乳幼児突然死症候群(SIDS)が発生する原因は?赤ちゃんが元気でも安心できない突然死がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳幼児突然死症候群(SIDS)
元気だった赤ちゃんが、事故や病気などに関係なく、突然、亡くなる病気を乳幼児突然死症候群(SIDS)といいます。

日本では6000人~7000人に1人の割合で発症するといわれ、生後2ヶ月~6ヶ月の乳幼児に多いことがわかっています。

乳幼児突然死症候群の要因になる物は、わかっていますが、なぜ突然死を起こしてしまうのかは、はっきりしたことはわかっていません。

だから、生まれたばかりの赤ちゃんが亡くならないように、十分に注意しなくてはなりません。

○乳幼児突然死症候群は前触れがない?!

乳幼児突然死症候群の恐ろしい所は、今までは元気だった赤ちゃんが、突然、亡くなるところにあります。

乳幼児突然死症候群を発症する前に、何らかの症状を起こすことはなく、眠っている赤ちゃんがいつの間にか息をしていないことが多いのです。

乳幼児突然死症候群には、前触れがありませんので、救急車などを呼ぶ暇もありません。

乳幼児突然死症候群は、発症のリスクを減少させる対処法しかないのです。

乳幼児突然死症候群は、男児、女児に関係なく発症し、乳幼児の死亡原因の3位になります。

どの赤ちゃんが発症するかわかりませんので、できるだけ発症のリスクを下げる努力をしましょう。

赤ちゃんを守ってあげることができるのは、周りの大人だけですよ。

○赤ちゃんは仰向けで寝かせることが大切!

乳幼児突然死症候群は、うつ伏せで寝ると高まるとされ、赤ちゃんは仰向けで寝かせることが大切になります。

うつ伏せで寝かせて、乳幼児突然死症候群が起こるのは、「布団により空気の通り道が小さくなり、呼吸が浅くなる」「赤ちゃんの肺が圧迫されて呼吸が浅くなる」「眠りが深くなりやすく、呼吸を止めてしまう」などが考えられています。

詳しくはわかっていませんが、うつ伏せで眠らせることは、乳幼児突然死症候群のリスクを高めるとされています。

赤ちゃんをうつ伏せで寝かせるのは、病気などによって、うつ伏せで寝かせることが推奨されている場合になります。

また、うつ伏せで寝かせるとことで、布団が口を完全に防ぎ窒息死することもありますので、うつ伏せで寝かせないでください。

どうしても、うつ伏せで寝かせないといけない場合は、目を離さないようしましょうね。

○タバコは乳幼児突然死症候群のリスクを高める?!

タバコには、多くの有害物質が含まれており、親がタバコを吸っていると乳幼児が受動喫煙をしてしまい、乳幼児突然死症候群を起こしやすくなるといわれています。

両親がタバコを吸っている家庭の乳幼児は、一般家庭の乳幼児よりも約5倍、突然死を起こしやすくなるといわれています。

乳幼児にタバコの煙を吸わせなければいいと思うかもしれませんが、タバコを吸った後の呼気には、タバコの煙が含まれており、衣類にもタバコの有害物質が付着するので、赤ちゃんの周りでタバコを吸わないだけでは、予防することができません。

また、母親がタバコを吸うと母乳にニコチンが混ざるので、赤ちゃんに受動喫煙させないようにしても、乳幼児突然死症候群のリスクが高まってしまいます。

タバコを吸った後に近づく場合は、外でタバコを吸って30分程度呼吸をして呼気の有害物質が減ってから触れ合うようにしましょう。

母乳にもニコチンが混ざるので、乳幼児に周りだけでなく、母親の周りでタバコを吸ってもいけません。

乳幼児がいる家庭では、タバコを辞めることをおすすめします。

○母乳で育てると免疫が高まり突然死のリスクが減少する!

母親の母乳には、赤ちゃんが必要な栄養素が沢山含まれており、母乳で育てることで免疫力が高まり、元気に育つとされています。

そのため、乳幼児突然死症候群のリスクを下げたい場合は、できるだけ母乳で育てることが大切になってきます。

粉ミルクが乳幼児突然症候群のリスクをあげているわけではありませんので、粉ミルクをあげてはいけないわけではありません。

母親がヘビースモーカーの場合は、粉ミルクの方が安全かもしれませんが、生後1歳になるまでは控えることをおすすめします。

また、両親がタバコを吸っている家庭の子どもは、大人になってからタバコを吸う可能性が高くなる傾向にありますので、子どものこれからの健康のことも考えて、子どもが生まれたタバコを辞めることをおすすめします。

乳幼児が突然亡くなることが無いように、周りの大人が注意しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク