口から血を吐く吐血といっても種類がある?!吐血と喀血の違いを知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口から血を吐く
口から血を吐く行為は、一般的に吐血(とけつ)や喀血(かっけつ)といい、非常に危険度の高い症状とされており、吐血や喀血をした場合には、すぐに病院に行った方が良いでしょう。

吐血も喀血のどちらも口から血を吐く行為ですが、一般的には吐血という言葉の方が聞きなじみがあり、喀血の意味が分からない人も多いのではないでしょうか?

吐血と喀血を理解して、口から血を吐いた時にはしっかりと対処するようにしましょう。

スポンサーリンク

○吐血と喀血は出血する部位に違いがある!

吐血と喀血の大きな違いは、出血する部位での違いであり、口から血を出す行為自体はほとんど同じです。

一般的に良く知られる吐血は、食道、胃、十二指腸などの消化器系の出血によるもので、原因として最も多いのは胃潰瘍になります。

対して、喀血の出血は、気管や気管支などの呼吸器系の出血によって口から血を吐くものになります。

喀血は主に肺の異常によって起きるもので、咳と一緒に血液が外に出る場合もあります。

このように吐血と喀血は、出血部位が違うものなので、原因や症状にも違いが出てくることになります。

○吐血と喀血の見分け方

吐血と喀血は、本人が最も判断しやすく、肺の痛みや胃の痛みなどで簡単に判断することができますが、吐いた状況によって外から判断することも可能になります。

まず、吐血は胃から出ることが多いため、吐血した場合は、胃酸と胃の内容物が外に出てくることになります。

また、胃酸によって血の色が変色したり、時間の経過で血が黒ずんだりするので、吐血の色が茶褐色または黒は吐血と判断します。

喀血は、咳と一緒に出てくることも多く、食品や胃酸と混じらないので、血の色は赤色か暗めの赤色で混じるとしたら、唾や痰などになります。

見た目は空気がまじるので、泡が侵入することも多く咳と共に赤い泡状の物が出るのが一般的です。

このように、吐血と喀血では、同じ血を吐く行為でも血の見た目に大きな違いがあります。

傷む場所によって吐血と喀血が判断できますが、難しい場合は血の吐き方によって見分けるようにしましょう。

○吐血や喀血で疑われる病気

吐血や喀血の原因になる病気はいろいろな物がありますが、どれもすぐに病院に行って治療を受けた方が良いものになります。

吐血の場合は、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食道がん、胃がんなどの病気の可能性が高いです。

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は死に至ることはありませんが、早期に治療した方が良くがんの場合は発見が遅れるほど死ぬ可能性が高くなります。

喀血の場合は、肺炎、肺結核、肺がん、気管支拡張症などの、肺の病気の可能性が非常に高く、肺が深刻な病気になっている可能性が非常に高いです。

どれも早期に病院に行った方が良く、治療が遅れると死亡する可能性もある病気になります。

さらに、肺結核の場合は、周りの人に感染してしまう可能性がありますので、喀血した場合はすぐに病院に行くようにしましょう。

また、吐血と喀血では専門医が違い、吐血は消化器内科ですが、喀血は呼吸器内科が専門医になります。

どちらかはわからない場合は、総合内科や内科に受診しても良く、基本的に内科でも判断できます。

深刻な病気であれば専門の病院などを紹介されることになります。

○吐血と喀血を起こした時の対処法

吐血と喀血の症状がでた際は、まず、安静にして患部を冷やします。

冷やす場所は痛みのある場所で、喀血なら肺、吐血なら胃を冷やすことになります。

吐血の場合は、そのまま安静にして、吐き気がする時に吐かせて、喀血の場合は、気管が詰まる可能性があるので、血が溜まっているならすべて吐かせるのが望ましいとされ、横向きで安静にします。

吐血の場合でも何度も血が出続ける場合は、血で喉がつまり窒息する可能性があるので横向きで気道がふさがらないように寝かせましょう。

さらに、出血が多すぎるとショックを起こすので、血の量が多すぎる場合は、そのまま救急車を呼んでその場でまっておくと良いでしょう。

症状が軽そうであれば救急車でなく、誰かに送ってもらって病院にいっても大丈夫です。

また、呼吸から出血している喀血の方が呼吸困難を起こしやすく危険性が高いので、喀血で症状がおかしいと思ったら、すぐに救急車を呼ぶにようにしましょう。

早い段階で、気管が詰まって窒息死することがありますので喀血は吐血よりも注意した方がよいでしょう。

吐血と喀血した人は、何らかのウイルスを持っている可能性もありますので、感染する可能性がある血をむやみに触らないことをおすすめします。

血を掃除する人は、手袋などを使用して血に触れないように掃除することをおすすめします。

吐血や喀血をするとパニックを起こしてしまうものですが、すぐに死ぬというドラマ的なことはほぼありませんので、冷静に対処してすぐに病院に行くことをおすすめします。

吐血と喀血を起こした時はしっかり対処して、すぐに病院に行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク