新型インフルエンザは致死率が高い?!そして新型インフルエンザは何度も発生する?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型インフルエンザ
毎年冬の時期になると、インフルエンザA型が流行し多くの人が感染してしまいます。

インフルエンザA型は、非常に変化しやすいウイルスであり、同じウイルスが何度も発症することもあります。

そんな季節性インフルエンザも怖いですが、最も怖いのが新型インフルエンザになります。

2009年にも新型インフルエンザが発生し、世界的に流行しましたが、また新型インフルエンザが発生する可能性は十分にあります。

だから、新型インフルエンザの危険性について理解しておくことは大切なのです。

スポンサーリンク

○新型インフルエンザのどこが危険なのか?

季節性インフルエンザは、毎年のように流行していますが、多くの人はある程度の免疫を持っているため、それほどまでに死亡する危険性はありません。

しかし、新型インフルエンザの場合は、誰も感染したことが無いインフルエンザであり免疫を持っていないため、重症化しやすく死亡する可能性が高いとされています。

2009年に発生した新型インフルエンザは、H1N1亜型であり、同系統のインフルエンザウイルスがいたこともあり、すでに、ある程度の抗体を持っている人が多く季節性インフルエンザ並みの力しかありませんでした。

しかし、新しく発生するインフルエンザが、すでにあるインフルエンザに近いウイルスとは限らず致死率が非常に高くなる危険性もあります。

また、2009年に発生した新型ウイルスは、致死率こそ高くはありませんでしたが、夏に発症するなどの季節外れに感染し、これかれ発生する可能性がある新型インフルエンザも季節外れの感染をおこす可能性があります。

だから、新型インフルエンザは、非常に怖いものだと思っておいた方がいいでしょう。

○危険性があるインフルエンザウイルス!

インフルエンザウイルスは、元々、渡り鳥のお腹の中に生息していたウイルスで鳥や豚に感染することが多いウイルスとして知られています。

元から人間に感染していたウイルスではなく、突然変異によって人間に感染するようになったウイルスになります。

だから、現在、鳥に感染しているウイルスが、変異をして人間に感染するようになる可能性はあります。

現在、変異を起こして人に感染して流行する可能性があるインフルエンザウイルスは「H5N1亜型ウイルス」と「H7N9亜型ウイルス」の二つのウイルスであり、人への感染は数例ながら報告されているウイルスになります。

どちらも季節性インフルエンザウイルスよりも致死率が高く、「H5N1亜型ウイルス」では致死率が60%、「H7N9亜型ウイルス」では、致死率20%といわれています。

致死率の高い新型インフルエンザは、少数しか感染していないため、流行した際の致死率がこれほど高いかわかりませんが、季節性インフルエンザの致死率が0.1%未満であることからすれば、これらのインフルエン

ザが流行すれば大変なことになることがわかります。

「H5N1亜型ウイルス」と「H7N9亜型ウイルス」ともに、人への感染例はあるものの、人から人への感染例はなく、今のところ大丈夫ではありますが、これから変異して流行する可能性はあります。

また、「H5N1亜型ウイルス」と「H7N9亜型ウイルス」以外のインフルエンザウイルスが変異して流行する可能性もあります。

○新型インフルエンザは2か月流行する!?

新型インフルエンザが発生して、日本に上陸して流行を始めてから2か月の間、流行が続くと考えられます。

誰も免疫をもっていないからことから多くの人が感染するとみられ、4人に1人が感染するともいわれています。

だから、この流行している間に新型インフルエンザに感染しないようにすることが大切になります。

インフルエンザの感染は、人と人との接触によって感染するといわれているので、流行期間中はできるだけ外に出ないことが重要になります。

外に出る場合もできるだけ人と接触しないようにすることが重要で、ドアノブにウイルスが付着している可能性がありますので、外出先で物に触れた後は目や口、鼻を触れてはいけません。

帰ってきた後は、しっかりと手を洗い付着したウイルスを洗い流す必要性があります。

また、家では換気などを十分に行いウイルスが住みにくい環境にするのなどの対策が必要になります。

新型インフルエンザが発生した際は、手洗い、うがい、マスクなどを使用して感染しないようにしましょう。

○新型インフルエンザは必ず発生する?!

新型インフルエンザは、もしかすると発生するのではなく、いつかは必ず発生するウイルスであるとされています。

実際、スペインかぜ、アジアかぜ、香港かぜ、2009年新型インフルエンザと複数の新型インフルエンザが世界では発生しており、これから新型インフルエンザが発生しない方があり得ないとされます。

いつかは絶対、新型インフルエンザが発生し、一生のうちに何度か経験する可能性がありますので、注意が必要なのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク