肝臓がんの原因であるC型肝炎は血液によって感染する!新薬ハーボニーでC型肝炎は治る病気になった?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

C型肝炎
人の体の中で最大の臓器は肝臓であり、肝臓は機能が非常に多いことで知られ、代謝、排泄、解毒などの重要機能があり、計500以上の機能があることがわかっています。

そんな優秀な臓器である肝臓を、がん化させてしまう恐いウイルスがおり、その恐いウイルスとは「肝炎ウイルス」といいます。

そして、肝炎ウイルスといっても種類があり、特に問題となるのが、C型肝炎ウイルスで肝臓がんの6割はC型肝炎に持続感染することによって発生するといわれているのです。

肝臓がんにならないためにも、C型肝炎ウイルスはどのような経路で感染するのかを知っておきましょう。

○C型肝炎は血液によって感染する!

C型肝炎の感染経路は、ほとんどが血液感染であり、血液以外での感染はほんどないとされています。

現在、主な感染経路がわかったため、医療機関では対策が施されていますが、対策が不十分な時代に輸血などを受けた際に感染してしまっている人が多くいます。

主な感染経路は、1992年(平成4年)以前に輸血を受けた人や、1988年(昭和63年)以前の血液凝固因子製剤・1994年(平成6年)以前のフィブリノゲン製剤を使用されたことがある場合はC型肝炎に感染している可能性があります。

血液凝固因子製剤・フィブリノゲン製剤は、止血剤として使用され、帝王切開や血友病に使用されていました。

その他には、予防接種などの注射器の使いまわしも、C型肝炎の感染の原因になりました。

現在では、感染者が出ないように対策がされており、医療機関に受診してC型肝炎を感染する可能性はありません。

また、母子感染・性交渉によって感染する例は0ではありませんが、ほとんどありません。

○新規感染者は、タトゥーやピアス、覚せい剤使用者?!

現在、新しくC型肝炎ウイルスに感染する人は、不衛生な環境や適切な処理が行われていない場所で行われるタトゥーやピアスによって感染するとされます。

ピアスやタトゥーは針を使いまわすことがあるので、新しい感染者が発生するとされ、管理がきちんとされている所でなければ危険です。

ピアスであれば、医療機関で開けてもらった方が感染する可能性は少ないでしょう。

また、違法行為にはなりますが、覚せい剤を使用する人も肝炎ウイルスに感染しやすいとされ、注射器を使いまわすことで、肝炎ウイルスに感染してしまうことになります。

どれも、自分できちんと管理できれば、感染する可能を無くすことができる物になります。

特に覚醒剤は違法行為ですので、絶対にやめていただき所です。

○肝臓は強い臓器で感染に気付いていない人も多い?

肝臓は、非常に強い臓器で少し機能が弱くなったとしても、問題なく機能し続けることができ、私たちは異常を感じることもありません。

また、C型肝炎ウイルスに感染しても、急に肝臓の状態が悪くなるわけではなく、何年もかけてゆっくり肝臓が悪くなっていくので、感染症に気づくのは遅れる傾向にあります。

そのため、肝臓は沈黙の臓器といわれ、肝臓がかなり悪くなってからC型肝炎が発見される例もあります。

年齢が上がるにつれて、感染者が増加するといわれており、現在は、症状がでていなくても感染している人は多くいます。

症状が進行してから発見されても遅いので、気になることがあれば一度感染していないか検査した方が良いでしょう。

C型肝炎ウイルスの検査は、保健所で無料で受けられる場合も多いので、一度受けてみることをおすすめします。

そしてC型肝炎は治る病気になってきています。

○C型肝炎の新薬ハーボニーは非常に優秀!

C型肝炎は、肝臓がんの原因になるウイルスとして知られていますが、治る病気であるとされ、新薬であるハーボニーでほぼ100%完治するといわれています。

頭痛などの副作用があるとされていますが、3か月間のみ続けることで、完治し進行しなくなります。

また、現在では、ほとんどの感染経路が経たれているので、再度感染することはないでしょう。

欠点としては、薬の値段が高いことで、3か月で6万円ものお金がかかります。

国が負担しているので、6万円ですが本来であれば600万円ほどお金がかかります。

また、処方の際には専門医に診てもらう必要性があり、処方が適さない場合もあるかもしれません。

さらに、ハーボニーはC型肝炎ウイルスを撃退しますが、肝臓の状態を元に戻すわけではないので、肝硬変などになっていると、元に戻らない可能性があります。

ただし、ウイルスが無くなれば、進行が止まるので肝硬変から肝臓がんに進行する可能性が低くなります。

そして、ウイルスがいる状態で肝臓を移植すると、ほとんど再発しますが、ウイルスがいなくなってから肝臓を移植すると、再発のリスクを無くすることができます。

肝臓は、回復が早く移植してもらうことができますので、ハーボニーでウイルスを撃退し、肝臓を移植することで完治することも可能です。

C型肝炎は、進行する前に治した方がいいので、C型肝炎に感染していないか一度検査を受けてみてはどうですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク