子どもが風邪の後に急に耳の痛みを訴えたら急性中耳炎を発症している可能性が高い?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中耳炎
子どもは大人に比べて免疫力が低いので、よく風邪をひいてしまいます。

風邪をひくだけならよくあることですが、風邪をひくと同時に急性中耳炎を発生することがあります。

私も小さいころに、急性中耳炎を発症したことがあるようです。

風邪と耳は関係なさそうなのに、なぜ、風邪をひくと中耳炎を発生してしまうのでしょうか?

○口と耳がつながっているから中耳炎になる!

耳といえば音を感じるとる器官であり、口や鼻とは全く関係がない場所と思っている人もいるでしょうが、口と耳と鼻と目はつながっているのです。

例えば、高所に行ったときに、圧力によって耳に圧迫感を覚えたときに、あくびをして耳抜きをした経験はないでしょうか?

あくびをして耳抜きができるのは、口と耳がつながっているためになります。

口と耳と鼻と目は、つながっているわけですから、口にいるものは耳にも侵入する可能性があり、風邪をひいて細菌が侵入したときに咳の圧力で、耳に侵入することもあります。

細菌が耳に入って増殖すると、耳の中で炎症を起こして、急性中耳炎を発症することになります。

このほかにも、稀ですが血液を介してウイルスが中耳炎を発症させることもあります。

中耳炎は、鼓膜の内部なので、基本的に口などから細菌やウイルスが侵入するのですが、まれに綿棒や耳かきで鼓膜に穴をあけた際に、耳から細菌が侵入して急性中耳炎を発症することもあります。

ただ、綿棒で鼓膜に穴をあけた段階で、痛みがあるので中耳炎になる前に病院に行って診察してもらうことになると思います。

○急性中耳炎が子どもに発症しやすい理由

大人になって急性中耳炎を発症したという人は、少ない傾向にあります。

口と耳は、一本の細道でつながっているのですが、大人になるほど道が長くなります。

そのため、細菌も大人の中耳まで侵入するのは困難で年齢が幼いほど中耳炎を発症しやすいのです。

特に3歳以下の子どもに発症し、3歳までに8割の子どもが中耳炎に1度はなるといわれているのです。

3歳以下の子どもの場合、当たり前ですが中耳炎という言葉を理解していませんし、コミュニケーション能力も低いので、症状をうったえることもないかもしれません。

そのため、風邪の症状に気付いたとしても、子どもが中耳炎であることに気付かないこともあります。

実際、私は中耳炎に気付かれず治っていたことがありますが、場合よっては悪化することもあります。

中耳炎の痛みがある場合の応急処置として、鎮痛剤が飲める状態であれば飲ませ、痛む方の耳をタオルに巻いた保冷材で冷やすことで、ある程度の痛みを減少させることができます。

あくまで、応急処置なので、急性中耳炎になった場合には、早めに病院にいって診察してもらいましょう。

大人も発症する可能性がありますが、発症すると子どもよりも治りにくいといわれています。

○子どもの中耳炎に気付くためには?!

親は、子どもの風邪に気付いても中耳炎には気付かずに放置することも多いです。

痛みがあって泣く子どももいますが、風邪の症状が辛くて泣いていると思われることも多く、耳から膿がでてから、中耳炎に気付くこともあります。

そのため、風邪をひいたら中耳炎を起こす可能性があることを知っておくことが大切です。

風邪で機嫌が悪い場合もありますが、急性中耳炎は強い痛みがあるので、泣いたり、ぐずついたりする状態が長く続きやすいです。

そして、痛みのある場所を触ろうとするので、子どもの手が耳にいきがちになります。

泣いて、耳に手をやることが多い場合は、中耳炎の可能性が高いので、耳鼻科で診てもらいましょう。

さらに、膿が発生するものなので、耳の周辺に膿特有の臭いがある場合は、中耳炎を発症していると考えらえます。

また、鼻水を出している際に、青っ洟(黄色や緑の鼻水)が出ることも多いので、いつもとは

違う鼻水が出ている場合には、中耳炎が発生していないか気にかけておきましょう。

気になる症状がある場合は、耳鼻科を受診して診てもらった方がよいでしょう。

これらの症状から、中耳炎に気づくためには、子どもは風邪をひいたら中耳炎にかかるものということを知っておかないと難しいです。

小学生にあがると耳の痛みを自分からうったえてくれるようになりますので、急性中耳炎は比較的に発見がしやすくなります。

ただ、我慢していわない子どもも中にはいますので、耳に痛みがないか聞いてあげた方がよい場合もあります。

急性中耳炎は風邪とセットでよく発症する病気になりますので、子どもが熱を出した場合は、頭の片隅に覚えておいて対処してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク