手の指の第一関節が膨らんだり、曲がったり痛いのはヘバーデン結節になっているからかも?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘバーデン結節
手の指の第一関節が膨らんでいる、曲がっている、痛いなどの症状がある人はヘバーデン結節と呼ばれる変形性関節症の可能性があります。

ヘバーデン結節は、40代以上の女性に多く発症する病気で、関節リウマチと似ていますが全く違う病気で、リウマチのように手以外の部位に症状が出ることはありません。

ヘバーデン結節はリウマチに似ており、痛みがあることが多いですが、命に関わる病気ではありませんので、安心してください。

スポンサーリンク

○ヘバーデン結節はどんな病気なの?

ヘバーデン結節は、指の第一関節の骨が太くなり変形してしまう病気で、外から見ても第一関節の形がおかしいことがわかり、特に小指に症状が出やすいことがわかっているので、小指の関節が太くなっている場合は要注意が必要です。

骨が太くなることによって、指の稼働がしにくくなり、症状が進行すると関節に痛みが出るようになるので、指が痛くなって病院に通院し始めることが多いです。

また、第一関節が太くなることが多いとされていますが、第二関節の骨が太くなることもあり、第二関節で発祥した場合はブシャール結節といいます。

ブシャール結節もヘバーデン結節も同じものと考えて良く、発症部位が違っただけであるため、対処法は全く同じになります。

リウマチとは全く違い、全身症状が出ることは一切なくレントゲンを取ればすぐにヘバーデン結節であると判別することができます。

また、リウマチでは朝に関節がこわばって動かせなくなることがありますが、ヘバーデン結節は、関節の変形の症状であるため他の症状はないと考えて良いでしょう。

痛みが酷いと感じる場合は、形成外科に受診して診察してもらうことをおすすめします。

○女性ホルモンが原因とされているが実際良く分からない?

ヘバーデン結節の原因は、年齢が上がることによっての女性ホルモンの減少と遺伝が関係するのではといわれています。

また、老化や指の酷使によってヘバーデン結節を発症する可能性が上がるとされています。

しかし、ヘバーデン結節の明確な原因はわかっておらず、発症を抑える有効な薬はありません。

ヘバーデン結節の有効な治療法は見つかっていないため、一度ヘバーデン結節を発症すると一生付き合っていかないといけないとされており、治療は痛みを抑えることと進行を抑制するしかありません。

○ ヘバーデン結節になったらどうすればいいの?

ヘバーデン結節をできるだけ改善しようと考える場合は、整形外科に受診してみてもらうのが最も良いでしょう。

しかし、完治させるのは非常に難しいので整形外科に受診しても症状を進行させないようにするだけになります。

そのため、痛みが出ていない人は安静にするだけで、病院に通院しない人も多くいます。

自宅での対処方法は、指の動きを少なくし骨が太くなるのと、動かすことによる痛みを減らすことになります。

また、テーピングを行って指を保護することでも、ヘバーデン結節の症状を抑えることができるため、ヘバーデン結節なった指はテーピングで保護すると良いでしょう。

さらに、痛みを感じる時は関節にシップを貼って痛みを予防すると良いです。

指を酷使せずに安静することで、痛みを抑えながら進行を遅らせることができます。

病院で治療を受ける場合は、痛み止めや血流を良くする薬が処方されることになり、安静にしてテーピングなどで保護することが求められます。

病院に行くと痛み止めを処方してもらえますが、痛みが無いからといって指を酷使すればヘバーデン結節が進行する場合もありますので気を付けましょう。

ヘバーデン結節は簡単になる病気ではありませんので、薬の服用の長期化が予想されます。

きちんと検査を受けて安全性が確認されている薬ではありますが、長期服用はおすすめできませんので、痛みが無いのであればできるだけ指を使用せずに様子を見ると良いでしょう。

痛みが強い場合は、薬を服用して適切な処置をしたほうが良いので、病院行くことをおすすめします。

○症状が酷い場合は手術することも?

ヘバーデン結節は、基本的に痛みがあっても手術をすることはなく、薬と安静で様子が一般的となっています。

痛みが強い場合は手術をする場合もあり、第一関節を固定して動かないようにすることになります。

かなりの重症の患者に行う手術で痛みは無くなりますが、関節が曲がらなくなります。

また、変形が酷い場合に形成手術を行う場合もありますが、見た目をキレイにする手術でこちらもあまり行われていません。

現在、ヘバーデン結節になった場合は、安静にして保護して痛みが出ないようにするしかないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク