頬杖をつく人は筋肉が衰えて体に悪影響がでる?!頬杖は顎の負担にもなるのですぐにやめるべき?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほおづえ
パソコンに向かっている時や、考え事や休憩をしている時に頬杖をついている人をよくみかけます。

人間の頭は意外に重く、成人では約5kgの重さがあるとされ、11ポンドのボーリングの球と同じ重さになります。

この重たい頭を支えようと、頬杖をつくことになるのですが、重たいので体にいろいろと負担がかかってしまいます。

頬杖の問題点を理解して頬杖をつくのをやめませんか?

☆人間にとって最も良い姿勢は背筋を伸ばすこと

人間の背骨は、緩やかにS字を描いており、一つ一つに骨にかかる負荷を分散させています。

そのため、人間にとって最も負担が少ない姿勢は、背筋を伸ばして緩やかにS字描かせることであり、猫背になったり頬杖をついたりする姿勢ではないのです。

ただし、背筋を常に伸ばして置くためには、背筋がある程度、緊張しておく必要性があり、感覚的には意外と大変になっています。

そのため、私たちは背筋を緩めて重力に任せて猫背にしたり、頬杖をついてしまったりするのです。

背筋の緊張が解けている分、感覚的には楽かもしれませんが、意外にも肩の筋肉や背筋が引っ張られて人体に負担がかかっていることがあります。

結果、腰痛や肩こりを発症することもあり、感覚的に楽な姿勢と体的に楽な姿勢には違いあるのです。

頬杖は、感覚的には楽な姿勢ですが、肉体的に負担は大きく、放置し続ければ体に悪影響が出てくる可能性があります。

だから体に負担をかけないために、頬杖を止めるようにしましょう!

☆頬杖をすることによって発生する体の悪影響

頬杖は、楽な姿勢ではありますが、骨格の問題であまり健康には良くないことがわかっています。

頬杖を続けることによって発生する人体の問題について考えてみましょう!

○頬杖を続けると背筋が弱って猫背を発症する

頬杖をつくことで、背筋がうまく使われなくって、背筋の筋力が衰えたり、筋力がつかずに正しい姿勢の維持が難しくなったりします。

そのため、日常生活でも腰が曲がるようになり、猫背を発症してしまうことになります。

猫背になると自信がなさそうに見えて、相手に与える印象が悪くことが多く、対人関係で不利になることもあります。

さらに、相手の印象だけでなく、体に悪影響があり、肩こりや腰痛、頭痛などに悩まされることもあります。

特に片手で行う頬杖は、バランスが悪くなって、猫背と背骨のゆがみまで起こすので、やめることをおすすめします。

○頬杖をつくと顎に大きな負担がかかる

成人の頭の重さは5kgだといいましたが、頬杖をすればすべての重さが顎(頬)にかかります。

首の骨は重さがかかることを想定しているので大丈夫でしょうが、顎は重さがかかることを想定していないので、頬杖をすれば顎の骨は少しずつ変形していきます。

変形するとかみ合わせが悪くなったり、顎関節症を発症したりすることになります。

また、負担がかかるのは顎だけでなく、ほほの筋肉や肌にも負担がかかるので、肌のたるみやしわの原因になることもあります。

多くの場合は、片側で頬杖をつくので、肌の老化が片側だけに現れ顔のバランスが悪くなることもあります。

顎や肌のことを考える場合は頬杖をやめるようにしましょう。

☆頬杖が癖になっている人も多いですよ。

頬杖を行っているつもりが無くても、癖で頬杖を行ってしまっている人が非常に多くいます。

そういった場合は、まず頬杖を日常的に行っていることを気づく必要性があり、頬杖をしにくい状況を作ることが大切です。

姿勢を正した状態でパソコンが打ちやすい場所に設置したり、机に近づきすぎないようにしたりすることで、肘をついても頬まで手が届かずに頬杖ができなくなります。

良く頬杖をしてしまう人は、自分がどのような状況で頬杖をしてしまっているか考えていましょう。

自分の行動を理解することで頬杖を予防することができます。

さらに、背筋をして鍛えることで、背筋を伸ばしやすくなり猫背を予防できます。

猫背と頬杖は、非常に関係が深いので、頬杖を治したいと考える人は猫背も治せるようにしましょう。

頬杖をやめて、健康的な体を目指すようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク