長生きしたいなら長寿遺伝子サーチュインを活性化させろ!生活を変えることでサーチュインは活性化する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長寿遺伝子サーチュイン
人間の体の中には遺伝子が存在しており、遺伝子によって人間は形づくられています。

しかし、そんな遺伝子の中ですが生活環境によって活性化していない遺伝子が存在します。

そんな活性化していない遺伝子の中でも最も注目を集めている遺伝子がサーチュイン遺伝子になります。

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子や抗老化遺伝子とも呼ばれており、活性化することによって老化しにくくなり、長生きできる遺伝子として知られています。

皆さんは長寿遺伝子が活性化するような生活環境で過ごしているでしょうか?

スポンサーリンク

○サーチュイン遺伝子はどんな遺伝子なの?

サーチュイン遺伝子は、微生物から人間まで、多くの生き物の細胞の中に存在している遺伝子になります。

この遺伝子は通常ではあまり活性化されておらず、運動と食事によって活性化できるとされており、多くの人が活性化できていないのではないかとされています。

このサーチュイン遺伝子が活性化すると、体は余分な細胞分裂を行わないようになるのです。

人間は細胞が分裂すればするほど細胞が老化していきますので、細胞分裂が遅い人ほど老化するのが遅くなります。

つまり、余分な細胞分裂しなくなるようにするためにサーチュイン遺伝子が活性化すれば老化を抑えることができるのです。

また、細胞分裂を遅くするだけでなく、サーチュインは細胞の修復を早める働きがあるともされており、細胞の老化を細胞の修復によって食い止めてくれている可能性もあります。

若々しい体でいるためにサーチュイン遺伝子を活性化させましょう!

○飢餓状態になればサーチュイン遺伝子を活性化する?!

サーチュイン遺伝子が活性化するのは、体の栄養素が少なく、体が飢餓状態であると感知した時になります。

そのため、サーチュイン遺伝子を活性させるためには、カロリー制限をする必要性があり、食が多く溢れている現代の日本では、サーチュイン遺伝子が活性化していない人がほとんどなります。

お腹に脂肪がたまっているようであれば、サーチュイン遺伝子は活性化していないと考えた方がいでしょう。

また、体に栄養素が少ない状態にしたほうが良いので、運動してカロリーを消費することも大切であるとされており、少ない食事と運動をすることによってサーチュイン遺伝子が活性化されるのです。

良く腹八分目が健康に良いといわれますが、腹八分目を行いつつ運動をすればサーチェイン遺伝子が働く可能性があります。

ただし、あまりに飢餓状態になると栄養失調によって逆に不健康になる可能性がありますので、体脂肪が少ない絞られた体を目指すのが良いでしょう。

○サーチェイン遺伝子は赤ワインによって活性化するかも?

マウスによる実験結果から長寿遺伝子であるサーチェインは、レスベラトロールと呼ばれる赤ワインに含まれるポリフェノールによって活性化する可能性があることがわかっています。

そのため、赤ワインを飲むことによって長寿になれるといわれることもあります。

ただし、赤ワインは一日に大量に飲めるものではありませんので、人間の飲める量ではレスベラトロールが足りないという意見もあります。

また、アルコールの摂り過ぎは脂肪肝の原因になって、逆に健康に悪いという意見もありますので、信じすぎない方がよいかもしれません。

簡単に多く摂るのならワインではなく、サプリメントでレスベラトロールをとるのが良いですが、人間ではレスベラトロールがサーチュイン遺伝子を活性化させるか確証がとれていないので、サプリメントは自分の判断で購入して飲むようにしましょう。

○サーチュイン遺伝子は長寿になるだけではない?!

サーチュイン遺伝子は、長寿になる遺伝子と知られていますが、長寿以外の疾患にも効果があるといわれています。

サーチュイン遺伝子の活性化によって予防することができるものは、認知症、動脈硬化、糖尿病、心臓病などの生活習慣病が予防できるとされています。

また、太っている方であればサーチェイン遺伝子を活性化のためには、痩せる必要性もありますので、肥満や高血圧、脂質異常症などの病気を改善することができてメタボリックシンドロームを予防することもできます。

サーチュイン遺伝子の活性化は、長寿と生活習慣病に関係しているので、活性化させて健康になりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク