日本で人工透析を受けている患者数は30万を超えている?!人工透析は死ぬまで受け続ける必要性がある?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人工透析
日本では人工透析を行っている患者が30万人を超えており、それに伴って人工透析という言葉をテレビなどでも良く聞くようになった気がします。

人工透析は、腎不全によって正常な血液状態を保てなくなった患者に行う医療行為で、老廃物の除去や水分量の維持、電解質の調整などを行っています。

人工透析は非常に大変な治療なので皆さんはできるだけ人工透析を行わなくて良い健康的な体を維持しましょう。

○人工透析は非常に患者の負担になる?!

人工透析は、血液の状態を正常する医療行為で、一般的に週3回行い1回に4時間かかります。

慢性的な腎不全の場合、毎週12時間は人工透析に時間がとられることになります。

人工透析をやめると脱水症状や低尿、無尿などの症状を表して老廃物が体にたまって死に至りますので一生やめることはことができません。

また、人工透析にかかる医療費は、年間400万円前後かかるといわれており、到底個人では払えるものではありません。

そのため、人工透析は自治体から控除を受けることができて毎月1万円(給料によって2万円)で治療を受けることができます。

控除を受けることで安くなってはいますが、毎月1万は大金であると感じる人も多いでしょう。

さらに、人工透析をするには食事制限もありますので、外食はできずに毎日栄養のバランスを考えた食事をしないといけません。

病気のことを考えて、食事の制限をしていても腎臓病の悪化によって栄養失調に陥ることもあります。

このように人工透析治療はとても大きな負担があり大変なのです。

○人工透析を行う患者は増えている?!

人工透析を新規に行う患者は、毎年1万以上増えているといわれており、移植などをしなければ、死ぬまで人工透析を受け続けることも多いので、毎年少しずつ人工透析を受ける患者が増えています。

その結果、現在では日本で30万以上が人工透析を受けているといわれており、多くの患者が人工透析のために通院しています。

人工透析の患者一人にかかる医療費は400万円前後といわれていますので、単純計算ではありますが1年間に1兆円を超える税金がかかっています。

人の命がかかっているので、税金の無駄とはいえませんが、かなり大きなお金なのでできれば削減したいところではあります。

そのためには、新規に人工透析を行う患者を減らすしかなく、皆さんが腎臓病にならないように気を付けて人工透析の患者数を減らすしかないのです。

○腎不全はどうやって発生しているのか?

腎不全の原因は、原発性と続発性の二つに分けることができます。

原発性は、腎臓自体が原因になって起きる腎不全で腎炎などが主な原因になります。

感染症によって腎臓に炎症が起こってしまう場合とストレスや喫煙、食生活などによって腎臓に負担がかかり腎炎になった可能性があります。

感染症が原因による腎炎の場合には、本人が意識することで防げるものではありませんので、仕方ありません。

しかし、喫煙や食生活によって発症する腎炎は防げるものになりますので、改善して防ぐようにしましょう。

食生活と喫煙は、ガンやメタボリックシンドローム、糖尿病など他の病気を発症する危険性が上がりますので、腎炎になる可能性が無くても改善した方がよいでしょう。

また、続発性の腎不全は、他の疾患によって発症してしまうもので糖尿病、高血圧、痛風など原因で起こることが多いです。

これらの病気は生活習慣病と呼ばれ、生活習慣を改善することによって発症を抑制することができる病気なので、血糖値が高い人や体脂肪率が高すぎる人などは運動や食生活の改善を行って予防するようにしましょう。

○腎臓移植と腎臓再生で透析を行わないですむ!?

慢性的な腎不全を発症し腎臓の機能が回復しない場合は、一生人工透析を受ける必要性がありますが、腎臓移植や腎臓再生を行えば腎機能が復活して人工透析を行う必要性が無くなります。

腎臓移植は他人から腎臓を移植してもらうもので、日本ではあまり行われていませんが、腎不全を治す有効な手段となっており、腎臓は二つあるので家族に一つ提供する方法をとる場合と事故などによって亡くなったドナーからもらう場合があります。

また、腎臓再生は現在研究が進められており、iPS細胞で腎臓の一部を作り、それを患者に移植することによって腎機能を再生させようとしています。

iPS細胞によって腎臓の機能が復活できるようになれば、人工透析の問題が解決されるはずです。

しかし、やはり人工透析は非常に負担がかかるので、人工透析を行うような体にならないように十分注意して生活するようにしましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク