機能性表示食品を知っていますか?健康になりたい人は機能性表示食品に注目!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機能性表示食品
健康に良いといわれている食品はいろいろとありますが、パッケージなどを見ても健康に良いと書かれていることは非常に少ないです。

これは、根拠がないものを健康があるといって販売しないようにするための決まりであり、

国民に誤解を与えないための制度となっています。

健康に効果があるとパッケージに記載できるのは、国に認められた特定保健用食品や栄養機能食品だけでしたが、2015年6月から機能性表示食品と消費者庁に届け出た食品も健康に効果があることをパッケージに記載することができるようになりました。

そのため、機能性表示食品にも注目して購入することをおすすめします。

○特定用保健用食品と機能性表示食品の何が違うのか?

特定保健用食品は、健康に効果があると実験により実証され国が認めた商品になり、国のお墨付きがついている食品になります。

対して、機能性表示食品は、健康に効果があるという論文を消費者庁に提出した場合に名乗ることができる商品になります。

健康表示は機能性表示食品の方が簡単に記載できるので、多くの食品会社が届け出をするといわれています。

認可されるのが難しい分、特定保健用食品の方が、信頼性が高いといわれています。

○機能性表示食品の申請が簡単な理由

「骨を強くする効果がある」と食品に記載したい場合は、機能性表示食品であれば論文に「カルシウムは骨を強くする効果があると」書かれていればこの論文を提出することによって、自分の商品に骨を強くする効果があると記載できるので、簡単に健康効果を表示できます。

対して、特定保健用食品は論文だけでは認められず、被験者を集めて認可してほしい食品を食べさせた後に骨密度の変化を調べる検査を行わないといけません。

そこで、骨密度が上昇し安全性が確認できた場合に申請して認定してもらうことができます。

特定保健用食品は、必ず実験の費用が必要なので、大企業でないと申請ができないといわれています。

また、特定保健用食品は、申請後2年程度たってから、表示して販売する許可がでうるので非常に時間がかかりますが、機能性表示食品は販売前60日に申請すればいいので、2か月で表示することできるようになります。

○論文があるので機能性表示食品も健康効果がある?!

機能性表示食品は、特定保健用食品とは違い、実験をしていないので特定保健用食品よりも信頼性は劣るかもしれませんが、きちんと論文により発表されている物になりますので、健康効果は期待できるとされています。

また、特定保健用食品よりも効果が無いというわけではなく、実験をあまり行っていないだけなので、場合によっては特定保健用食品よりも効果がある場合もあります。

中小企業などでは、費用的な問題により特定保健用食品に相当する効果はあっても申請できなかった食品もあるので、そのような食品を届け出ることを期待されています。

○消費者庁のお墨付きではありません。

機能性表示食品は、論文を提出して消費者庁から許可が下りた商品ではありますが、消費者庁がお墨付きを与えたわけではありません。

機能性表示食品は、許可がもらえただけで、あくまでも責任は販売元にあるというものであり消費者庁長官が個別に認可したものではないのです。

つまり、論文が提出はされたが、消費者庁が認めた商品ではありません。

少しばかり消費者に誤解を与えてしまう可能性があるので注意しておきましょう。

簡単に申請ができるために、審査が甘すぎるともいわれているのも確かです。

しかし、何も表示していない食品よりも効果が期待できますので、健康になりたい人は機能性表示食品を選ぶと良いでしょう。

機能性表示食品を食べて健康になってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク