鹿肉のカロリーは牛肉の3分の1程度!?お肉は鹿を選ぶと健康になれるかもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿肉
現在では、お肉といえば牛、豚、鶏などのことを指すことが多いですが、日本では牛よりも猪や馬、鹿などの方が食べられていた時期もありました。

昔から食べられて来た、これらのお肉には植物の別名がつけられており、猪はボタン、馬はサクラ、鹿はモミジなどといわれます。

特に鹿肉は、健康に良いお肉といわれており、健康的にお肉を食べたい人は鹿肉を食べてみてはどうでしょうか?

スーパーでは出回っていることは珍しいと思いますが、通販などで鹿肉を購入できるので、興味が出たら買ってみてください。

スポンサーリンク

○鹿肉はカロリーが低く、高たんぱく質

鹿肉には脂肪と炭水化物があまり含まれていません。

そのため、カロリーが非常に低く100g食べて100kcalを少し超える程度といわれており、牛肉の3分の1のカロリーしかないといわれます。

そのカロリーの高さから、お肉を敬遠している人も多くいると思いますが、他のお肉とは違い鹿肉はカロリーが少ないので、問題なく食べることができます。

また、鹿肉は脂肪と炭水化物が少ない分タンパク質を豊富に含んでおり、タンパク質の補給には最適です。

タンパク質は、美肌の元となるコラーゲンや筋肉、髪の毛などを作るために使われる物質なので、美容効果も期待できます。

健康的でキレイになりたいと思っている人は鹿肉を選ぶとよいでしょう。

○鹿肉は鉄分が豊富に含まれます。

女性は元から貧血になりやすいですが、ダイエットなどの食事制限をすると栄養バランスが崩れてより鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

鉄欠乏性貧血を治すために必要なのは鉄分で、特に動物性の鉄分をとると良いとされ、お肉を食べることを進められます。

→ 鉄によって吸収率が違う?健康の為に鉄分は大切ですが、鉄分の摂り過ぎには要注意?!

しかし、わざわざダイエットをしたのに、貧血だからという理由でカロリーの高いお肉を食べたくないと人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが鹿肉になります。

鹿肉は通常の部位でも他のお肉のレバーに近い鉄分の保有量を持っています。

そのため、鹿の肉の色は少し赤身が強いお肉となっています。

少し匂いがきつそうな気もするかもしれませんが、きちんと血抜きをしてあれば匂いはそこまでなく、やわらくおいしいといわれています。

鹿肉は、いろいろな料理に合うといわれているので、少し購入して確かめてみてはどうでしょうか?

ちなみに、ヨーロッパなどでは鹿肉を高級レストランで食べることもあり、高級なお肉とされることもあり、まずくて食べられない肉では全くありません。

その他に、リン、カリウム、マグネシウム、亜鉛などミネラル分が豊富で鹿肉を食べるとミネラル補給になります。

○鹿肉はビタミンも豊富に含まれています。

鹿肉に多く含まれているビタミンはビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸などが豊富に含まれています。

ビタミン自体は体の元になったり、エネルギーとして使われたりすることはありませんが、ビタミンは人間が生きていくために必要な成分であり、不足すると健康被害で出てきます。

代表的なところでは、ビタミンB1が不足すると脚気になるといわれており、偏食をするとビタミン不足になって死ぬこともあります。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれている鹿肉を食べて健康的な体を目指してみてはどうでしょうか?

○鹿肉は、きちんと加熱しないと危険?!

鹿肉は高たんぱく低カロリーでビタミンやミネラルが豊富な健康食材の一つになりますが、生で食べてはいけない食材になります。

鹿肉を生で食べると稀にE型肝炎ウイルスに感染するとことがあるといわれており、猪もそうですが、野生の動物のお肉はしっかりと加熱調理することが大切です。

また、加熱不足によって食中毒を起こすこともありますので、鹿肉をレアで食べてはいけません。

お肉は中が赤いぐらいが好きだという人も多くいると思いますが、鹿肉はきちんと中まで火が通るように加熱しましょう。

十分に加熱することによって、E型肝炎にも食中毒にもかかることはないとされています。

健康のために鹿肉を食べて、病気になっては意味がないので調理方法には気を付けましょう。

体に良い、鹿肉を食べて健康になって見てはどうでしょうか?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク