バナナに含まれるトリプトファンにはうつを予防する効果があった!?バナナを食べて健康だ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0960_003403日本ではデザートして食べられることがあるバナナですが、バナナは料理に使用されることもあります。また、草木と呼ばれる葉っぱが何重にも重なってできる木のような物にバナナはできるため、定義上は野菜といえます。

バナナは幅広い世代に愛させる果物ですが、特に60代以上の高齢者に人気で若い人はいろいろなフルーツを食べたことがあるようで、好きな果物も分散しているような印象受けます。

そんな、広い年代に愛させるバナナを食べると健康になれるらしいですよ。バナナを食べて得られる効果とはどういったものなのだろうか?バナナに期待できる4つの効果とは?

1.バナナは人間が活動する上で重要な栄養成分が豊富。

運動する前には、栄養を補給しておくことが大切で、バナナを一本 食べてはいかがだろうか?

バナナにはブドウ糖、ショ糖、果糖、でんぷんなどの多くの糖質が含まれています。

ブドウ糖や果糖は単糖類、ショ糖は二糖類、でんぷんは二糖類や単糖類などの塊で消化する工程に違いがあるため、体内に吸収して燃焼する時間差があります。このため、バナナの栄養は長期間持続するといわれています。

バナナは持続的に糖分が供給されるため、お腹が鳴りにくいとおもいますよ。またビタミンA,B,Cなどのビタミン類も豊富に含まれています。このため、体の抵抗力をつけてくれるとともに体の健康に保ってくれます。

ビタミンA,B、Cは必須ミネラルであり無くなると病気になり、豊富にあると体の健康が保たれる栄養素になります。

バナナは脂肪やコレステロールも少なく、カロリーもそれほど高くないため、健康や体重などを気にしている女性の方も気軽に食べることができますね。

バナナは腹持ちが良いだけではありません。

2.バナナに含まれるカリウムは筋肉や神経の動きを正常に保つ。

カリウムは必須ミネラルの一つであり、カリウムが不足すると神経の働きが鈍くなり筋肉の機能が低下してしまいます。

また、カリウムは体内のナトリウムの量を調整してナトリウムを体外に出す役割があります。現在日本人はナトリウムを取りすぎているといわれており、ナトリウムを排出してくれるカリウムの重要性が叫ばれています。

ナトリウムは高血圧や頻尿の原因になっているといわれており、ナトリウムの摂りすぎには注意が必要です。

私も塩分を摂りすぎている節がありますので朝食にバナナを食べなければいけませんね。

3.バナナは食物繊維も豊富。

バナナは食物繊維が豊富な果物であり、便通を良くする働きがあります。バナナは食物繊維の補充になる食品で、人間は1日に20gの食物繊維を取った方が良いといわれており、バナナの食物繊維亜は1本で大体1gになります。

バナナの食物繊維は少ないようされるかもしれませんが、日本人は日に15g程度しか食物繊維が取れていないので、1本取るだけでも16gになりますし、毎日食べると1年間に365gも食物繊維を摂ることができます。

バナナを食べると便秘にも効くわけです。便秘がちの女性にもおすすめです。便秘は体に毒素をため込んでしまうため、女性の天敵ニキビやふきでもの原因にもなってしまいます。

4.バナナはうつにも効きます。

うつは、セロトニンやノルアドレナリンの不足が原因といわれています。

セロトニンは脳内で神経細胞に命令を出してくれる物質で精神を安定させたり、リラックスさせたりする効果があります。

このため、セロトニンが減少すると感情のコントロールがうまくいかなくなったり、イライラしたりしてしまいうつ病の原因になります。

セロトニンの量が少なくなる原因はストレスもありますが、偏食や小食などにより栄養がなくなることもあげられます。

バナナにはセロトニンの原料となるトリプトファンが多く含まれています。このため、セロトニンが体内で作られやすくなり、精神を安定させてうつにも効くといわれています。

気分がのらないときや、憂鬱なときはバナナを摂取するとどうにかなるかもしれませんね。

バナナにはこのように私たちの体にうれしい4つの効果があります。

明日の朝食にバナナを食べてみるのはいかかでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク