電子タバコは呼気中の一酸化炭素が減少する!電子タバコを使用することの健康問題と利点を知ろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子タバコ
タバコの代わりになるとして作られたタバコに似た形状の装置である電子タバコを皆さんは知っていますか?

現在、タバコの健康被害が知られるようになってきたため、禁煙する人が増えてきましたが、禁煙がしたくてもできていない人が非常に多いのです。

そんな、禁煙をしたい人のためにタバコの変わりとして作られたのが電子タバコです。

電子タバコは内部で液体を霧状にして吸い込む装置であり、タバコの変わりに吸う人も増えています。

健康のために禁煙をしたいと思っている方は、電子タバコとタバコの違いを知り、電子タバコの問題点と利点を知りましょう!

電子タバコを使用することで、禁煙することができるかもしれませんよ。

○電子タバコは一酸化炭素とタールを発生させない!

電子タバコは、装置の中に市販されている専用の液体をいれて電熱線によって蒸発されて霧を発生させて吸うものであり、タバコと違って燃やしているわけではありません。

通常のタバコは燃やすことによって一酸化炭素やタールなどの有害物質を発生することが知られており健康上良くないとされています。

対して、電子タバコは液体を霧状にするだけなので、液体に含まれている物質しか吸いこむことはなく、一酸化炭素やタールが液体に含まれていなければ発生することはありません。

また、電子タバコの霧は吸う部分から出るものなので、電子タバコの先から副流煙が発生する心配がなく家族や子どもに迷惑がかかる可能性が下がることが知られています。

その他にも、燃やすことによって発生する有害物質は、電子タバコの液体には入れていませんので、タバコよりは健康に良いとされる意見が多いですが、液体に含まれる物質が有害物質である可能性もあります。

○ニコチンが含まれている電子タバコも存在する?!

日本国内で販売されている電子タバコの専用の液体にニコチンが入っている場合は、薬事法に抵触し捕まりますので販売されることはありませんが、個人輸入によって海外から入手することは可能となっています。

そのため、実際にはニコチン入りの液体を購入することは可能となっています。

ニコチンに関しては通常のタバコにも含まれている物であり、タバコと同じように健康に悪いものとなっています。

ニコチンの量は少ないものと多いものがあり、タバコよりもニコチンの量が少ない物もあると思いますが、ニコチン入りの物を使用すると今度は電子タバコから抜けられない可能性があり、結局ニコチンを吸っているので意味がない可能性もあります。

さらに、個人輸入によって入手するものなので、日本の基準は適応されておらず安全性を保障できないのでやめておくことをおすすめします。

ちなみに、日本では薬事法の違反にならない電子タバコの形をした中に葉っぱを入れて使う禁煙器具もありますが、これは普通のタバコと変わらない物なので、電子タバコの特性を生かせていません。

つまり、電子タバコの一種として考えない方が良い製品になります。

○電子タバコはタバコにない危険性がある?!

日本で一般的に販売されている電子タバコは、ニコチン、一酸化炭素、タールが存在していないタバコで健康に悪いと良くいわれていた物質を含んでいないという特徴があります。

そのため、タバコから電子タバコに変えればタバコの健康被害を減らすことができるとされています。

しかし、電子タバコ専用の液体に含まれる成分が、人体に害がある有害物質ではないかとされており、電子タバコを使用することでがんを発生する可能性が高まるとされています。

そのため、電子タバコの方が通常のタバコよりも危険でありやめるべきという意見もあるのです

実際、どちらの方が危険なのかわかっておらず、電子タバコの危険性は製品によって違うとされます。

一般的には電子タバコの方がタバコよりも危険性が低いと考えてられているようなので、電子タバコへシフトした方がいいのかもしれません。

できればタバコから電子タバコに移行し、最終的に電子タバコをやめることをおすすめします。

○電子タバコに禁煙効果は本当にあるのか?

電子タバコには、ニコチンが含まれていないためタバコとは少し違うとされていますが、電子タバコを吸うことでタバコの本数を減らすことができるとされています。

最初からタバコを減らすのは難しいですが、タバコの本数が減って努力すれば電子タバコに移行にすることも可能かもしれません。

そして、基本、電子タバコにはニコチンが含まれておらず、タバコよりも依存性が少ないので、脱電子たばこしやすいと考えられます。

タバコをやめて、電子タバコにはまってしまう人もいるようですが、電子タバコの液体も健康に悪い可能性があるモノなので、できれば電子タバコもやめることをおすすめします。

タバコをやめたいと思っている人は電子タバコ禁煙を始めて、最終的には電子タバコもやめちゃいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク