お酒を飲んで眠ると浅い睡眠になることが多い!?睡眠薬の代わりとしてお酒を飲んではいけない?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝酒
お酒には、いろいろな特徴がありますが、その一つに眠りにつく時間を短縮させる効果があり、お酒を飲むことによって眠りにつくのが早くなり、睡眠前に飲むお酒を寝酒といいます。

本来、お酒は睡眠薬として使用される物ではなく、飲んで楽しむ嗜好品になりますが、寝る前に飲んで睡眠薬の変わりに使用する人もいます。

海外の人に比べて日本では、寝る前に睡眠薬の代わりとしてお酒を飲む人が多いとされておりますが、あまりおすすめできない行動です。

なぜお酒を飲んで眠ると良くないのでしょうか?

○お酒は眠りつくのを早めるだけで良い眠りにするものではない!

お酒が睡眠の補助として使用される理由は、お酒に鎮静効果と睡眠促進効果があるとためとされています。

お酒の効果によって、すぐに寝付くことができるため、眠りに入るのが難しい人がお酒を飲んで眠ることになります。

お酒には眠りを早くする効果はあるのですが、睡眠を早くするだけで睡眠の質を良くする効果は全くありません。

寝酒は、逆に睡眠の質を悪化させるためおすすめできません。

○お酒には中途覚醒作用があるので睡眠途中で起きる可能性がある

お酒は睡眠を早くする効果がありますが、それと同時に中途覚醒作用があるとされ、眠りについた数時間後に眠りから覚めてしまう可能性があります。

また、眠りから覚めないまでも、軽く覚醒しているため、睡眠の質が低下して疲労回復が上手くできないこともあります。

お酒を使用した睡眠は、質の良い睡眠とはいえず、体に負担になってしまうことが多いのです。

目覚めが良く朝早く起きることもありますが、これもお酒が切れて覚醒してしまっただけで体に良い事ではありません。

寝酒は、睡眠の質が低下するので、朝早くに起きることができても、だるさや疲労感を覚えることになります。

このように寝酒は睡眠の質を低下させるものになります。

○睡眠前にお酒を飲むことが習慣になると危険?!

寝酒の恐ろしい所は、何度も寝酒をすることによって習慣化して、睡眠前には必ずお酒を飲まないといけなくなることです。

最初は、疲れた日などに睡眠を早めるため、使用されることが多いですが、次第に日常的に睡眠前に使用するようになり、最終的には睡眠前にお酒を飲まないと眠れなくなることがあります。

お酒を飲んで眠る際は、睡眠の質が低くなりますので、体にかかる負担が大きく、日常的に寝酒をすることによって睡眠不足による不眠症になり、疲労感やだるさが抜けなくなります。

また、一度寝酒が習慣化すると治りにくいため、寝酒の習慣が続くことになります。

お酒が無いと数時間ベッドの中で眠りにつくことができないという人もいます。

だから、どんなに疲れていても、お酒を睡眠薬の代わりに飲むことはおすすめしません。

○不眠症に悩まされているならお酒じゃなく睡眠薬を飲もう!

日本では、睡眠薬は怖いから寝酒に頼ろうという人がいますが、実際は睡眠薬よりも寝酒の方が怖い物だということはあまり知られていません。

睡眠薬は、大量に服用すれば怖いものですが、用法用量を守れば全く問題なく、大量に摂取すれば死に至るのは、お酒も同じであり、睡眠薬が怖いという印象はテレビのイメージによるものが大きいとされます。

また、病院では最初から強い睡眠薬は処方しないので、お酒よりも安全性が高いといえます。

ただし、寝酒をしている人はアルコール依存症である可能性があり、睡眠薬と一緒に酒を飲んでしまうことがあり、お酒と睡眠薬の組み合わせは危険行為なので、絶対に行ってはいけません。

だから睡眠薬を処方してもらった、お酒と睡眠薬を一緒に服用しないでください。

○睡眠薬がほしい場合は何科を受診すればいいの?

不眠症に悩まされている人は、お酒に頼るのではなく病院を頼るようにしましょう。

不眠症に悩まされている場合に診察するのは、一般的に心療内科や精神科、不眠症外来などになります。

直接、心療内科や精神科には行きにくいという人は、かかりつけ内科を受診しましょう。

かかりつけ内科であれば、軽い睡眠薬を処方してくれる場合や、心療内科や精神科への紹介状を出してくれます。

かかりつけ内科に紹介状を書いてもらうことで、心療内科や精神科に行きやすくなるのではないでしょうか?

近年では精神的な病は一般的にものとなっており、誰でもかかる疾患とされ、精神科や心療内科にかかることは普通のことになっています。

そんなに気にするような場所ではありませんので、気軽に受診することをおすすめします。

寝酒は体に負担をかける行為になりますので、すぐにやめるようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク