定期接種を受けているのに感染する可能性がある百日咳!?大人の百日咳に注意が必要?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百日咳
日本の定期接種の中には、破傷風、百日咳、ジフテリアを予防する効果のある三種混合ワクチンがあります。

2012年の11月以降は、ポリオを混ぜて、四種混合ワクチンとなっています。

どちらのワクチンも百日咳を予防する効果のあるワクチンですが、近年では大人が百日咳に感染することが増えているといわれており、注意が必要になってきています。

なぜ、百日咳に感染する可能性が増えてきたのでしょうか?

スポンサーリンク

○百日咳とは一体どんな病気なの?

百日咳は、呼吸器感染症の一種で、長期的に咳が続くことから百日咳という名前がついたようです。

1週間程度の潜伏期間を経て、カタル期とよばれる軽い風邪の症状が2週間程度続きます。

その後、咳の症状が強くなって痙攣性の咳や連続的な咳をするようになり、呼吸中にヒューと音がなります。

また、咳が酷い場合は、嘔吐することもあり、非常につらい咳が2週間程度続くことになります。

この咳が辛い期間を痙咳期(けいがいき)といいます。

その後、徐々に症状が治まっていく回復期になり、2~3か月ほどで咳が治まることが多いですが、半年ほど咳が続いてしまう人もいます。

人に感染させる可能性が高いのは、カタル期と呼ばれる初期の症状であり、軽い咳であるため知らない間に人の感染させてしまうことがあります。

症状が治まってくる回復期では、他人を感染させる危険性は低くなります。

○なぜ、定期接種を受けたのに感染するのか?

百日咳に感染して最も危険なのは、小児の時期で、症状が重くなりやすく死亡する可能性もあります。

そのため、定期接種は小児の時に受けることになっており、実際小児の感染者数は減少しています。

しかし、百日咳の抗体は、3~5年程度で減少し始めて、10年前後で効果がほとんどなくなってしまうとされています。

そのため、成人を越えてしまった人の多くは、百日咳の抗体が役割をはたしておらず、感染しやすい状況になっているのです。

実際に大人の感染者数は、増えていますが、大人の場合は子どもよりも免疫が強いため、症状が軽症で済んでしまい発見が遅れやすく、適切な治療を行わないことも多いといわれています。

症状が軽いために、そのまま外に出たり、仕事をしたりしてしまうため、他の大人や予防接種を受けていない子どもに百日風邪を感染させてしまうことが多くあります。

また、咳が一向にならずに病院に受診したときには、感染能力をほとんど失っている状態であり、咳を止める薬を処方されるだけで終わることもあります。

さらに、医師も百日咳を疑わないので、誤診されることが多く慢性的に咳が続くので、精神的な咳であると診断されることも多く問題となっています。

○百日咳かなと思ったら?

大人の百日咳は、風邪と見分けがつきませんので、咳の症状がでた場合は基本的にマスクをつけて風邪をうつさないように注意しましょう。

初期が最も感染力が強いので、症状が出始めた時に病院に行くのが最も有効とされていますが、症状によっては病院に行くほどでもない場合があります。

肺炎の可能性も否定できませんので、2週間以上の咳などが続く場合は、病院に行った方がよいでしょう。

発症後2週間を過ぎると菌が減少してしまい抗菌薬の効果は薄くなりますが、できれば病院に行った方がいいでしょう。

菌は減少しますが、抗体の検査で百日咳であるかを診断することができます。

百日咳が最も感染しては困るのは子どもなので、咳がでている時はできるだけ子どもに近づかないようにしましょう。

そして、咳は温度が20度以下で乾燥していると出やすいので、乾燥と低温に注意しましょう。

現在、百日咳は大人に多い病気となっています。

感染したとしても症状が重くならないように食事や生活面に気を付けて、免疫力を高めておきましょう。

また、咳をしている人の近くに行かないことや手洗いなどを心がけることが百日咳の予防につながります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク