鼻毛は何のためにあるの?鼻毛は意外にも体の健康を守る重要な機能があるのです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻毛
鼻の中に生えている鼻毛が、鼻の穴から覗いていると相手に不潔だと思われるので、鼻毛は邪魔だと思うかもしれませんが、鼻毛には重要な役割があります。

鼻毛が鼻の穴から覗いているのはあまり良くありませんが、鼻毛の重要性について理解して、鼻毛に感謝ですよ。(*^―゜)

鼻毛が生えていることによって私たちは新鮮な空気を吸えているのです。

スポンサーリンク

☆なぜ鼻から毛が生えているのか?

○鼻毛には空気をキレイするフィルターの役割がある!

人間には、基本、口呼吸と鼻呼吸の二つの呼吸方法がありますが、一般的には鼻で呼吸をする方が多いです。

呼吸は酸素を体に取り入れる役割がありますが、その反面、ウイルスやホコリなどを体に入れてしまうリスクもあるのです。

鼻毛は、呼吸によって侵入して来ようとするホコリやウイルスを防ぐ役割があります。

鼻毛に付着したウイルスやほこりを鼻から分泌される粘液と一緒に固めたものが鼻糞になり、鼻糞があるのは鼻毛があるからになります。

鼻毛があまりない人ほど病気になりやすいといわれ、鼻を通さずに口呼吸をすると喉の痛みを発症しやすくなるといわれています。

鼻毛はいらないと思う人もいるかもしれませんが、鼻毛は私たちの健康を守ってくれている存在になるのです。

○鼻毛は空気を加湿する役割もある!

乾燥した空気は、粘膜を傷つけて、ウイルスにとって住みやすい環境になります。

加湿器によって、空気の乾燥を防ぐことがありますよね。

その役割を持っているのが鼻毛になります。

鼻から出た粘液は、鼻毛に付着して吸い込んだ空気と接触し、空気に水分を与えることになります。

粘液自体は、鼻毛が無くても出ているのですが、鼻毛が存在することによって、粘液と空気の当たる面積が大きくなり、加湿の効率が良くなるのです。

鼻毛は、空気を加湿することによって、粘膜を保護し風邪などにならないようにする役割があるのです。

意外にも私たちの健康と鼻毛には深い関係があるのですね。

だから・・・。

☆鼻毛は抜くな!鼻毛は切るべし!

○抜くと鼻毛の役割がはたせない?!

鼻毛を抜くと鼻毛はなくなってしまい、空気をキレイして加湿する役割がなくなってしまいます。

鼻毛を一本抜く程度なら問題ありませんが、ごっそり抜いてしまうと体を守る役割が減少しすぎてしまうので、風邪を引きやすくなってしまいます。

鼻毛は完全に抜いてしまうのではなく、切って鼻毛を残しておいた方が健康に良いでしょう。

鼻毛を処理することはエチケットとして大切ですが、健康のことも考えてカットして処理することが大切になります。

○鼻毛を抜くと毛穴が炎症をおこすことも!

鼻毛を無理やり抜くと鼻の穴に傷が出きてしまうことがあります。

この傷に細菌が侵入して炎症をおこしてしまうことが稀にあり、鼻の腫れあがることがあります。

鼻が腫れあがると痛いですし、鼻の穴がふさがれるので呼吸がしにくい状態になります。

また、鼻毛を抜いて炎症をおこすことによって、嗅覚に異常がでることもあり、臭いを上手く感知できなくなることもあります。

鼻の健康を守りつつ、鼻毛を整えるためには鼻毛をカットするしかありません。

近年では電動の鼻毛カッターが出てきたので、そちらを利用して鼻毛を抜くことはできるだけ引けるようしましょう。

☆ハサミを使用する時は注意しよう

鼻毛を切る時にハサミを使用すると稀に鼻を切ってしまうことがあります。

出血した場所が化膿してしまうことがありますので、はさみで鼻毛を切る時は鼻を切らないように注意しましょう。

もし、鼻を切って出血がとまらない場合などは耳鼻咽喉科に受診するようにしましょう。

また、はさみよりも、電動の鼻毛カッターの方が安全なので鼻毛カッターを使用することをおすすめします。

エチケットも大切ですが、鼻毛には大切な役割がありますので、無闇に抜いてしまわないように注意しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク