最も長生きをする体型は中肉中背?人間は痩せすぎていても太り過ぎていても健康を害する可能性がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中肉中背
太っている人ほど健康に悪いといわれ、痩せている方が健康に良いといわれることが多いですが、最も長生きするのは、体に少し脂肪のある中肉中背の人であるといわれています。

私は、標準的な体型をしていますが、標準体型よりも少し太った方が健康に良いのです。皆さんはどんな体型をしているでしょうか?

太り過ぎは、体に悪いですが、少しなら脂肪がついていたほうが健康的なのです。

体型のことを知っておくことが、健康で長生きをする秘訣になるかもしれませんよ。

○痩せている人が中肉中背よりも亡くなりやすい理由

痩せていることは健康に良いというイメージがついていると思いますが、痩せている人は必要な栄養素が摂れていないことがあります。

そのため、栄養失調による体調不良を起こしやすく、免疫機能が低下し、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。

痩せている人の中には、体力がないという人が多いですが、体力がないからこそ、病気に打ち勝つ力が弱くなってしまうのです。

また、痩せている人は、栄養不足によって、神経伝達物質であるセロトニンが減少しやすく、うつ状態やうつ病になりやすくなるともいわれ、精神的な影響も起こしやすくなります。

スリムな体型を維持するために、積極的に食事を制限すると、病気になりやすくなるので、痩せすぎには注意しましょう。

痩せている人は、肥満の人よりも亡くなりやすいといわれていますよ。

一般的に痩せている人は、BMI18.5未満の人のことをいいます。

身長と体重からBMIを測定して、痩せている人は食べて運動して体型を標準体型することを目標にしましょう。

BMIの測定方法は、体重kg÷(身長m×身長m)になります。

計算の際にcmで計算すると桁がずれるので、身長が165cmであれば、1.65で計算するようにしましょう。

○肥満も死を招く危険性が高いとされます。

中肉中背が長生きしやすいといいましたが、肥満が許されているわけでなく、標準体型よりも少し重たい体型が良いとされています。

肥満は、食べ過ぎによる高血圧や動脈硬化によって、血栓症になりやすく、心臓病や脳血管疾患などで死亡する可能性が高く、標準体型よりも亡くなる可能性が高いとされています。

そのため、中肉中背は良いですが、肥満体型であれば亡くなるリスクは高いので、勘違いしていけません。

その他にも、糖尿病やメタボリックシンドローム、がん、睡眠時無呼吸症候群など多く病気を発症しやすくなるので、肥満体型はお勧めできません。

また、肥満になるほど亡くなるリスクが高くなるので、肥満の人はダイエットを始めることをお勧めします。

BMIが30以上になっている人は、肥満になりますので健康のために痩せるようにしましょう。

○標準体型よりも中肉中背の方が少し長生きしやすい

BMIでの標準体型は18.5~25未満になりますが、最も亡くなりにくいのは、BMIが25前後といわれ、標準体型と肥満の間ぐらいが最も長生きできるのです。

女性の場合は、25よりも1~2ほど下がる程度が最も亡くなりにくいといわれ、少し体に脂肪がついている人の方が長生きできるということがわかります。

ただし、標準体型と死亡率の誤差が大きいわけではないので、標準体型であるという人は、わざわざ中肉中背を目指す必要性はありません。

肥満の人は、中肉中背を目指した方が良く、痩せすぎている人は、標準体型を目指すことを推奨します。

標準体型もしくは、少し肥満が最も長生きをしやすい体型なので、ずれていると感じる人は今のうちから修正することをお勧めします。

○生活環境によっては中肉中背でも健康に悪い場合もある

体に異常が無ければ、中肉中背が最も長生きするのですが、食べ過ぎが原因で脂肪肝や、高血圧、動脈硬化が起きていれば亡くなるリスクが高くなります

何も病気が無い中肉中背が長生きするのであって、中肉中背が原因で病気がある場合は、中肉中背でも対処する必要性があり、医師にダイエットをするよう指摘された場合は痩せないといけません。

人によって最も健康に良い体型は違いますので、血液検査などで異常がでた場合には、適切な体型に維持をすることを心がけましょう。

一般的に中肉中背が亡くなりにくくても、すべての人に当てはまるわけではありません。

長生きをしたいと人は、自分の健康体型を気にしてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク