解熱剤はあまり使わない方が体にとって良い?熱が上がるのは病気に対抗するための正常な反応!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

解熱剤
ウイルス感染症に感染し、発熱してしまうことは非常に多いです。

平熱は人によって違うので、風邪を引かなくても常に37度を超えている人もいるようですが、一般的には、37度を超えると熱があるといわれることが多いようです。

私も、病気で年に1、2回ほど、37度を超えることはあります。

熱がある際に飲まれる薬といえば、解熱剤になりますが、解熱剤は体のことを考えるとあまり飲まない方が良いかもしれません。

○発熱と免疫機能の関係

ウイルスが体に侵入すると発熱しますが、これはウイルスが体に作用することによって熱が上がっているわけではありません。

発熱をするのは、ウイルスに対抗するためのもので、体温が上がるほどウイルスにとって住みにくい環境になるので、私たちの体がウイルスに対抗するために、わざわざ体温を上げているのです。

一般的に39度の体温になると、ウイルスは増殖しなくなるとされ、体温が上がるということは病気の悪化を抑えてくれていることになります。

体内にウイルスが存在していれば、体温は高い状態に保たれ、ウイルスが増殖しないようにして、免疫機能を使ってウイルスを撃退することになります。

また、免疫機能は38.5度が最も活性化するといわれており、風邪が早く治るとされています。

逆にウイルスにとって住みやすい温度は、37度前後とされ平熱や微熱はウイルスにとって好条件といえるのです。

そのため、むやみに解熱剤を使用すれば、感染症を悪化させたり、長引かせることになるのです。

○解熱剤が存在している理由は?

免疫機能をより働かせ、病気を早く撃退することを考えると、解熱剤はあまり必要な薬ではないとされています。

しかし、長時間発熱することによって、多くのエネルギーが消費されるため、体のだるさを感じることがあります。

解熱剤は、体温を抑えることによって、体のだるさを軽減させるための薬なのです。

解熱剤には、ウイルスを退治する効果はなく、熱が出る体の反応を抑えているだけなので、解熱剤で熱が治まったからといって、病気が治ったわけではありません。

そのため、解熱剤が切れると再度、熱が上昇することもあるのです。

解熱剤を使うのは、熱が上昇しすぎて、体がだるいと感じている時だけで、なんとなく飲む薬ではないのですね。

また、熱が治まったからといって、騒ぐと体力が奪われてより体調を崩すこともあるので注意が必要です。

○高熱なら解熱剤を使う必要は出てくる!

解熱剤を使う必要性がでてくるのは、体温が高すぎる時で、一般的に39度を超えてくると体温が高いと考えてよいでしょう。

個人差はありますが、38.5度前後が最も免疫力が高いので、38.5度前後の場合は解熱剤を飲まずに様子をみて、体温が上がり過ぎないように注意するのが大切になります。

様子みて、体温が高くなりすぎた時には、解熱剤を飲ませると良いとされます。

元々、平熱が35度程度であれば、38度になった時点でかなり体調が悪くなってしまうことがあります。

解熱剤が推奨される体温でなくても、発熱によりだるくて体調が悪いという場合は、解熱剤を飲む必要性がある場合もあります。

発熱が我慢できる程度であれば、我慢してもよいですが、倒れないようにしてください。

あまりだるさを感じていない場合であれば、私は39.5度まで解熱剤は飲まないですが、人によってだるさや平熱には個人差があるので飲むタイミングに注意しましょう。

死の危険性がある体温が42度以上といわれますので、40度前後なら熱による死の危険性はあまりないとされます。

ただし、40度前後でも脳炎などの合併症になっていると、亡くなることもありますので、40度前後で激しい頭痛などがある場合は注意が必要となってくるでしょう。

○高齢者や子どもなどの体力が少ない人は、低めに飲む場合もあります。

39度であっても、体力がある人は食欲不振などが出るでしょうが、頭痛などが無ければ、動ける人もいるでしょう。

しかし、高齢者や子どもは、体力があまりないので、高熱に耐えられない場合もあります。

そういった、場合には解熱剤を早めに飲むことも必要です。

解熱剤を飲むべきなのか、薬を貰う際に担当の医師に聞いておくのも良いかもしれません。

また、就寝前に体温が高いと睡眠を妨げて、睡眠不足になることがあり体力を奪い体に悪いので、睡眠前はよく考えて薬を飲みましょう。

私は、睡眠前には自分が基準にしている温度より0.5低い値なら解熱剤を飲みます。

発熱は、病気を治すために重要な体の機能です。

むやみに解熱剤を使うのは良くありませんが、時と場合によって対処方法が異なってきます。

解熱剤を飲む時は、体調、平熱、状況などを考えて、臨機応変に対応していくことが大切になります。

病気を早く治すために、よく考えて解熱剤を飲むようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク