状ではありますが、発症する年齢が早いほど寝たきりが早くなり、介護が必要となる可能性が上がります。

そして、現在の40代の8割がロコモティブシンドロームの予備群といわれていますので、恐ろしいところです。

もしかすると、私もロコモティブシンドローム予備群になりかけているかもしれませんが、今のところ大丈夫そうです。

筋力は30代から落ち始めるといわれているので、30代でも筋トレなどをしていなければ筋力は落ちていきます。

さらに、40代になれば、筋力はもっと低下していきますので、何もしなければ『ロコモ特急 寝たきり行』に乗りこむことになります。

年をとっても健康的な生活をするためには、40代からの体づくりが大切なのではないしょうか?

できれば、30代の筋肉が衰え始める前から、トレーニングした方が維持しやすいですが、40代からでも遅くありません。

また、50代、60代であっても、運動を始めることでロコモティブシンドロームの魔の手から逃れることはできるのです。

○振り返ってみよう!ロコモティブシンドロームの症状

最近、体力が落ちたような気がして、少しの運動なのに筋肉痛になるなという人はロコモティブシンドローム予備軍の症状がでているのかもしれません。

ロコモティブシンドロームの症状を知って、どのぐらい筋力が落ちてしまっているのか知りましょう。

もしかしたら、日々の運動不足によって、ロコモティブシンドロームが進行しているかもしれませんよ。

15分程度歩くだけで疲れてどこかに座りたくなるという人はいませんか?

そんな方は足の筋肉が弱っている証拠で、ロコモティブシンドローム予備軍だと考えられます。

そして、歩く速度が速いほど健康寿命が長いとされ、15分歩いている間に、何人もの人に抜かされたら、足腰が弱っている証拠と考えらます。

さらに、小さな段差によく躓くのは、しっかり足を挙げられていない証拠で、危険な症状の一つです。

自宅では、片足立ちでスムーズに靴下を履くことができるかで、ロコモティブシンドロームの診断が可能で、ロコモティブシンドロームの場合は、足の筋力が衰えることで、片足立ちが難しくなりますので、片足で立つとバランスを崩して、こけてしまいます。

私のように、片足立ちで絶対にこけないという自信があればいいですが、こけてケガをすることによって、入院してさらに筋力が衰えることもありますので、できれば周りに補助が付いてから、片足で靴下を履いてみてください。

○ロコモティブシンドロームを予防することができるの?

ロコモティブシンドロームを予防するためには、自分で運動して筋肉と骨を鍛えるしかありません。

特に、事務職などの動く機会が多くない職業は、ロコモティブシンドローム予備軍になりやすいのでより運動をしないといけません。

近年では、体を動かす職業は減ってきているので、ロコモティブシンドローム予備軍の患者は増えているのかもしれませんね。

私も体を動かすことが少なく、このままだとロコモティブシンドローム予備軍になるかもしれませんので、一緒に頑張りましょう。

もっともよい予防方法は、スポーツを始めることで、筋トレもロコモティブシンドロームを予防する効果的なトレーニング方法ではありますが、室内でダンベルを持っていても面白くもないので、好きなスポーツを始めましょう。

基本的にスポーツであれば何でもいいですが、マインドスポーツ(将棋、囲碁、チェス)などはロコモティブシンドロームの予防にならないので注意してください。

ただし、マインドスポーツは、認知症の予防として最適です。ちなみに、普通のスポーツも認知症の予防になります。

スポーツといわれても、してみたいスポーツがどうしても思い付かないという人は、散歩をしてください。

風景を見ながら行う散歩なら、ダンベルよりは楽しいですし、すぐに始められるので悩む必要性もありません。

自分がやりたいと思うスポーツが見つかるまでは、散歩を続けましょう。

散歩が好きになったら、スポーツではなく、散歩をそのまま続けるのも良いと思います。

ロコモティブシンドロームの魔の手は、40代の人には、すでに迫ってきていますので、すぐに魔の手から逃げるためにも運動をしましょう。

運動をすることで、ロコモティブシンドロームは簡単に予防することができますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク