iPS細胞(人口多機能性幹細胞)とは、万能細胞と呼ばれているけど一体どんな細胞!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ips
私たち人間の体は、60兆個の細胞で構成されているといわれることが多いです。

実際どれほどの細胞があるか正確なところはわかっていませんが、数多くの細胞によって構成されているということです。

そんな私たちの細胞は、一つ一つに役割があり、同じDNAを思っていたとしても細胞のある場所によって、全く違う機能をもっています。

すでに機能を持ってしまった細胞は、自分と同じ性質を持った細胞に分裂することはできても、他の機能を持っている細胞になることは、基本的にできず、筋肉の細胞が脳みその細胞に変化することはないわけです。

しかし、他の細胞に変化することができる細胞も存在しており、その細胞は幹細胞と呼ばれ、筋肉や脳、肺などのいろいろな器官の細胞に変化することができます。

iPS細胞は、幹細胞の一種であり、他のどの部位の細胞にもなれる万能細胞になります。

スポンサーリンク

○iPS細胞の一体どこが凄いのか?!

私たちの体にある細胞の多くは、すでに他の部位になることができない普通の細胞になっています。

また、一部の細胞に幹細胞も存在していますがiPS細胞のようにどんな細胞にもなれる細胞というわけではなく、一部の細胞にのみ変化が可能な細胞となっています。

有名なところでは、造血幹細胞という細胞が人間の体にありますが、血液の成分となる細胞意外に分裂することはありません。

人間がiPS細胞のような、どんな細胞にもなれる幹細胞も持っているのは母親のお腹の中で胎児になる前のごくわずかな期間だけで、あとは万能細胞を持つことはありません。

iPS細胞の凄さは、その細胞の変化の万能性であり、私たち人間が持っていないところにあります。

そんな、すごい機能を持っている細胞ですが、私たちの皮膚などからでも作ることができる点も注目されているのです。

○iPS細胞はどこの細胞からでも作れる?

iPS細胞が作られる前にすでに他の幹細胞を作ることができており、その細胞はES細胞と呼ばれています。

このES細胞は、受精卵が少し成長した生物の発生初期段階で作ることができる細胞であり、最初から幹細胞であった細胞を母体から取り出して作る細胞になります。

この細胞は簡単に作ることができないですし、生まれてくるはずだった生き物を殺して作ることになるので、倫理的に問題があり医療技術で実用化するのは難しいといわれています。

対して、iPS細胞は、人間のどこの細胞から作ることができ、皮膚だろうか筋肉だろうか胃の細胞だろうが、どこの細胞であっても作ることができます。

ただ、最も採取がしやすくて問題が起こりにくい皮膚の細胞からiPS細胞が作られるのが一般的になります。

iPS細胞は、幹細胞になるために必要な物質を普通の細胞に加えて細胞を変化させます。

倫理問題はES細胞に比べて少ないものの、iPS細胞にも存在しておりどこまで実用化すべきなのか議論されることもあります。

iPS細胞は、人間を作る出すことも可能な細胞といわれており、皮膚細胞から人間を作りだすことができるといわれています。

○iPS細胞は一体何に使えるのか?

iPS細胞は、どんな細胞になれる細胞なので、いろいろなところに細胞を移植させることが可能になります。

例えば、iPS細胞なら肝臓を作りだすことも可能であり、肝硬変や脂肪肝などになって肝臓が使えないものになってもiPS細胞から作った肝臓を移植すれば元通りの生活を送ることができます。

また、糖尿病になればiPS細胞から膵臓を作り膵臓移植をおこなえば糖尿病を改善させることもできますね。

iPS細胞を本格的に使えるようになれば、どんな臓器でも取り換えることが可能となるのです。

この技術が発達すれば、移植が必要になれば臓器を作り出すことができるので、ドナーがいらずに、だれでも病気から簡単に助かる未来がくるということですね。

また、今まで難病といわれていた病気も解明して治せるようになる時代が来るかもしれません。

iPS細胞は、いろいろな細胞になってくれる細胞なのですが、大きな細胞の塊を作るためには細胞への栄養供給に問題があるので、難しく臓器を一つ作れるようになるまでには、まだまだ技術的に時間がかかりそうです。

それでも、一部の細胞自体は作ることができますので、いろいろな病気を治すことが期待されています。

iPS細胞がこれからどのように実用化されていくか注目されるところになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク