目の疾患から目を守るルテイン!私たちの目は日々紫外線を浴びてダメージを受けている?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルテイン
起きている時に常に使用している目は、紫外線などの影響を受けて、日々ダメージを受けているのです。

そんな、目のダメージを抑えてくれる作用があるとされている成分がルテインになります。

目の健康を守るためにルテインを多く含んだ商品を食べてみてはどうでしょうか?

☆ルテインは紫外線の影響を減少さえる作用がある!

紫外線といえば、肌のシミやシミを作りガンの原因にもなるといわれる光になりますが、目に侵入した場合もダメージを与えることで知られています。

目に紫外線を受けると、ダメージを受けることになりますが、そのダメージを受け続けないように目を守る作用があるのがルテインなのです。

ルテインは、目に侵入した紫外線によって、発生する活性酸素を抑制して目の細胞のダメージを減少させ、目を保護する効果が期待できます。

また、テレビやスマートフォンから発せられるブルーライトに対抗する力も持っているため、目を保護する力が非常に強く、パソコンなどをよく使用している人におすすめの成分になります。

☆紫外線やブルーライトによって起きる目の病気を予防!

ルテインは、紫外線やブルーライトによって発症する病気に効果があるとされており、白内障や加齢黄斑変性にも効果があるとされています。

○白内障とは一体どんな病気?

白内障は、高齢者であれば、誰でも発症するといわれている水晶体が濁って視界が悪くなってしまう病気で、主な原因は老化とされています。

白内障の原因が老化によるものであることは確かですが、喫煙や紫外線によって傷つけば早い段階で白内障を発症することになります。

ルテインで白内障を抑えることは難しいのですが、ルテインを使用して紫外線の刺激を少なくすれば、白内障の進行や発症を遅らせることができるようになるとされており、ルテインを摂ることは有効なのです。

水晶体が白く濁ってしまうと日常生活に支障が出ますので、できるだけ進行させないようにすることも大切です。

白内障は誰でもかかる病気?!白内障とはどのような病気なのか知っておくことは大切!
皆さんは白内障という名前の病気を知っていますか? 白内障は高齢者になると、多くの人がかかってしまう病気になります。 そのため...

○紫外線の影響で加齢黄斑変性が発生する!

人間が物を見る時は、目に光が侵入して黄斑と呼ばれる部分に光が当たって刺激されることで脳に伝達されて映像を見ることができます。

つまり、黄斑は光を最も受ける部分であり、紫外線のダメージを受けやすい部位だとされています。

黄斑がダメージを受けて、細胞が変性を起こすことを黄斑変性といい、加齢黄斑変性の原因の一つに紫外線があげられます。

加齢黄斑変性になると、正常に光を受けることができなくなるので、視界に穴が開くことになります。

両目で視界の穴の部位に違いがでてくることが多く、両目で補いあうため同じ場所の視界に穴が開くまで気づかないという人も多いようです。

高齢化社会になるに連れて増えている失明の原因である加齢黄斑変性症!あなたの目は大丈夫ですか?

加齢黄斑変性も紫外線が原因の一つになっていますので、ルテインによってある程度予防ができるとされています。

白内障や加齢黄斑変性にも、紫外線が原因になって発症する目の病気はあるとされていますので、ルテインで予防していきましょう。

☆野菜からルテインを摂取しよう!

元々、人間の体にはルテインがあるとされていますが、年齢が上がるにつれて減少する傾向があるとされています。

また、ルテインは体内で作ることができませんので、野菜などからルテインを補給する必要性があります。

ルテインを多く含んでいる野菜は、ケール、ほうれん草、ブロッコリー、などになります。

葉物野菜を多く摂っていれば、ルテインを摂取できている可能性が高いです。

特にケールは、ルテイン量が多く野菜の中ではケールが非常におすすめですが、青汁以外で滅多にとることが無い野菜なので、ケールよりはルテイン量が少な目ですがほうれん草がおすすめです。

脂溶性のため、油と和えて食べることでよりルテインが油に溶け出して、一緒に食べることで吸収率が上昇します。

さらに、栄養効果が認められてきたため、ルテインをサプリメントとして販売している場合もあります。

豊富なルテインを毎日摂りたい場合は、サプリメントからルテインを補給すると良いでしょう。

ルテインは紫外線から目を守る効果がありますので、ルテインが豊富な野菜を食べて目の健康を保ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク