世界初の抗生物質はペニシリン!抗生物質はどんな時に処方されるか知っていますか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

抗生物質
病院に行くとたまに抗生物質が処方されることがあり、医者にいわれるがまま効果もわからずに抗生物質を飲んでいる人もいるのではないでしょうか?

抗生物質は、細菌の繁殖を抑える効果がある薬であり、世界でも非常に多く薬が処方されています。

しかし、抗生物質の処方のし過ぎが問題だともいわれており、抗生物質に対抗してしまう菌も多く存在しています。

抗生物質はどのような物質なのかを知りましょう。

○抗生物質は菌を繁殖させないための物質!

世界で初めての抗生物質は、1928年にアオカビから発見されたペニシリンになります。

アオカビとブドウ球菌を一緒に培養して、アオカビの周りに円を描くようにブドウ球菌がいない場所が存在しているところからペニシリンは発見されました。

他の菌が周りにいると自分の増殖する場所が無くなってしまいます。

そのため、アオカビが増殖しやすいようにペニシリンを分泌してアオカビ以外に増殖できない領域を作っているのです。

そんな、細菌の繁殖を阻止する成分を飲むことによって、細菌の繁殖を抑えて病気を治すことができるのですね。

他の抗生物質も強さなどに違いはありますが、細菌の繁殖を抑えるために菌類から作られた物質であり、ペニシリンと同じような効果をもちます。

○ウイルスを繁殖させないわけじゃない?!

抗生物質が繁殖を阻止するのは、細菌類でありウイルスではありません。

ウイルスや細菌は、病気の原因となることがありますが、全くの別物であり性質も異なります。

ウイルスは、動物に取りつかないと増殖できませんが、細菌は栄養があれば増殖することができ、パンにウイルスが付着しても腐りませんが、パンに細菌が付着すれば腐ります。

抗生物質は細菌しか効かないと思ってもらえばそれで良いでしょう。

そのため、ウイルス感染症になった場合に抗生物質を処方しても全く意味がなく、細菌感染症にしか効果がありません。

ちなみに、風邪の大半、はウイルス性なので抗生物質はいらない場合が多いです。

○抗生物質を飲む時はいつなの?

抗生物質を飲むのは、病気の原因が細菌である場合や細菌性の合併症の危険がある場合になります。

風邪をひいている時に抗生物質を出してくるのは、細菌性の風邪、細菌性肺炎の警戒、念のために出していると考えられそこまで重要ではありません。

また、どんな軽い風邪の症状であっても抗生物質を処方してくる医者は、診察が適当だと考えられるので、私はお勧めしません。

実際、風邪なら安静にして休んでおくだけで治りますから、病院に行かなくても良いぐらいです。

風邪に似た症状がでても、他の病気であることもあり、辛い時や1週間以上症状が改善しない時は必ず病院に行きましょう。

細菌性の病気であれば、服用することになりますので、抗生物質を処方する人はすべて信じられないわけではありません。

抗生物質を処方された場合は最後まできちんと飲みきるようにしましょう。

○抗生物質の飲み過ぎは病気を治りにくくする?!

抗生物質は、細菌に効果がある薬ですが、薬が世界に出回るほど薬害耐性菌と呼ばれる抗生物質の効かない菌が増えてきています。

薬害耐性菌が増える原因としては、薬を途中でやめてしまう人がいることや医者が薬を処方しすぎていることが考えられます。

薬害耐性菌が多くなると薬の効果が効かず症状が悪化しやすくなりますので、薬害耐性菌を作られないようしないといけません。

医者に抗生物質を処方された時は、最後まで飲みきることを忘れないようにしましょう。

また、いつでも抗生物質を処方する病院をかかりつけ医にしないことも大切になります。

○抗生物質は細菌なら有益なものも倒します!

私たちの体には常在菌と呼ばれる体を守ってくれている細菌も存在しています。

この常在菌も細菌であるため、抗生物質を服用すると死滅してしまうといわれています。

ただ、すべて死滅するわけでないので、服用をやめれば元に戻ります。

また、腸内細菌も細菌なので、抗生物質を飲むと腸内環境が悪くなることもあるので、飲みすぎには注意が必要なのです。

抗生物質は細菌を殺す薬だと覚えておきましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク