早歩きで生活習慣病が予防できる?!健康になるためにはどんどん早歩きで歩きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早歩き
健康的な体を維持するためには、毎日、少しでも運動することが大切だといわれており歩くことが重要だとされています。

歩くことで生活習慣の有病率が減少するといわれており、毎日歩くと健康に良いのです。

さらにウォーキングに早歩きを取り入れることで、より有病率を減少させ健康になれることがわかってきました。

健康的な生活を続けるために、早歩きウォーキングをおこなってみてはどうでしょうか?

○早歩きのほうが体に刺激が伝わる

ゆっくり歩くと腰や足にかかる負担が少なくて楽であり、息が上がることもありません。

歩くという運動はしているものの、体に与える刺激は少なく、体は少し休憩をしている状態なのです。

少し休憩しているので、臓器や脳、血流はある程度しか働かずに、しっかりと動いてはくれません。

対して、早歩きをすると酸素がより必要になるので、血流を増加させ内臓を動かし、脳も活性化するので体は休憩していない状態になります。

筋肉を見るとわかりますが、刺激を与えないほど衰えていきます。

これはどの器官にもいえることで、体は使用しないほど衰えて病気などを発症しやすくなります。

早歩きはある程度の運動なので、体の衰えを予防する効果があるのですね。

○どんなウォーキングをすれば効果があるの?

ウォーキング中に早歩きをした方がいいですが、常に早歩きをしないといけないというわけではなく、早歩きをして疲れたら普通に戻し、また早歩きをするなどの緩急をつけながら早歩きをすれば健康に良いのです。

常に早歩きをするには、ある程度の体力が必要になり高齢者になると難しいので、無理なく歩いて早歩きを少しでもいいのですね。

交互に繰り返しても十分な効果を得ることができます。

そして、生活習慣病の予防をするために8000歩以上歩くと効果が期待できるとされ、毎日8000歩を歩く目標を立てることをおすすめします。

また、日常で歩くときの3分の1程度は早歩きをするようにしましょう!

健康維持をするためには早歩きが非常に重要になります。

ウォーキングは非常に効果があり、多く歩くほど強い効果が期待できますが、多すぎると体に過剰な負担がかかることになるので、逆に寿命を縮めるといわれており、1日1万5千歩以内で歩くことをおすすめします。

歩きすぎて、体を壊さないように注意することも大切なのですね。

また、いきなり8000歩を目標に始めると辛いこともあるので、徐々に歩数を増やすことをおすすめします。

○歩くことによってどんな効果が得られるのか?

健康的に歩けるということは、生活を無理なく行うことができるということであり、杖をつかずに歩けるようにするだけで、介護や支援などを減らして人に迷惑をかけないようにする効果があります。

運動は脳トレーニングよりも認知症の予防になるとされ、認知症を予防するためには歩かせることが一番です。

また、運動することによって血液循環が良くなるため、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化を減少させ、がんも予防する効果があります。

さらに、骨を刺激して骨粗鬆症を予防し骨折を防ぐ効果もあるため歩くことによっていろいろな疾患を防ぐことができることがわかってきました。

歩くことは運動になりますので、筋肉の減少を抑えてメタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病、脂質異常症などを防ぐ効果や改善が期待でき、医者から太り過ぎなどと注意された人はウォーキングを開始すると良いでしょう。

生活習慣病の多くはウォーキングである程度の予防できるとされています。

○私たちはいつもどのぐらい歩いているのか?

サラリーマンが1日に歩くのは5000歩程度といわれており、ある程度はウォーキングができています。

しかし、多くの場合は自分の好きなペースで歩行するため、早歩きはできておらず、歩行にから得られる刺激は足りていません。

また、職業によって大幅に歩数が変動してくるため、5000歩を下回る人も多くおり、歩数が全然足りていない人もいます。

健康的な体を維持するためには、日常の歩く動作を早くすることが大切で、少し早いと感じられる速度で歩くことをおすすめします。

さらに、営業などの歩きまわる仕事以外の人は、歩数が足りていないので仕事終わりに歩いてみたり、一駅早く降りて歩いてみたりするなどして、できるだけ歩数を増やすようにしましょう。

高齢者は若い人よりも、歩数が減少しがちなので日々に散歩をするようにしましょう。

その時に、スピードに緩急をつけて体に刺激を与えることで生活習慣病を予防してくれる効果が強く期待できます。

健康になるためには早歩きをするようにしましょう。

自分がいつも何歩歩いているかわからに人は歩数計を購入すると良いでしょう。

健康的に歩数計を購入し、1日8000歩を目指して歩きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク