肝臓に良い食品としても知られるシジミが肝臓に悪い場合もある?!肝臓に良い理由と悪い理由?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シジミ
日本で一般的に食されるシジミは、ヤマトシジミと呼ばれる種類で、アサリに似ていますが、アサリよりも一回り小さな二枚貝になります。

また、アサリが海水に住むのに対して、シジミは淡水または汽水域(海水と淡水が混じる場所)に生息しており栄養素にも違いがあります。

そんな、シジミは栄養素の高さから、肝臓に良いといわれることが多く肝臓の状態が気になる人が食べることがあります。

しかし、肝臓に疾患がある場合は健康に悪いともいわれているのです。

自分の肝臓の状態を知ってシジミを食べるようにすると良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

○シジミのどこが肝臓に良いの?

シジミが健康に良いといわれているのは、シジミに含まれるオルニチンが肝臓で使用されるアミノ酸であるためです。

このオルニチンを摂取することによって肝臓の働きを助け、肝臓の活動を活発にする効果が期待できます。

だから、シジミを食べると肝臓に良く健康に良いといわれているのです。

オルニチンを多く含むシジミを食べることによって、肝臓の代謝を助けてアルコール分解速度も向上させて、二日酔いの予防にもなるといわれており、お酒を飲んだ後にシジミ汁を飲む人も多くいます。

また、疲労回復効果も期待できるので、疲れた日にシジミを食べると良いともいわれます。

さらにオルニチンは、成長ホルモンを増やす成分として知られており、美肌効果や脂肪の減少、筋肉量の増加、骨密度回復などの効果もあるとされています。

オルニチンは肝臓だけでなく、若々しい体作りにも効果があるとされているので衰えを感じてきた人は摂るといいかもしれませんね。

○シジミは肝臓以外にも健康に良い!?

シジミは、肝臓に良いだけでなく、ビタミンやミネラルを豊富に含み健康に良いと食材といわれています。

ビタミンでは、ビタミンB12が多く、ミネラルでは鉄分を非常に多く含んでいます。

ビタミンB12は、赤血球を作るのに非常に大切な成分で、ビタミンB12が不足すると悪性貧血を起こすことがあります。

ビタミンB12は、基本的に不足することが無い成分ですが、偏食などによって不足することがありますので、偏食だと思う方はシジミですね。

また、鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血になります。

女性では鉄欠乏性貧血になりやすいので、立ちくらみなどが多い人は、シジミは積極的に摂りたい食品になります。

そのほかにも、カルシウム、亜鉛、マンガン、ビタミンB2、ビタミンEなどの成分を豊富に含んでおり、非常に健康に良いです。

ただ、シジミは殻の部分が多く、1回で取れるとシジミの量が少ないので、シジミだけで、大量の栄養素を補うことは難しいでしょう。

そのため、健康を志すためにはバランスの良い食事を心がけることが大切になります。

○シジミは肝臓が悪い人は控えるべき食材?!

シジミは、肝臓に良い食材の一つと知られていますが、肝臓に良いのは肝臓の健康状態が良い人で、肝臓に何らかの疾患がある人はシジミの食べすぎは良くありません。

脂肪肝や肝硬変、慢性肝炎などを患っている人の肝臓は、感情に鉄分が蓄積されると肝臓の状態が悪くなるといわれています。

シジミは、鉄分が非常に多い食材であるため、肝臓の疾患がある人が食べると肝臓の状態が悪化する可能性があります。

肝臓が悪い場合であっても、鉄分が不足している場合は、食べる必要性もありますが、鉄分を過剰に摂り過ぎるのは良くありません。

肝臓が悪いからといって、シジミを摂り過ぎると、より肝臓が悪くなるかもしれないので気を付けましょう。

ただ、全く食べてはいけないというわけではなく、シジミを毎日食べたり、シジミの栄養素を濃縮したサプリメント飲んだりするのが良くないだけです。

肝臓が悪くても、時々シジミを食べるぐらいで急激に肝臓が悪くなることはありません。

また、レバーも肝臓に良いといわれていますが、レバーも鉄分が多いので、注意が必要な食材の一つになります。

→ レバーは栄養たっぷりの健康食材?!特に鉄分不足の貧血の人はレバーが最適!しかし、レバーには問題点も。

シジミは健康に良い食材ではありますが、自分の健康状態を見て食べないといけないのですね。

健康診断で肝臓の状態が悪いといわれた人は、シジミをあまり食べ過ぎにないように注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク