薬の個人輸入には注意が必要!?個人輸入をして健康被害がでる可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬の個人輸入
日本で薬を手に入れる方法は、医師に処方箋を書いてもらって購入するか、薬局に出向いて購入するのが一般的で、インターネットで販売されていることもありますが、きちんと認可を受けているところが販売することになっています。

そのため、個人商店が何の知識もなく薬を販売するようなことはなく、日本で販売されている薬は安全性が高いと考えられます。

しかし、海外から個人的に薬を輸入することもでき、海外の場合は、日本のような認可がない国もありますので、危険性もあるといわれています。

これから、薬の個人輸入を考えている人は個人輸入の問題性について知っておきましょう。

スポンサーリンク

○薬を個人輸入することができるの?

海外の薬は、日本の許可なく個人的に輸入ができます。

これは、海外に住んでいた人が海外で治療を行い、同じ薬を日本国内でも飲むために行うとされています。

海外で処方されている薬の中には、日本で承認されていない薬もあり、日本に移り住んで薬が飲めなくなっては困るために個人での輸入は制限が緩めなのです。

薬は個人的な輸入に限り、日本の規制に引っかかることなく購入することができ、未認可の薬すら購入することができます。

ただし、個人輸入は本人が個人的に使用される場合にのみ認められている物なので、個人輸入したものを販売したり、また友人の分も一緒に購入したりすることはできません。

目的としては、治療を継続して行えるようにするためですが、ずっと日本に住んでいて海外で治療を受けていた人でなくても個人輸入することは可能となっています。

そのため、海外で効果が認められている未承認薬や日本の基準量を超える量の成分が入った薬を購入することができるのですね。

○薬を個人輸入すると何がいいの?

個人輸入は、日本にない薬を輸入してくるのが一般的となっています。

日本で販売されている薬が合わなかったり、海外で販売されている薬の方が強力で早く治ったりする場合もあり、体のことを考えると個人輸入の方が良い場合もあるのですね。

病院に通っていても一向に症状が治らず、藁にも縋る思いで個人輸入をする人もいます。

日本では入手できない薬を入手できるのが個人輸入の良い所です。

また、同じ薬が日本で販売されている場合であっても医者に診てもらって、薬を処方してもらうよりも個人輸入の方が安い場合は個人輸入が選ばれることがあります。

お金は有限ですから、できるだけ薬代は浮かせて生活費に回そうとするのはあたり前です。

全く同じものをわざわざ高い方で購入する必要もないので、個人輸入を選ぶ人も多いようです。

このように、薬の問題とお金の問題から個人輸入が選ばれており、個人輸入は大きな利点があります。

しかし、利点だけではなく危険性もあることを知っておいた方がいいでしょう。

○未承認薬は安全性が認められていない薬?!

個人輸入で未承認薬を購入する人がいますが、未承認薬は日本で安全性が認められていない薬になります。

そのため、副作用が起こるかわからない薬であり、健康被害を受ける可能性もあり輸入したのは自分自身ですから自己責任になります。

また、すべての国の薬の製造技術や保管技術が日本と同様の水準というわけではありませんから、管理がわるくて薬の効果が減少する場合もあれば、含まれる成分が不均一で強い副作用がでたり、効果があまりなかったりすることもあります。

海外の薬が日本と同じような薬ではないかもしれないことを頭にいれておくと良いでしょう。

○薬が偽物である可能性もあるかも?

私たちは、海外の言葉は読めませんし、正規の販売店からではなく輸入になりますので、本当にきちんとした物なのかわかりません。

ダイエット効果が期待できる粉末を購入したら、調べてみると小麦粉だったなんてこともあるようです。

また、薬が偽物だったとしても個人では、きちんと調べることも難しいですよね。

さらに、期待される成分が入っていても正規品ではなくコピー品であった場合は、危険な物質が入っていることもあります。

だから、薬の飲んで危険な状態になってから気づく可能性もありますよ。

個人輸入はメリットが多く、健康ために良いことかもしれませんが、場合よっては健康被害が出るかもしれません。

個人輸入はきちんと考えて行うようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク