寒い冬にランニングをすると健康に良い効果があるかも?!しかし冬のランニングには注意も必要。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬のランニング
冬といえば寒くて外に出たくない季節になりますが、そんな冬にこそ外にでて運動してはどうでしょうか?

正月太りと呼ばれる言葉ありますが、これは運動せずに食べることが原因によって起きることなので、冬でも運動すれば正月太りどころか正月痩せをおこすことも可能なのです。

冬にランニングを初めて、スッキリ痩せて健康的になってみてはいかがですか。

○運動は寒いぐらいが丁度いい?!

日本の季節の中で最も寒い季節といえば冬になります。

私たちは、運動すると筋肉が活発に動き、心拍数も上昇することになるので、体温が上昇します。

冬は外の気温が元々寒いので、運動をすることによってちょうど良い感じになります。

また、寒さから外に出る機会が減ってしまい冬は運動不足になりやすい季節になります。

運動不足は、冷え性、生活習慣病、肥満の原因になってしまいますので、寒い冬こそランニングなどの運動をしたほうがいいのかもしれませんね。

○寒さは冷え性の対策になる?

冬の寒い季節は、冷え性の人にとってとても辛い季節ですよね。

冷え性の人の足や手が冷たい状態ですので、外に出るのは嫌だと思うかもしれませんが、寒い時こそ外に出るべきかもしれませんよ。

足先や手先が冷たくなるというのは、体を温める機能が十分に働いていないということが原因だと考えられます。

これは温める機能が弱い可能性と温める必要性が無いと体が判断している可能性が考えられます。

温める機能が弱いのは、運動不足や貧血、自律神経の不調などが考えられます。

そして、体が温める必要性が無いと判断するのは、快適な室内生活によって外側から常に手先や足先が温められるためと考えられます。

靴下の重ね履きや室温を一定に保つことによって、体は自分がわざわざ血液を運んで温めなくても外から温めると判断してしまう結果になります。

どちらも、冬にランニングをすることによって解消できる可能性があるのです。

まず、運動をすることによって自律神経を整えて血流を良くして足先や手先を温める機能を高めてくれることでしょう。

そして、寒い外に出ると足や指先を温めてくれるものが存在していないので、自ら発熱して体を温めようとしてくれます。

最初は、すごく寒いかもしれませんが、次第に体を温める能力が上昇して行き、冬にランニングをすると冷え性が解消することでしょう。

冷え性は、寒い中で運動することによって改善する可能性が大なのですよ。

○冬のランニングはダイエットにも最適!

冬の外は非常に寒いので、体を温めようと必死になります。

体を温めるためには、いつも以上にエネルギーを消費しないといけません。

そのエネルギーは、お腹周りについている脂肪から供給されることになるので、冬の寒さは脂肪を燃焼してくれる効果があります。

また、体を温めるために消費されるエネルギーだけでなく、ランニングは筋肉を動かす必要性がありますので、筋肉の周りの脂肪もエネルギーとして消費されることになります。

冬はあまり汗をかきませんが、他の季節よりも脂肪の燃焼効率は良い季節になり痩せたいと思っている人にとっては良い季節になります。

冬にはランニングをして過ごしてみましょう。

○冬の運動の注意点

冬に運動をすると健康に良いのですが、急に運動を始めると寒さによってショック症状をおこすこともありますので、ランニングの前に準備運動を忘れてはいけません。

そして、血圧に問題がある人や調子が悪いときには、冬の運動はやめておきましょう。

寒すぎる場合は、ある程度の防寒具は必要になりますが、ある程度は寒いくらいの方が体にとってはいいでしょう。

また、冬は汗をかかないように見えて、少しは汗をかいているので脱水症状になることがあります。

冬でも水分補給は必要になることを忘れないようしておきましょう。

さらに空気が乾燥しているため、喉を傷めないようにマスクをして、もし体調不良になった場合はすぐに運動を止めるようにしましょう。

冬は寒いですが、そんな寒い時こそ運動して健康になるべきです。冬に寒さに打ち勝つ体を作りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク