麻の実(ヘンプシード)には健康に良いαリノレン酸がたっぷり?!スーパーフードの麻の実で健康になっちゃう?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻の実(ヘンプシード)
麻といわれて最初に思いつくのは何でしょうか?

衣料品や薬物のイメージが強いような気がしますが、麻の種は食品としても使用され栄養価が非常に高いといわれています。

あたり前ではありますが、食品として使用される麻には薬物の効果はなく安全で、料理などに使用されることも多いです。

ただし、日本では麻を許可なく栽培できなので、多くは輸入された麻の実を使用し、栽培できないように加熱処理してあるのが一般的です。

ちなみに、麻自体はいろいろなところに自生しており、昔からいろいろな物に活用されてきました。

探せば、麻を見つけることができるでしょうが、見つけて家に持って帰り育てると違法なので探して育てないようにしましょう。

育てたところで、自生している麻に麻薬の効果はほとんどありませんが違法です。

○麻の実は健康成分であるαリノレン酸が豊富に含まれている

麻は麻薬のイメージがあり、悪い印象を与えることもありますので、ヘンプと呼ばれ区別されることも多く、麻の実はヘンプシードと呼ばれています。

麻の実は、油分が多く絞ると油がでてくることが知られており、健康に良いαリノレン酸と呼ばれる油が豊富に含まれています。

αリノレン酸は、血液をサラサラにする効果があるとされ、麻の実を食べることで、動脈硬化や高血圧を予防できるとされています。

さらに、αリノレン酸はうつ症状を減少させ、老化を予防する効果もありますので、健康を維持するためにとても重要な成分となっています。

現在、精神病は多くの人が悩まされているとされており、αリノレン酸を摂取することで予防することができます。

また、アレルギー症状を減少させるので、アレルギーがある子どもに食べてほしい食材でもあります。

食品として使用されている麻の実は、麻薬の効果は全くなく安全な物であり、加熱などの加工もされているので、育つことはありません。

健康に良い成分が多く含まれているますので、健康のことが気になる人は食べてみましょう。

○麻の実はタンパク質も豊富に含まれている

麻の実は、体を作るうえで重要な物質であるタンパク質を豊富に含んでおり、バランスも良いとされています。

畑のお肉ともいわれ、タンパク質が豊富なイメージがある茹でた大豆と麻の実では麻の実の方がタンパク質の保有量が多く、タンパク質を積極的に取りたいと感じた場合は大豆よりも効果的だともいえるのです。

しかも、麻の実は大豆ではありませんので、大豆アレルギー人でも食べることが可能となっており、アレルギーを抑える効果もあります。

そのため、大豆アレルギーで植物からのタンパク質が摂れないという人におすすめしたい食品なのです。

○ミネラルも食物繊維も豊富に含まれている

健康に良い油とタンパク質が豊富に含まれている麻の実ですが、ミネラルと食物繊維も豊富に含まれています。

多くの人が不足しがちな、鉄分や亜鉛、銅、マグネシウムも含んでおり、麻の実を食べることでミネラル分の補給になり、不溶性食物繊維を豊富に含んでいるので、老廃物を吸着して体外に排出する力もあります。

不要な物の吸収を抑え血液をサラサラにする効果があるので、健康的なダイエットをする時におすすめしたい食材で、腸内環境が悪くなるのを防ぐので、肌荒れやニキビなどの予防効果も期待できます。

○麻の実は気づかない間に食べている人も意外と多い?

麻の実の味は、ナッツに近い味といわれており、ナッツ系が好きなら多くの人が食べることができるでしょう。

麻の実を食べたことがないと思っている人も食べたことがある可能性が高いのです。

七味唐辛子に入っている大きな黒い種が麻の実で、七味唐辛子を食べたことがある人は、麻の実を食べたことがあると思われます。

その他にも薬味や調味料として使用されることもあり、気づいていない間に食べている人は多いです。

麻の実がスーパーでみつからなければ、通販などで購入するしかないかもしれません。

そして麻の実よりヘンプシードという名前で検索した方がいいと思います。

パウダー状になっている物ありますので、いろいろな物に入れたい場合はパウダー状の物を購入すると良いでしょう。

健康のために麻の実を食べてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク