ハンドグリッパーで握力を上げて健康になりましょう!握力が高いと健康になれる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

握力
皆さんの握力はどのぐらいのものでしょうか?

握力の強さは個人差がありますが、握力が強い人ほど健康であるといわれているのを知っていますか?

自分は握力が低いと感じる人は、ハンドグリッパーで握力を鍛えてみてはどうでしょうか?

握力を鍛えることによって、健康的な毎日に送れるようになるかもしれません。

○ハンドグリッパーとは何なのか?

ハンドクリッパー

ハンドグリッパー(ハンドグリップ)は、握力を鍛えるための器具で、握って握力を鍛える道具になります。

種類によって強さが決まっており、持久力目的と瞬発力目的のものがあります。

どのような筋肉を鍛えるかによって使いわけることになります。

握る強さを鍛えるためには瞬発力用の物を選ぶ必要性があり、自分と同じ握力の物を選ぶのが有効とされています。

持久力用のものになると握力をあまり鍛えることができなので気を付けましょう。

平均は男性で45kg前後、女性では30kg届かないぐらいの握力になります、握力を鍛えるためには平均ぐらいのハンドグリッパーから購入することをおすすめします。

また、ハンドグリッパーではなく硬式テニスボールを握っても同じような効果が得られます。

テニスボールは、どんな握力の人でも対応できるので、自分の握力がわからない人はテニスボールで握力を鍛えても良いでしょう。

ちなみに硬式テニスボールは300kgの握力でもつぶれないとされており、人間の握力ではつぶせないとされています。

スポンサーリンク

☆握力を鍛えるとどんな効果があるのか?

○握力を鍛えることは冷え性の予防になります

体を温めてくれている器官は筋肉であり、筋肉が動いて発熱することによって体を温めてくれています。

しかし、握力が無い人は体の全体的な筋肉力が少ないので、熱が少なく冷え性になりやすいと言われています。

また、温かい血液を送っているのは心臓ですが、筋肉が動くことによっても血液が動いています。

そのため、腕の筋肉を鍛えることによって血液の循環が良くなると同時に体温が高くなり、冷え性を予防してくれる効果があります。

指先が冷えやすいと感じている人は握力が低下しているのかもしれません。

○握力を鍛えることから運動を始めよう!

仕事や学校が忙しくて運動に出かける時間もないという人は非常に多いのではないでしょうか。

握力を鍛えることは、室内でも簡単にできる運動になります。

自分に合ったハンドグリッパーを握ると筋肉痛になることもあり、結構運動になっています。

痩せたいし、運動もしたいというという人は、空いた時間にハンドグリッパーで筋トレをしてみてはいかがでしょうか?大きな効果がでてくるかもしれません。

また、握力を鍛えることはスポーツを始めるのに役立つので、握力を鍛えてスポーツを始めてみましょう。

○握力はすべてのスポーツに必要である?

握力は、多くスポーツにおいて必要な部分になります。握力が強いことはスポーツをする時にとても有利になります。

全く手を使用しないスポーツもありますが、多くのスポーツは手を使います。

握力の強さは握るのが強くなるだけではなく、手の動きを良くする効果がありますので、投げる、打つ、掴む、受け取るなどの手を使うすべてのスポーツに関係があります。

スポーツがうまくなりたいなら、まず腕を鍛えてみると良いかもしれませんね。

握力を鍛えることでスポーツが楽しくなるかもしれません。

○握力を鍛えることは脳を刺激して認知症を予防しますよ!

人間の触覚においても最も神経が密集している場所が手だといわれています。

そのため、脳に最も刺激を与えやすい手だといわれており、手に刺激を与えると脳が活性かされて認知症を予防できると考えられます。

ハンドグリッパーは手を鍛えるものになりますので、とても良い刺激が脳に伝わって脳の働きを良くする効果があります。

認知症は、運動すると予防効果が期待できますが。1週間に1回1時間行うよりも1日1回数分間行った方が効果的です。

ハンドグリッパーは、空いた時間に簡単にできる運動なので、毎日行うことができ認知症を予防する効果が非常に高くなります。

認知症にならないために今からハンドグリッパーを握ってみてはどうでしょうか?

○もっと健康になるためには?

ハンドグリッパーでもある程度、健康になれると考えられますが、ハンドグリッパーだけでは足腰の衰えを予防することができません。

そのため、健康的な生活をするためには握力だけではなくてウォーキングなども一緒にやることを推奨します。

→ 歩くことは健康に良いことです。健康効果抜群のウォーキングをしましょう。

体を全体的に鍛えて健康になりましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク