ホワイトニングをすれば歯が白くキレイになる!歯が黄色くなるのは仕方のないこと?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトニング
人間が生きていく上で、とても重要な歯は、成人では約28本あるといわれています。

親知らずを含めると32本生えることもありますが、4人に1人ほど全く親知らずが生えない人もおり、歯の本数には個人差があります。

そんな歯ですが、食事をするためにも大切ですが、相手に与える印象にも大切なのです。

歯の見た目が悪いと不潔だと思われるかもしれませんし、歯がキレイだと好印象ですよね。

では、歯で好印象を得るためにも学んじゃいましょう。

○歯が変色するのは仕方のないこと?

歯黄色いのは汚れているからではなく食品などの影響によって歯に色素が沈着してしまったためかもしれませんよ。

色素沈着してしまった歯は、表面が汚れているわけではありませんから、どんなに磨いても歯の色が白くなることはありません。

また、食事をしているので、食品の色がつくことは仕方のないことであり年齢とともに歯の色が黄色くなることはあたり前なのです。

そして、若いころから人よりも歯が黄色い人もおり、歯は黄色の象牙質を半透明で白色のエナメル質が覆っているため、象牙質の色が強く見えるほど黄色になります。

さらに、加齢ともに象牙質の色が黄色くなるので、歯の表面がキレイであっても歯が黄色く見えるようになってきます。

そう考えると歯が黄色いのは仕方のないことで、あまり気にする必要性はないかもしれませんが、やはり歯は白い方がいいのではないでしょうか。

○歯がより黄色くなる原因となるのは?

歯が黄色になる原因となる食品は、カレーやチョコレート、ワイン、コーヒー、紅茶などの茶色や黒色などの色の濃い食品を食べ続けると歯の色が濃くなります。

そのため、3食カレーの人は、歯が黄色くなりやすいので、カレー好きの歯が黄色いのは仕方のないことです。

歯の色が気になる人は、できるだけこれらの食品を避けて、食後に歯磨きをおこなって沈着させないことが大切です。

また、タバコも歯の色を変色させてしまう物の一つになりますので、タバコも控えるようにしましょう。

さらに、歯を磨くと黄ばみが抑えられるような気がしますが、黄ばみを気にして歯を強く磨きすぎるとエナメル質を傷つけて、象牙質の色が強く出てくるようになるので、逆に黄色くなることがあります。

歯磨きは、歯ブラシを歯の上に軽くのせるような感じで磨いて歯の汚れが落ちればそれ以上強く歯磨きをする必要性はありません。

歯をキレイに使用としすぎて黄ばんでいるかもしれないので気を付けるようにしましょう。

○一度黄色くなった歯は自力では戻らない?

歯の色がすでに黄色くなってしまった場合は、自力で歯が白くなることはありませんので歯磨き粉を変えるか、歯科に行ってホワイトニングしてもらうしかありません。

歯磨き粉で黄ばみを改善させるには、少し時間がかかりますので、すぐにでも黄ばみを取り除きたい人は歯科に行くしかありません。

歯磨き粉の場合は、ゆっくりと歯の色を変化させるので、急激に歯の色が変わりたくない人におすすめで、歯科にいったあと黄色の歯に戻りたくない人が使っても良いでしょう。

歯磨き粉は、ホワイトニング効果や再石灰化などの効果をうたってあるものを選ぶと歯が白くなります。

再石灰化は、歯のエナメル質を修復してより強いエナメル質にするものなので、エナメル質の状態が悪く黄色い歯の人が使うと効果的ですが、色素が沈着してしまった人にとってはホワイトニングの方が効果的です。

どちらがいいか、わからない時はホワイトニング効果がある物を使用することをおすすめします。

○ホワイトニングとな何なの?

歯科などでいわれるホワイトニングは、歯を漂白することをいいます。

ホワイトニングは、歯に薬剤をつけて歯の中にある色素を落として歯を白くするもので、歯を削ったり、被せたりする必要性がありませんので、歯が傷つく心配はありません。

そのため、非常に簡単に行うことができて、とてもキレイになります。

ただし、色素沈着を予防するわけではありませんので、時間がたてば元の歯の色に戻ってしまうことになります。

元の歯の色に戻らないようにするためには、定期的に歯科に通う必要性があります。

または、自宅でホワイトニングすることも可能なので、自宅で定期的にホワイトニングしても良いでしょう。

歯の手入れをしっかりして歯の健康を保ちキレイな歯を目指してみてはいかがですか?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク