あなたはどんなご飯を食べている?お米を知って健康になろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

05501
日本人の主食と言えばご飯ではないだろうか?

僕は毎日約2合のご飯をたべます。

あなたはどのくらいご飯をたべますか?

お米について知ろう!

お米は炭水化物です。

炭水化物はとは糖質や食物繊維のことで、お米は糖質が連結してでんぷんになったものが主な成分です。

お米は糖分というイメージをもっていないかもしれませんが、お米を食べると糖分摂取になります。

糖分は体に悪いイメージをもっている人も多いかもしれませんが、お米は糖質が連結してでんぷんになっているため砂糖などに比べると血糖値をあまりあげません。

糖分が悪いイメージになっているのは炭水化物も食べるのにお菓子もたべて、糖分を過剰に摂取しているからです。

糖分はご飯からとれるので、お菓子からとる必要はありません。

脳のエネルギー源は何か知っていますか?

ブドウ糖です。

お米やパンなどはでんぷんできていて分解していくとブドウ糖になります。

そのためご飯などの炭水化物を食べるとブドウ糖を摂取できるわけです。

ご飯は脳の栄養素になっているわけなのです。

炭水化物も抜いて、甘い物を食べなくなると脳の活動が低下してしまいますので、炭水化物ダイエットが流行っている?かもしれませんがほどほどにしましょう。

炭水化物は抜くのでなく制限するのが正しいダイエットです。

お米は砂糖ではないため急激に血糖値が上がりにくいといいましたがそれでも限度があります。

早食いをしたりするとさすがに血糖値が上がり過ぎてしまいます。

フードファイターでないのなら早食いはやめましょう。

あとご飯が好きだからといってご飯ばかりバクバク食っていると糖分が多すぎになります。

ご飯はほどほどにして、野菜をたべましょう。

僕自身にも言えることですね。

スポンサーリンク

お米の種類紹介

〇白米

日本人が好きなお米、第一位といったら、白米じゃないでしょうか?

統計などをみて言ってはいませんが、レストランに行くと大抵は白米がでてきます。

やっぱり白米が一番好きなんじゃないかとおもいます。

僕も白米がすきです。

白米は白くて美味しくて日本人ごのみだが、栄養素はほとんどでんぷんである。

ということは糖質が多いということです。

でんぷん以外の栄養素はお米の周りに多いため、白米はでんぷん以外の栄養素を削った状態です。

そのため栄養価はでんぷんに偏っていて美味しいですが他の栄養素がほとんどない状態なのです。

ご飯以外のものを食べているから問題ないと言われたらそうかもしれませんが、玄米の方が栄養価が高いのは間違いありません。

〇玄米

玄米は稲の果実の籾から籾殻のみを取った状態のお米です。

そのため、100gあたりの炭水化物の量は白米より少ないですが、タンパク質や脂質などは白米よりも高く栄養バランスは玄米の方が良いと言えるのでしょう。

また、白米はでんぷん以外の栄養素を削っているため、ミネラル分などの栄養素が玄米に比べて低く、ミネラルを多くとりたい人は玄米を選ぶべきなのです。

そのほかにもビタミン類も白米より多い、そのため、栄養価が気になる人玄米を食べた方が良い

しかし、ながら、玄米は白米に比べて味が劣ると言われています。

僕も白米の方がすきです。

また、白米に比べて食物繊維がおおいため消化不良も起こしやすいといわれています。

〇発芽玄米

最近、CMにも出るようになってきた発芽玄米

玄米は白米より栄養価が高いと言いましたが、発芽玄米は発芽することによって、酵素が働き、玄米以上に栄養素が高いお米となっているのです。

また、発芽玄米は発芽することによって、玄米のあの硬さが軽減され、炊いたときは柔らく、香りがたかく玄米よりもおいしいというのです。

玄米よりも固くないないのに、栄養価も高く、美味しいなんてすごいお米ですね。

しかし 発芽玄米には、デメリットもあります。

発芽玄米はあまり生産されていないため玄米や白米にくらべて値段が高いという点があります。

発芽玄米は家で作ることができます。

この方法を使うことでコスト下げることができます。

発芽玄米は玄米を見ずにつけておくことで芽がでて発芽玄米にすることができます。

温度などで発芽の速度がかわるため、速く発芽玄米を作りたいひとはぬるま湯にすると良いでしょう。

お店で市販されている玄米のなかには、発芽しないように加工されたものもありますので注意してください。

また、発芽玄米は玄米とは違い、白米と同じ水の分量で炊くことができ、白米と混ぜても美味しくいただくことができるのも特徴です。

日本の主食のお米を変えることでより 健康になります。できれば試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク