市販薬には使用期限が存在する!大量に常備薬を購入すると使用期限が切れて薬の品質が劣化すますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販薬
子どもが急に怪我をしたり、頭痛を感じたり、急にお腹が痛くなったことがありますよね。

病院に行くほどではない病気や怪我であれば、買い置きしておいた市販薬で済ませることが多いでしょう。

意外と知られていませんが、市販薬には使用期限が存在しており使用期限を過ぎて服用すると薬の効果が得られない場合があります。

あなたの家の薬は、知らず知らずにうちに品質が劣化して、ダメ薬になっているかもしれませんよ。

○どんな薬にも使用期限は存在する!

市販薬、処方薬、目薬、栄養ドリンクなど薬には、多くの種類がありますが、どれも使用期限が存在しています。

期限を過ぎれば、食品と同じように品質が悪くなり、毒にはなることはあまりありませんが本来の効果を発揮することはできなくなります。

市販されている薬には、きちんとパッケージなどに使用期限が書いてあり、使用期限は薬によって違いがあり、痛み止めなどは3年以上持つことが多いです。

また、目薬の場合は、一度開けると細菌が繁殖し始めるので、開封前は数年間持ちますが開封後は1カ月~3カ月ほどしか持ちません。

開封した目薬は細菌などが繁殖するから3か月で使いきった方が良い!開封後数ヶ月たった目薬は目の病気を招く!?
コンタクトレンズを使用していたり、花粉症を患っていたりすると目薬を使用する機会が増えてきます。 そんな、目薬は意外と容量があり1年...

最も注意したいのが処方薬で、処方薬はすぐに使い切る薬として出されるので、使用期限がわからない場合が非常に多いです。

どのぐらい、薬局に保存してあったか私たちにはわかりませんので、1年で使用期限が切れることもあると思います。

通院して同じ薬をもらっている場合は、薬の量を減らしてもらい、すでに通院しておらず余っている場合は、いつか使えそうだと思っても破棄するようにしましょう。

○使用期限が過ぎた薬はどのような変化が起こるのか?

健康的な生活がおくると、全く薬を飲まないこともあるので薬の使用期限が切れることがあります。

使用期限の切れた薬は、酸化などを起こして劣化し本来の成分が変わって効果が薄くなってしまう可能性があります。

使用期限が過ぎたからといってある程度の余裕はありますが、保存方法によって劣化が早くなることもありますので、使用期限が過ぎたら勿体ないですが破棄しましょう。

特に液体系やクリーム系の薬は、使用期限を守った方が良く、使用期限が切れると分離や沈殿、変性を起こし固体の薬よりも劣化が激しいです。

そのため、液体の薬は毎回きちんと確認して使用することを推奨します。

使用期限が切れた薬を間違って使用した場合は、体調が悪くならないか確認しておきましょう。

毒を服用したわけではないので、死んだりすることはないと思いますが、副作用が強く出る可能性もあります。

○薬は保存方法をきちんと確認しておこう!

薬に書かれている使用期限は、説明書に書かれた保存方法を適用した場合の期間なので、冷蔵庫で保存することを推奨されている物を直射日光が良くあたり、温度が高い所に置けば、使用期限になる前に劣化して使い物にならなくなります。

大抵の薬は、常温の日光の当たらない場所が良いとされていますが、市販薬を購入した際は説明書をきちんと確認しましょう。

また、冷蔵庫に保存すると良いものも多くありますが、液体の薬によっては寒さで中が結晶化して使えなくなるものもあります。

処方薬の場合は、何もいわれなければ直射日光のあたらない常温の場所で保存するようにしましょう。

処方薬はすぐに飲みきる物なので、劣化を起こすほど保存することはありませんので、少し保存場所が違っていても大丈夫です。

○ずぼらな人は配置薬(置き薬)にすると良いかも?

配置薬は、家に数種類の薬を置いてくれて使用した薬の分だけお金を払う販売システムになります。

使用期限の過ぎた薬は、年に何度か訪れる販売員が確認してくれ、無料で新しい薬と交換してくれます。

配置薬なら使用した分の支払いで済みますし、使用期限の過ぎた薬を飲む心配もありませんので、薬の管理ができない人は配置薬を使用しましょう。

配置薬の注意点は、会社によっては訪問回数が少なく、使用期限が切れた薬が発生したり、数年間音沙汰が無かったりすることもありますので、会社の評判を確認しておきましょう。

病気を治すための薬なので、健康を害さないために薬の使用期限を確認して、劣化した薬を飲まないように十分に注意しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク