蚊に刺された時の正しい対処方法!対処方法を間違ってしまうと痒みが酷くなりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蚊に刺されたときの対処
蚊に刺されて痒い思いをしたことは、誰でもあるのではないでしょうか?

私も毎年のように蚊に刺されており、足や手が腫れて痒みがでます。

虫に文と書いて蚊と読み、名前は「ぶーん」という羽音に由来とするとされるが、耳元を飛ばない限り、蚊の羽音を感知することはできないで、気づかないうちに刺されることが多いです。

結局のところ音で発見するよりも、たまたま目の前を横切ったりすることによって、蚊を発見することが多いです。

そんな、誰でも刺されたことがある蚊に刺されたときの正しい対処方法を実践しましょう!

○蚊に刺された部分が痒くなる理由は?

私は、蚊は人を刺して血を吸っているだけと思っていましたが、蚊は刺して血を吸っているだけではなく、刺す時に蚊は唾液を注入しています。

この蚊が注入する唾液が痒みの原因になっているのです。

私たちの血液には、凝固作用があり、怪我などをすると固まりますが、吸った血が固まると蚊自身が死ぬので、蚊は血液を吸う際に凝固を抑制する作用のある唾液を注入するのです。

つまり、体に異物が注入されてそれを排除するために、免疫機能が活躍して、腫れと痒みを起こすわけです。

血液の凝固を抑制する毒物といっても、蚊が注入する量はごく微量なので、致死量に達することはありません。

ただし、唾液にウイルスが混入している場合には、人を殺してしまう危険性もあります。

○蚊に刺された時に痒みを最小限に抑えるためには?

蚊に刺されて痒くなる原因は、蚊が注入した抗凝固作用がある唾液ですが、これは刺した時に注入するもので、吸血中は逆に体内に吸い込みます。

つまり、最も体内に唾液が多くなるのは、刺した直後で刺された時は血を吸い終わるまで待つ方が、蚊から受ける痒みを最小限に抑えることができます。

また、途中で逃げた蚊は体が軽いので、叩きにくいですが、血をいっぱい吸った蚊は血を吸って体が重いので叩きやすくなっています。

吸っている最中に逃げられるよりも、吸い終わってから逃げた蚊を叩く方が簡単で、痒みを抑えられることになりますし、口吻が刺さったままになる心配もありません。

吸血する前であれば、あたり前ですが、どんどん叩きに行くと良いでしょう!

その後、痒みを抑える塗り薬を塗って冷やすと良いとされています。

冷やすことによって、痒みが治まるのは、皮膚感覚の優先順位が冷たさの方が上のためです。

ちなみに、皮膚感覚の優先順位は、痛み>熱さ≧冷たさ>痒みといわれ、痒みは他の感覚があれば、痒みを減少させることが可能になります。

痒い所を爪で十字マークを付けることがありますが、これは痛みで痒みを抑えるためです。痒いよりも痛い方が嫌ですし、爪で患部が傷つく可能性があるので、私は十字をつけません。

他にも、レモン果汁をつける、アルカリ性の石鹸で洗うなどの方法があります。

痒いですが、蚊に刺されたところを掻くことは絶対にしないようにしましょう。

逆効果になり、もっと痒くなりますし、跡が残ることになりますよ。

○蚊の種類によって痒みに違いがある?

私たちが見る種類の蚊は、大きくわけて3種類で、イエカ、ヤブカ、ユスリカになります。

配色に特徴があり、赤や茶色はイエカ、白と黒の縞はヤブカ、緑はユスリカとなることが多いです。

このうち、緑のユスリカは蚊の仲間ではありますが、刺すことがありませんので、私は見逃してそのままにすることがほとんどです。

そして、イエカとヤブカは、人を刺してくる蚊ですが、痒みがヤブカの方が強いので、白黒の縞模様の蚊はきちんと撃退した方がよいでしょう。

特徴としては、イエカは夜間に家に侵入し吸血し、ヤブカは山や墓地などに多く生息する蚊になります。

朝起きたら、蚊に刺されて痒みがあるという場合は、イエカに刺された可能性が高いです。

夜間に行動し、私たちは寝ていることが多いので、蚊が家に侵入しないように対策するのがイエカの対策には重要になります。

ヤブカよりもイエカの方が痒くないですが、結局痒いので、私はどちらも叩きます。

○蚊と病気の関係性

蚊は伝染病を運ぶ虫として有名ですが、日本で運ぶのは、日本脳炎ウイルスで、刺されても100人~1000人に1人しか発症せず、予防接種をしているので問題ないとされています。

もし、テング熱やマラリアなどが侵入してきた場合には、ウイルスに合わせて対策を取る必要性がありますが、現在は蚊に刺されてもそれほど問題にはなりません。

他に気を付けてほしいのは、蚊アレルギーで、蚊に刺されることによって、ひどく腫れてしまうことがあります。

蚊に刺されて、普通の人よりも腫れる場合は、蚊アレルギーの可能性があるため、一度、病院に行くことをおすすめします。

蚊アレルギーの疑いがある人は、一度皮膚科に受診しましょう。

蚊に刺された時は、掻かずにすぐに薬を塗って冷やして対処ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク